FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

都での融合プロセス再び!


Edit Category 名古屋パンクシーン Tagged  こっちのパンク 

今日と明日は休み。

遅ればせながらの盆休みっちゅ~ところ。


オキシドールが11月に高円寺でライブ!との情報をツイッターで知った!

U子の没後20年という事でアレルギーとの30年ぶりの共演で。

う~ん、アレルギーかぁ、懐かしいなぁ。10代の頃、インディーズのハードコアにはどっぷり嵌ってたけど、ポジパンは聴いてなかった。あんなのパンクじゃね~ぜ!って当時は若気の盛りで(笑)

このバンドも同様、音もスタイルもハードコア群とは完全に一線を画してたんやけど『アレルギー作用』だけは聴いてたな。シティロッカーからリリースされたからやったんかもしれやんけど。


4ae60c5c87b472e2990a03d27fa1c779



当時、勢い(のみ)で一番ベースに勤しんでいた頃で、同時に色んなベースの音を聴きまくってた頃でもあった。

そんな中、バンドでの紅一点とかキャリアとか関係なく、堂々たるベースを鳴らす女の人で印象に残ってるのがU子とINUの西川成子とコンチ時代のラン子。

U子はプログレ育ちの指弾きで(女性)らしからぬベースを感じてた。

俺はピックでしか弾けなかったんで(苦笑)

モヒカンだったり佇まいもカッコ良かったし。


そんなU子のポジションにロザリオスの“超絶テク”TOKIEが立つのは何とも興味深い。

達也とは対バンになるんやん(笑)

でも、どんな音になるんやろ~?興味津々やな。


にしても、オキシドール!又やっちゃうんや~!ええぞええぞ!

7月に
名古屋での復活を観に行った。

一夜限りの復活だけにしてほしかったなんてこれっぽっちも思てないんよね。

俺には一発目を名古屋、それもELLで演ってくれただけで十分。

そしてそれを目の当たりに出来ただけで。


流石に 『オキシドール復活東名阪ツアー』 とかされたら閉口するけど(笑)こういう、不定期で突発的なライブはワクワクする。

そして、やっぱ東京でするという事に色んな期待もしてしまう。その後のね♡

それも又、高円寺っていうのがええやんか! 祈!心願成就!


高円寺は息子の住んでるトコロやし、出来れば、もう一回観に行きたいぐらい。

でも、毎年この11月は超忙しいので到底無理。泣く泣く断念です・・・


ツイッターだけでも、関東地方に在住でこのバンドへの思い入れ深い方が沢山いるのを感じる。

驚愕のステージ間違いナシ!!

みんな観れたらええですね。

Newer Entryみん的 “THE”の有る無し、ここはひとつ!

Older Entryほんと、お疲れさん。

Comments

 
息苦しいほど興奮してます!(笑)
7月の復活、活字情報や写真だけじゃなく
音聴けて動画まで観れちゃいましたからねぇ。
ホント、改めて感謝です!
うんうん、「ずっと続ける」とか「これで最後」とか言わずに
こういう行き当たりばったりなカンジが、らしくていいですよね。
チケット、無事取れることを祈って・・・。
高円寺なんて何十年ぶりだろう?
そういえば、俺が最初に高円寺行った時にBOYを案内してくれたのはU子でした。
その時は誰だか判らなかったんだけど(苦笑)
 
 
4月に息子の上京で、俺もそれこそ26年ぶりぐらいに高円寺行きましたけど、まぁお洒落な街になってた気が(笑)
あの熱が東京で再び!ってこっちこそ再び興奮しちゃいます。
息苦しいほど興奮しましょう(笑)
俺も7月、正にそうでした。チケット、ゲット出来ればいいですね!
そして、ライブレポ是非拝見したいです!
にしても、U子の高円寺ガイドとは(驚)これ又羨ましい!(笑)
 
 
高円寺か〜。また一発目とは違った感じになるやろなぁ。しかもアレルギーと!
宙也てどないなってんねやろ⁉
しかし、関東方面は羨ましいね。来月にゃ亀戸で原爆と奇形児やで。
きてるね〜きてるね〜(笑)
 
 
流石に東京やで又違うライブになるやろね。名古屋では後半バテてたNONがどう立て直してくるかも興味津々(笑)
宙也ねぇ・・・俺も全然知らんなぁ。
まあ、でも齢50をもろともせずはっちゃけるんでしょう~な~。
原爆と奇形児・・・(驚笑)
それはそれは、やはり・・・きてます!(マリック風)ふっるっ~
 
 
Wikipedia!
しつこいですけど(´Д` )
 
 
すげ~バンド名ばっかりやろ(苦笑)
あの時代はそんなんばっかやったの!
赤痢っていうのもあったやろ(笑)
 


 
02 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

01 03


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS