FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

ニッニッニッ!


Edit Category あっちのパンク
お~~~~~~~!!これは観たい!観たいぞ!!


damned-509x720.jpg 

ダムドはパンクやねぇ。うん、どパンク!!


オレにとって、“パンクは汚くて下品であってちょ~だい♡”っていうのはもう揺るぎのないものなんで、このバンドなんてそりゃ~ね~♪


ロンドンパンク御三家?ロンドンパンク最速リリース?そんなコトはオレにはど~でもよろし。


ブライアン・ジェイムスは御三家どころかこの界隈で一番好きなギタリストなんですもん。

節操の無い(活動同様 笑)バンドファッションも実はアレこそパンクですやんか!


そして、これを張りたい衝動に駆られたからには♪


Neat Neat Neat / The Damned

それで、も~ご勘弁!


にしても、賞賛してるのか小馬鹿にしてるのかの、このキャッチはおもろい!!“最速解散!最速再結成!まだ現役!”て!三段オチに普通する?(笑)

でも、インパクトの与え方がこのバンドらしくて堪りませんよ♡


振り返れば、ジョニサンの映画もミチロウの映画もことごとく予定合わず、涙を呑んだので何とかコレは大画面で観たい!観たいのだ!!


でも、全国順次公開ってのは、つまり地方人は祈るしかないのよね。頼むぜキャプテン♡好きよキャプテン♡(by リリーズ)

でも有罪


Edit Category あっちのパンク

前々回の綴りで、脳も身体も心もココに向かうのが全然そんな気分じゃなかったはずが、向かったら向かったであ~でもないこ~でもないと楽しくなって来たりしたので、今年も半分が終わったし(全然関係ない)今や情報入手のツールのみと化したツイッター代わりの、綴りッターとして、ちょろちょろ綴りも全然アリアリ!っと、気楽に付き合っていくコトと相成りました。



その第一弾がコレです。


IMG_3113.jpg 


ジェロビーーーアフラ!ワズ!イーーーノセント!!

リ~ミ~アロ~ン♪


Edit Category あっちのパンク
キヨシちゃんの"FILM"に浸った後、以前よりロックオンしてたコレは絶対に観たい!!!




【Looking for Johnny  ジョニー・サンダースの軌跡】



ジョニサンはカッコよろし!!きったなくて♪

やっぱ、パンクはきったなくね~と!!

しょ~もない俺のパンク観でございます。


でも、ふと思うに、ジョニサンでもジョニーさんでもどっちゃでも名の通る彼はブラボーやね♪

うん、ブラボーブラボー♪


今日は只、酔っ払ってキーボード叩いてるだけ。

でも、実はこういう瞬間が素直になれる瞬間なのかもしれません♡

普段、素直になりきれない分(笑)


今度はジョニーさんにどっぷり浸りに行くよ!

でも、我が田舎での上映無理は千の承知も、東京、大阪と来て、名古屋・・・調整中って何やねん!!

そりゃないぜ!ジョニーさん!

やっすい耳へのお得情報♪


Edit Category あっちのパンク Tagged  インディーズ 
先日、某大型家電店に行ったらハイレゾ試聴コーナーがあって、噂は兼々聞いてたので、この機会にと一回聴いてみたのであ~る♪

サンプル曲どれも知らぬ中、イーグルスの『ホテル・カリフォルニア』があったので、よし!これならオッケー!うってつけ!ってそれを。

そしたら何と!!!全然違いわからへんかった・・・

え~音やなぁ♪とは思ったけどね。カセットテープからCDって当時度肝抜かされたけど(因みにオレの初CD体験は、先輩の部屋で聴いた中森明菜)ハイレゾ、やっぱ違うんかなぁ?まぁ違うんやろねぇ?

何てやっすい耳なんだ・・・


そんなやっすい耳にも、高校2年の終わり頃から暫くの間、どっぷりとハードコア(洋邦問わず)に依存した時期を経たコトによって得したコト思い出した。

それは何かと申しますれば。

いつやったかに、人間ドックでMRI検査受けた時、高音のハンマー音が大音量で検査機の中でず~~っと鳴り響く中(一応耳栓はするんやけど丸聞こえ)“気分悪くなったらボタン押して下さいね~”って言われたのにも関わらず、何とも心地よく恍惚の表情でMRI検査機の中で悦に入ってにんまり顔で横たわれたコト!!はい、快適でした♪





Discharge
ー State Violence State Control ー

ディスチャージは高校の頃、ミュージックライフ誌?だったかにアルバム紹介されてて(レビューがミッキー森脇やったと思う)衝動的にバイト代使った記憶がある。なので、同時に割り勘スタジオ代借金した記憶も蘇る(笑)

このバンドに限らず、何か当時は次世代パンク?的なモノがチラリとでも紹介されてたら、脇目も振らず、引っ切りなしに追い続けていた頃。今は無き貪欲さ満開で。

ディスチャージがその引き金になったコトは間違いないな。『WHY』は随分後聴きやったけど、ここからUKハードコアを手当たり次第。USの方はその後やったな。





G.I.S.M
ー Shoot To  Kill ー

日本で言えばこのギズムもそう。こっちは孫々ダビングのV.A『OUTSIDER』を違う高校のバンド絡みのツレに最初もらって。後にこの盤も勢い止まらず無事ゲット。この時にこの盤と一緒に

ちょっとついでに!ずっと前、こんなの発見してちょっと衝撃で保存してたヤツ


こんな映像実在するんやもんねぇ・・・

他の色んなレア映像ってのもどっかに埋もれてるんやろねぇ・・・


このVA収録の初期ガーゼやラフィン、カムス、マスベとか含め、それまで聴いてたあっちのパンクやにゃご~やパンクは勿論、RC、めんたい全般も聴いてたし、恐らくこの頃がオレの耳、生涯で一番忙しかった頃ちゃうやろか。で、ここで今日まで引き摺る核、ほぼ完成♡

上の曲はちょっと後のやけど、ギスムで指折りに好きな曲。最初、♪しゅ~きょ~♪って聞こえてしゃ~なかったけどね(笑)


ここらあたりの音群ならハイレゾわかったかもよ(笑)


アイワナビーマイハウスドッグ


Edit Category あっちのパンク Tagged  FAMILY 
もう、だいぶ前になるんやけど、大阪にいる娘がこんなの作って送ってくれた。


IMG_0711.jpg
晩年の写真が多いんで寝てる写真が多いんやけど、こうして、いつまでも我が家のみんなの心の中に居続けてくれてるのは嬉しい限り。生前の頃とカタチは変われど、今はこのフレームに向き合って、毎日のおはようとおやすみは欠かさんしね。

コレを毎日見てて、とんでもなく寂しく思う瞬間はあるけど、もうツラくはない。安らかに・・・の気持ちにもう切り替えれてるんでね。

来月、墓が出来上がるんで、年内に納骨してしっかり供養してあげる予定。


しかし、亡き後も何とも幸せな犬だコト。俺死んだらこんなん作ってもらえるんやろか(笑)?

いや、俺の顔がこんな小分けでいっぱいやったら、流石に気色悪いか(笑)


本日のタイトル絡みやけど、こないだイギー綴りをしたんで、今回はこっちを聴きながら。
 
51ubyBJpp2L__SL500_AA300_.jpg


シド・シングスと迷ったんやけど、気分的にこっちにした。


カッコよろしな~・・・

シドがパンクか?パンクがシドか?なんてコトは俺にはさておき、この人はパンクロッカーっとは思う。

シドの声聴くと、高校の頃やバンドやってた時代の色んなコト思い出したりするんやけど、何故か真っ先に思い浮かぶのが、昔、娘が2歳半ぐらいの激カワイイ頃に、ベランダで昼間からビール飲みながら、シド・シングス爆音で掛けて、二人仲良くビニールプールに浸かってたコトなんよね。昔のビデオを編集したDVD観ると確かにそうなのだ。 
 





この手の音楽好きな人同様、俺もこれに、若さお盛んな頃に熱狂した。孫々ダビング過ぎるビデオで。

俺、ピストルズはリアルタイムから2年遅れ。すなわち、シドが逝った年やったんよね。

にしても、これも又かっこよろしな~・・・

しかし、これ観る度いつも思うんやけど、このシドはまるで蝋人形みたいやな(笑)

それと、最後ハケてく時のポーズ。今のご時世には何てコトないポーズなんやけど、高校の頃、ツレのバンドのベースが同じくハケてく時にこればっかやってた(笑)又やっとるわ!て(笑)

あと、シド絡みでは高校の頃、ELLで観たスタークラブの狂児(ベースに変わった初期の頃)。雰囲気と佇まいが、もろシドでサブイボブァ~~~って出たの思い出す。
ヒカゲが言うてた通り、さ、再来や~!って思たもん。


もし、シドが今も生きてたら?

ずぇんずぇん興味ございませ~ん。

見たくもないし、音出してても聴きたくもない。

あのままマルコムの餌食に成り果てちゃった~のシドなんて興味ナシ。

よって、今の誰?あいつ?こいつ?みたいになってるんかな?って想像するのも興味ナシ。


この人はずっとこのまんまなんで、何回見てもカッコよろし~!なんで。

TOO  FAST  TO  DIE ~~~!!って、ぶっちゃけ早過ぎたとも思てないけども~


ありゃ、全然、曲のコト綴ってないぞ・・・ 

俺が思う生粋のパンクロッカーが、かっちょいい曲ばっかり演ってるんやから、カッコよろしくない訳がナイ!

よし!上手いコト(どこが)まとまった!
 
12 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

11 01


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS