FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

休肝日には米ニスト


Edit Category インディーズ

今日は、嫁夜勤ではないんやけど習い事の為、又一人晩酌タ~イムでした。


ここんとこ毎日、飲み過ぎなので(子供達が巣立ち、拍車もかかり?)休肝日を作らねばなぁ・・・と思いつつも、大抵飲んでる最中にそれを思い付く(笑)

俺は必ず風呂入ってから晩メシしかイヤなんで、風呂入る前に、“よっしゃ!今日は休肝日にしてちゃんとメシを食うぞ!”と意気込むも、風呂から出るとまるでイチローばりのルーティーンの如く、流れる様に冷蔵庫を開け、ビアーのプルトップをシュポッ!ってやってしもてから“アッ!!”っとか(笑)

そんな訳で、今日も類に漏れずアフターフェスティバルやったけど・・・


今日の夕方、何故か(ほんま何故か?)『エルサレムの屈辱』の最初の一節がふと口について、帰ったら聴こ!って思ってたのを、良く覚えてた。珍しく。

んな訳で、爆音にて晩酌中に聴いてた一枚。

あぶらだこ

Aburadako_2

OKレコードから出たコンピのCDを聴いてた。

持ってんのに買うてしまうんよねぇ・・・


いやいや、でも便利便利。この時代になり、まとめて聴けて有り難やですわ。

でも、このバンド、インディーズのあのシーンの中で異質やったと思う。いや、異質っていうか強烈なオリジナリティっちゅ~んかな。

変速のビートにあっちゃ向いてるオリジナル過ぎる詞に、ヒロトモの出で立ちも、黒燕尾に蝶タイ、側面刈り上げたパイナップルヘアーに白塗りで。

11672473.jpg

イズミのスキンヘッドもイカツイしさぁ・・・もう・・・


今日口についた
『エルサレムの屈辱』。

この曲はイズミ在籍時のチフスの頃の匂いが俺には感じられてたまらんのよね。

詞曲共にヒロトモなんやけど。でも何かそう感じれて大好きなんよね。

『ランニングハイ』、『米ニスト』、『クリスタルナハト』などなどのあぶら節は言わずもがな、『LOGOS』の狂気に『忍耐』のおちょけ、非常成るバリエーションですな。

でも『童愚』は夜酔うてる時掛かると必ず飛ばす・・・だって何回聴いても怖いんやもん(笑)

その中の一曲 
米ニスト 

かっくい~!この頃のマルのドラムも効いてんなぁ・・・


ビデオで観た法政大のギグ?やったかな?で、ヒロトモがポケットに片手突っ込んで、ひたひたとマイクの前まで歩いて来て、急にマイク掻っ込んで直立不動で唄う姿カッコ良かった。もろ、静から動って感じで。


あっ、最後に!

このCD買うて一番の収穫を。

インナーに載ってた、あぶらだこのネーミングは、当時ヒロトモがバイトしていたゲームセンターの店長が怒ると『あぶらぎって』『たこ』のようになることから創意を得た。っていう記述♪

これを知った時は、明らかに常人と違う価値観に目が☆形になったのでした(笑)

こんなのが、スルって出て来るかもの期待値マックスのせいで、つい買ってしまうんやよねぇ(2回目)・・・

28年前のエアポケットで熾った狂気


Edit Category インディーズ Tagged  思ひで回顧 

当時、電動コケシとスターリニズムは入手出来ず、泣く泣く借りて録音したんやけどこれはゲット!

THE STALIN   『TRASH』

Trash



これ聴いて以来、ツレが、ライブの度、“ハウッ!!”ってしつこいくらい吼えてた(笑)           


これから随分と虜になり、高校生活音楽編では絶対に欠かせないバンドのひとつ。

そんな中、オラが田舎町にも高3の時、町の文化会館にスターリン来場!!

しか~し、その文化会館がキャパ1300人程の大ホールで(笑)


スターリンVS○○○○!ってその相手が名前は勿論、風体も全く記憶にないんやけど、雰囲気は微かに覚えてる。日本版アースウィンド&ファイヤーか?みたいな?意味わからんグループとの対バンでした。

それが俺の初スターリン。でも、あのブッキングは一体何やったのやら・・・


でっ、そのなんちゃらバンドが終わった後、興奮の中、一曲目が「メシ喰わせろ」やったかな。前へダ~ッて押し掛けてスンゴイ弾けまくった。気分はライブハウスで。

正直地元にこんなにファンいたんやって驚いたの覚えてる。客席前の1ブロックだけやったけど(笑)


でも、今、年表見ると、そのすぐ後、大阪のスタジオあひるや京大西部講堂でやってるし、ほんとこのエアポケットの様な、とんでもブッキングのド田舎ライブを勤め上げてくれたミチロウ初めスターリン各々方に今となれば申し訳ない思いでいっぱいです・・・謝謝!

 
12 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

11 01


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS