FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

30年越しのコミュニケーション


Edit Category 名古屋パンクシーン Tagged  思ひで回顧 

相変わらず、肩痛しっくり来ずも、興奮冷めやらぬ内にこれだけは綴っておかなくては!の思いで晩酌ビール1本にて綴ります。


昨日、待ちに待ったオキシドール再結成ライブに行って来た。


当日名古屋大雨やったんやけど、気分は高揚高揚で♡

ちょっとしたホールならチョコチョコあったけど、小箱なライブハウスでライブ観るなんて、旧ELLでのスタークラブ以来、ほんとそれこそ30年ぶりぐらいちゃうかな?


会場は名古屋大須のここ。


eII.SIZE

P1000154

P1000153


同伴の従兄弟夫妻と合流し、茶~飲んで、のんびりと開場5分前に到着。整理番号1~3やったので(笑)

18時開場で早速店内へ。

一番乗りなんで当然、最前列の柵前センターちょっと左を占拠。達也も良く見える角度キープで♪


ell.SIZE(サイズ)という名称やから旧ELLと同じサイズなんかなぁって思てたけど、何か旧ELLより小さく感じた。後で聞いたんやけど、キャパ150で詰め込んで180とか。

旧ELLって、200で詰め込んで230とかやなかったかなぁ?

実は同じサイズで、昔は今より詰め込み過ぎてただけやったりして(苦笑)


今回も終演後、ライターの火着く訳も無かったけど、旧ELLの時の方が超酸欠で、一服よりヒーヒー言いながら表飛び出してた記憶があるし。

只、旧ELLと違うのは柵で区切り、3段階に段が付いててステージが少し高くなってる。

こりゃ後ろでもよ~見えそ~やね!なんやけど、一番前はちょっと見上げる感じ。


客層はやっぱり全体的に年齢層高し。そりゃそうやろ。だって、当時の音源はともかく映像が世に出てないバンドの再結成って無いんちゃう?

えっ!?こんな人も?って自分目線で思った人も沢山いたけど、俺みたいに自分しか解らん各々の思い入れがある人ばっかりなんやろなって勝手に思ってた。

ちょっとは前座目当ての若い子もおったけどね。

何でそれ解ったかいうたら、始まる前、隣にいた若い子が“誰目当てですか?”って聞いて来たんで、俺はすっかりノン?達也?っていう意味かと思ったんやけど、今日はトータル的に音を出す4人って意味で“いや、俺はバンド全体やよ”って返したのね。

そしたら、その子前座のバンドで拳振り上げてノリノリで、その子的にはオキシちゃん同じ土俵に上げられちゃってた始末で(笑)

トイレ待ちの時も、若い子に“やっぱ、オキシドール目当てですか?”“オキシドールのライブ観た事ありますか?”とか聞かれるし・・・

ちゃんと説明したよ。俺がいくつの時に解散して観れやんだのよ、年も全員ひとつ上でって!

もうこの年になったら腹も立たへんもんね。丁寧にお答えしました。


18時40分開場で、前座の2バンドを終え、

20時を超えた頃、ついに・・・


達也、GUN、YOUの3人が登場!やっぱり最初に達也に目が行った。当然すんごい近い距離やったけど。

そしたら、なんと蝶メイク!これにはブルンと身震いしたわ。このバンドで、この
『漢』のタイコ叩く姿を観れるという、30年間まさかこれっぽっちも思ってなかった事が撤回される事実も含めて。

その後、サッポロビール片手にNON登場。その風貌はやっぱりNONやった。年を純粋に重ねただけの。

黒のハットに赤黒グレーのストライプのヨレヨレジャケットにジーンズ、レオパードのチープなスニーカーで何かすごいブルージーな感じやったけど、首には見た事もない鋲のぶっといネックバンド。

そういや、達也が高校時、NONの事“高校中退して、いかしたファッションしてカッコ良かったヤツがブティックに勤めてて~”って言うてたやんね。

そのアクセントひとつで何かフロントマンの存在感際立ってめっちゃカッコ良かった。

そしてグラサン掛けて登場して来たんやけど、客煽りに煽って速攻外した時、見たそのNONの目尻にはちょびっとやけどクッキリと吊り上がったメバリが・・・

見た時最初はイカツクて、ちょっとギョッ!っとしてしまった・・・でもカッコ良かったな。


唄い方も前のめりでカッ喰らう激しさだけやなく、マイクスタンド持ったまま身体をゆっくり上下にするトコロとか、少し腰屈めた状態で内股で後ずさりしていく様とか、このバンド以降に目にした映像でのNONそのものやった。

ふと思ったんやけど、風貌がいつぞやの良次雄に雰囲気似てんなぁって。お互い嫌がるかな(笑)でも、同伴の従兄弟にも言うたら、同意やったから、もう、勝手に『名古屋流粋な大人の年の取り方』って事にしちゃいます♪


ちゃんとライブレポしよ思たんやけど、『COMMUNICATION』で始まった瞬間、興奮バロメーターのリミット壊れ、後のセトリあんま覚えてないんよね・・・

多分、順不同ながらも、『GODD MORNINNG MOTHER』 や 『PARTY NIGHT』、『ROBOT』辺りが序盤に怒濤の様に続いて行ったんやと思う。


そんな中、所々記憶に残ってるのを幾つか。

大昔にこのバンドを音コモコモのカセットで初めて耳にしたELLのオムニの一発目。『COMMUNICATION』の達也のドラムが衝撃的だったのが、今になっても当時のまま残ってる中、超至近距離の爆音でそのドラミングをマジマジ見て身震いした事。

『MY JAPAN』 に入った時、それまでの強烈な縦揺れから強烈な横揺れに切り替わった事。

NONが床に置いていた飲みかけのビール何本も倒してステージビチャビチャになった事。

中盤にNONが足放っぽり出して座り込んで、達也の方向いて、“疲れた!ちょっと休憩させてくれ!”っ的に(多分)、何か言うたにも関わらず、達也が無視して次の曲速攻でカウント掛けて、NONが“おい、マジか~”っ的に(多分)苦笑いしながら再び立ち上がったトコロ。

途中、NONが、“メンバー紹介した方がいい?”って切り出して始まったメンバー紹介では、達也がNON紹介しよとしたら、自分で“オカマのノンちゃんです”って自己紹介してたトコロ。

『HARD CORE』の途中のブレークでNONが“アッ!”って叫ぶトコロが遅れて、達也が笑ってたトコロ。

ものの1~2分を置いてのアンコールやったんやけど、その数曲の最後の最後に前座のVoの女の子飛び入りで『オ●コ(したい)』デュエットして“オ●コしたい~♪”って連呼して終演した事。

他も色々あったはずも、覚えてる優先順位がこんなトコロなんで思い出す度、付け加えていく事にしよ♪


NONと達也が度々アイコンタクトしてる様は、何かえ~な~って思ったり、全般どうしても、NONと達也に目が行きがちやったけど、LIVE SUICIDE TAPE 1983のインナーに、当時からGUNとYOUはNONと達也の二人をサポートする役、調整する役に徹してたって載ってた通り、当日もホントそんな感じがヒシヒシと感じれたし、はっちゃける二人を両脇で音でガシッと固めてた。


どんな再結成も過度な期待は御法度も、このバンドに関しては期待通り、いやそれ以上に全然色褪せてなかった。当然俺的に。

だって、全員俺より1コ上の先輩達のこのテンションとボルテージ。スゴイよ。こりゃ何をもってしてもスゴイ!っとしか言い様が無い。当然是も俺の感覚全くの自己中で。

実際目の当たりにして、今持ってこれやから、当時はもっと尖ってて、殺気立ってて、初期衝動全開で遙かにスゴかったんやろな。観たかったなぁ・・・ってほんと思う。より一層の激後悔再びです(涙)


この再結成にしても、プロモーション然り、超イイ意味で名古屋ローカルなんかもしれやんけど、もっとデカイ箱でやろと思えば出来た筈も(似合わんけどね)3つあるELLの中で一番小さい箱でやった事実。

観る前は何でやろ?っとか思ったけど、観終わった後、そこが、旧ELLの雰囲気に一番近く熱気を直に感じれる小箱であり、“解るヤツだけ観に来りゃええが!”的な印象がくっきり残ったライブやった気がする。

紛れもなく再結成が観たかったバンドの一つやったので、大袈裟や無く、歴史の証人になれた感じがした名古屋での一夜やったな。


ここで、観たくても観れなかった全国のご年配?マインドパンクスな方々に朗報をひとつ。

一緒に行った従兄弟嫁がグッジョブ!!動画撮って来ました♪


最前列やで客の頭の邪魔も無く、まんまの興奮度を共有です!



それでは、ご堪能下さい。血よ騒げ!!

GOOD MORNING MOTHER〜PARTY NIGHT




ライブ後、訳あって、急遽名古屋泊まりになって、今日の朝、ここへ行って来た。


旧ELL跡

P1000156

P1000155


周りの店もすっかり変わり面影ゼロで、最初は一瞬解らんだけど、見つけた時はあの頃に瞬間タイムトリップした。

あの黄色いドア入って行く瞬間ワクワクしたな♪っとか、ライブ然り、何かと血気盛んな10代の頃、ここに度々足を運び、ライブ前にはこの辺に座り込んでダベリまくって、ライブ終わりゃ、この路上のこの辺で汗だく&酸欠の状態でヒ~ヒ~言いながらへたり込んでたなぁ、とか。今でも大好きな当時の名古屋のパンクシーンにどっぷりと心身共に浸かってた頃をしみじみ思い出してた。ほんと懐かしい思い出が沢山甦って。


そりゃ、30年も経てば、結婚して、オヤジが逝って、当時の俺よりもう年上になった二人の子供の親になり、肩痛相変わらず治らんおっさんになり果て、街並みだけやなく色んな事が変わりに変わっていった。


そんな中、30年間変わらなかった願いが叶った2012年7月1日に心から感謝してる。

Newer Entry2012.7.1 EPISODE 1

Older Entry軽薄チープは極上チープに免じて

Comments

 
感慨深いですね!
私は全くわかりませんが、ブランキーの達也が、スタークラブの前にいたバンドだと知り、歴史を感じました。
そして思い出の場所にいかれたというところが、なんともしみじみします(^-^)
 
 
そ~なんやね。
正しく、○○(地名)パンクスの時代の話(笑)
年を取るといちいち感慨深くなっちゃってイヤよね~(笑)
そういや、J、君も達也を観ているね。
遠い遠いあそこで(笑)
 
 
まさに粋な大人の年のとりかた(笑)
あの神がかりなまでの無駄な力の無さ!それでいて時折垣間見える激昂。
おこがましいけど、同じヴォーカリストのはしくれとして、まさに目指すとこなのでありマス。なかなか出来るもんじゃないんよなぁ。
ほんでまたあのド派手な鋲ネック!違和感ゼロやもんな。おっさんが無理してつけてる感ゼロ!あれに負けてない強烈な存在感て、あの年ではなかなかおらんよね。
ホンマ、若い時からリョウやヒカゲや達也ら当時イケイケやったそうそうたるメンツを唸らせてたんがわかるわ。
当時…凄かったやろなぁ…
あっ! また後悔の波を呼んだ⁉
ゴメ〜ン!
 
 
あの時のあの歌を、今になってもあんな風に歌われりゃな~。
煽り方が正しくVOX.やったね!
鋲ネックなぁ(笑)あれをコーディネートするセンスに脱帽って思たら、違和感ゼロて(笑)
どんなおっさんやねん!スリル過ぎるやろ。
激後悔の波がもうビッグウェーブすぎて溺れたわ(笑)
 
 
素晴らしい愛情のこもったレポートありがとうございます。
どんな偉い評論家先生が書くのより、みんさんのような思い入れ深い人が書いた、こういうのが読みたかったです。
いつでも、何回でも思い出したこと付け足してください(笑)
達也の蝶メイクもともかくNON。
“オカマのノンちゃんです”(笑)
相変わらずなんだなぁ。
カッコイイなぁ。
読んでて自分も観れたような気持ちになれたけど実際に観たかったです。
で、ライヴ後、みんさんと語り合いたかった・・・。
youtubeへのアップ、メチャクチャ楽しみにしてます!と従兄弟嫁さんにお伝えください!
 
 
いえいえ、恐縮です。
あれも、これもと頭の中全然整理出来なくて、終わったらあんな長文で(苦笑)
ですよねぇ~、思いを共有出来るLA MOSCAさんとなら朝まで語り合えたかと!
ホントカッコいい大人達でした。
初めて観た動くNONは特に。
でもこの流れで、もう一人の御大とのあのバンドで復活してくれないですかね。一夜限りでいいので。二人が並ぶ姿とてつもなく見たいです。DVD見てると特に(笑)
レポも思い出したら又付け加えます(笑)
従兄弟嫁にも催促しておくので楽しみにしてて下さい!
 
 
ありがとう
 
 
ノ、ノンさんですか・・・?
もし、ご本人なら恐縮過ぎです。
ご本人と信じて・・・ほんと最高の夜を過ごさせていただきました!
有り難う御座いました!!
 
 
貴重でリアルなレポートありがとうございました。
気が付けば、食い入るように一気に読みきっていました。
そして更に貴重な動画(youtube)!
OXY現役当時はまだ中学生で、恐くて観に行けなかった私は、OXYのLIVEはもっぱらカセットで聞いてましたが、NON君のVoiceは、どうして今聞いても同じなんだ…??
11月の高円寺、行ってきます。
 
 
コメント有り難う御座います!
ホント変わらずカッコいいし、いい年の取り方してますよね。
俺にとってもこのバンドの再結成は夢(大袈裟でなく)だったので。
11月思いっきり楽しんできてください!
ゴッドでバリバリやってた東京ならではの興奮間違いナシだと思いますので!
 


 
08 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

07 09


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS