FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

勝手にします!これからも(笑)!


Edit Category SEX PISTOLS Tagged  独り言 

やっぱり買うてもうた第2弾(第1弾はコチラ)

やっぱり買うても~たなぁ・・・

どうしよか迷いに迷ったんやけど、原爆BOX見送ったから(苦笑)

 

SEX PISTOLS 勝手にしやがれ!!
《35周年記念スーパー・デラックス・ボックス》

P1000567


中学の時に買うた原盤は高校ん時のバンド仲間(音信不通)に貸したままなんで
30周年記念盤を悔し紛れに買うたのに、5年経って又やっても~たよ・・・


折角やで、このポスターもアイロン掛けて額オーダーして飾ろかな思ったんやけど、額も高いしなぁ・・・

でも、よ~考えたら俺の部屋には掛けるスペースね~や・・・不在中の息子の部屋に飾ったろかな(笑)

デカ過ぎて畳むのに難儀したし・・・



P1000568


ブックレットどころか全カラー100ページのグラビアアイドル並み豪華写真集がこんなに分厚くてすっかりメイン♪

勝手にしやがれ!!発売35周年記念って事なんで、いわばダイアリー本的に1977年の1月からの一年間の事業活動報告(笑)が満載で。

新聞記事やらフライヤーやらオフショットやらライブ写真やらが沢山。

見た事無かった写真も結構あって存分楽しめた。何度も見たなりそうやけど・・・重いわ!


でも、当然ながら、その1年間のみっていうところが潔すぎてよろしい。


P1000570


こっちが音源映像群。じっくりとはまだ全然聴いてないんやけど、最初に、事前にチョット話題に上がってた「Belsen Was A Gas」のオリジナルデモは真っ先に大音量で聴いた。

Belsen Was A Gas (Official)
- Taken from Never Mind The Bollocks, 35th Anniversary Box Set


この曲は長い事スマホの通話着信音にしてた大好きな曲。原盤に入って無くてもね。

遠~いジョニーの声と終わり方がデモデモしてて、まっ、言わずもがなカッコよろし。


でも、俺ピストルズマニアでもコレクターでも何でもないのに、このバンドのこんなのは何で買っちゃうんやろ?

まぁ、世間的に言われている「歴史を変えた一枚」「歴史に残した一枚」って評価に全く異論も無いし、自分的にもそりゃ当然「最高級に相当な一枚」に変わりは無いんやけど、
ほんと何故かムズムズと食指が動いちゃうというかもう魔物やね。

ほんと、サラッと俺のドンピシャスポットを誘惑して来よる。この黄色とピンクのコントラストは(笑)


1977年
というその年に特化したこのボックス。


因みに、これ俺の車のナンバープレート(笑)
P1000571

ちっこ~いこだわりに自己満足している、おっちゃんマインドパンクスには何ともタイムリー♪で勝手にしやがれ!!言われる前に勝手にしてます(笑)

そして、これからも勝手にします♡

Newer Entryそれは、なんくるなくないさ~

Older Entry寄り道がひく引き金に なにひとついいことはない

Comments

 
買いましたかぁ・・・。
いいな~(笑)
“要らない、要らない”と思っててもこうして見ると欲しくなりますね。
ミーハーだから(苦笑)
そうそう、ちっこ~いこだわりは大事ですよ(笑)
俺なんかそれだけで生きてるから(笑)
 
 
買っちゃいました(苦笑)
俺にもぴったりのコトバです。ミーハー(笑)
こういう企画モンの魂胆と策略、百も承知なつもりもいいお客さんになってしまう始末の只のミーハー(笑)
お互いちっこいこだわり大切にしていきましょうね!(笑)
 
 
確かに魔物やわ、あのコントラストは(笑) 色褪せないっちゅうのはまさにこのこと。
こないだたまたまライブ映像をビデオで観てて、ポールクックのウマさに感動した(笑) フロントのお三方が無茶苦茶やってる中で、一人音源と変わらぬタイトなドラミング!
ピストルズが現在でも支持され続けている奥底に眠る理由が見えた。
深いな〜、コワイぐらい深い(笑)
 
 
何度、再結成しても、全くスタンスといい当時と変わらん忠実な演奏してるんてクックだけやもんな~。地味さといい(笑)
ジョンは変な動きするコメディアンに成り果て(笑)
スティーブは超上手なってて(笑)
グレンは何か後ろめたさと冷めたモン感じるし(笑)
グレンこそサウンドの核なんやけどね♪
 
 
車のナンバーがそこに因んでいたとまでは気付きませんでした、さすが!(^-^)
 
 
あれ?知らんかった?
一生背負っていくこだわり!
何ともちっこい(笑)
 


 
12 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

11 01


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS