FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

リサーチアンテナ何処へやら・・・


Edit Category こっちのパンク
ブランキーの『VANISHING POINT』がこっちの田舎でも上映してたって今になって知った・・・

土曜日一日だけの上映やったみたいやから、どっちにしろ予定付かずで行けやんだんやけど、先日の
東京経由千葉行きの予定がもう少し後なら東京で観れたんやなぁ・・・う~ん、残念・・・

おまけにDVDも発売するってのも今になって知って慌てて予約した始末・・・も~、もうチョット早めにリサーチしとけよな。ほんとに・・・

でも、やっぱ映画館のでっかいスクリーンで爆音で観たかった・・・


悔しさと楽しみ交わって、今の時間はブランキー熱(笑)

で、これを聴いてる。


THE  BLANKEY JET CITY  『BANG!』

41BZP9TSHBL__SL500_AA300_.jpg


この2ndから土屋昌巳をプロデューサーに迎えて。

土屋昌巳はやっぱ俺ら世代は一風堂。あの
ハイセンスでハイチープな時代にあって、もろロック寄りの音は異質でこっちはこっちでカッコ良かった!

break-out" generation 一風堂


自他共に色んなトコロで1stのコト言われてる(た)けど、かく言う俺もこれが実質の1st(笑)

1stは出来る事ならセルフプロデュースの再録で聴いてみたい。


ブランキー、好きな曲数有れど、アルバムとして好きなのは2ndのこれと3rd『C.B.Jim』、6th『SKUNK』、7th『LOVE FLASH FEVER』。

1stでは今一つ開花し得なかった・・・って個人的に思ってる、達也が言った“ベンジーをこの世に知らしめたい”って想い。

この2ndから、正しくベンジーの狂気の芽がプックリと顔を出し始めたと思う。且つ確実に。

静寂であり、異次元であり、冷酷であり、な狂気。


かれこれ12年半前に解散ライブ『LAST DANCE』に馳せ参じた。


その記事
にも綴ったけど、そんな狂気の中でもこの狂気が俺にはヒリヒリ。

★★★★★★★



そういえば、その『LAST DANCE』見終わって、もし、この2ndで土屋昌巳との出逢いがなかったらブランキーってどうなってたんやろ?って想像したの思い出した。果たして俺ここまで聴き続けて追っかけて来てたんやろか??って。

ジャケット然り、それぐらいターニングポイントやったと思う。

その結果が個性とアクの強い3人がここまで続いた奇跡に繋がっていったんちゃうんやろか。

そして何より、達也と照ちゃんの元来の狂気に触発されて、潜んでいたベンジーの狂気が輪を掛けて暴発したって感じてる。そやからここからの3人の圧倒的な音が何時までもスリリングでハラハラしたんちゃうかな。


DVD楽しみやな。部屋真っ暗にしてヘッドフォンして爆音で観よ!

『ワーナー・マイカル・シネマズ・我が家』で(笑)

Newer Entry感傷なき破壊への旅

Older Entry中野“トホホ”ぶろ~どうぇ~い

Comments

 
初めて観た(聴いた)のが【狂った朝日】のPV。ミュートマ(笑)で。

達也のドラミング見て、あまりのカッコよさに腹立ったわ(泣)

で、【BANG!】
プロデューサーが変わったらこんなちゃうねやって思って、それからプロデュースが誰て見る様になったキッカケの一品やったなぁ。
ワタクシも、2ndと書いて1st論に一票(笑)

そして映画、知ったん昨日。
同じく玉砕(泣)


でも【BANG!】で20年前!?


この頃で歳止まってる事に今気ィついた(笑)
 
 
この日はお疲れ様でした(^^;;
また今日も残念でした(⌒-⌒; )
また改めて!

このアルバムは懐かしいですね!
ちなみに20年前と今ふり返りびっくりしております(笑)
 
 
to genoさん

ロックドラマーって、何か言い方がなんだかなぁ・・なんやけどロックドラマーなんよなぁ(苦笑)彼は。

後の後までブランキー好きな人って、やっぱ2ndスタートなんちゃうかなぁ?決め付けたらあかんか(笑)

そうなんかぁ・・って思って見てみたら厳密には21年やん(*_*)

俺の結婚生活と一年しか変わらん(笑)



to Jさん

ほんまやで・・・楽しみにしとったのに(;_;) んで連発て・・・

これはドンピやろ?その最後を一緒に見届けてるしね♪

21年前~流石に出会ってなかったな(苦笑)
 
 
俺も、俺なんか、公開を翌日に控えた日に帰ってきましたよ、後ろ髪引かれながら(笑)
そっか、みんさん観てるんですよね、ラストライヴ。羨ましい・・・。
確かに音は「アレ?」って部分ありますけど、俺は1stも好きですよ。
“達也が居るから”って聴いたけどバンドとしてスゴイなと。
まぁ、2nd以降と比較しちゃうと確かにですが(笑)
 
 
ねぇ?タイミングにも程がありますよ。

そうなんです。後にも先にも解散ライブなんてそれ一回きりで(苦笑)

1stも決して悪くはないとは思うんですが、元来の達也ミーハーでイカ天が強烈だったから(あの達也がイカ天~!?の思いと共にビジュアルの効果も大ですが)余計にデビューアルバムにしてはの乾いた音に“おい、達也ど~したぁ?”って何様ですけど(笑)俺はそんな感じでしたね(笑)

他のバンドも1stアルバムって思い入れあるのが多いので余計に・・・ほんと再び何様ですけど(笑)
 


 
02 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

01 03


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS