FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

軽薄チープは極上チープに免じて


Edit Category FASHION Tagged  あっちのパンク 

もうすっかり半袖の季節。


半袖の季節っていうたらTシャツの季節。

Tシャツは大好きでボタンシャツとの割合は、9.5:0.5で圧倒的に俺はTシャツ派。

いつもこの時期になると、ネットでパラパラと、そそるデザインもん無いかな?って探したりするんやけど、何か今一パッとせんというか、欲深さが薄れたのか(笑)これといって欲しいモノが無い。

まぁ、無理して買う事もないわな。

枚数だけ増えて行く一方で、結局ホントに気に入ったヤツしか着てない気するし。


Tシャツのデザインで好きなのは“俺、こんなん好きですけど何か?”みたいな小さい主義主張。

今は流石に着る事も無くなったけど、若い時は直球のバンドTとかも着てたし。

でも、ちょっと捻った感じのデザインなら好きなバンドのTシャツも今でも着たりしてる。


あと、パロディ系のも大好き。おちょくってる感じの。

それと、欠かせやんのが自己満足のみのメッセージ性♪


すんごい昔やけど、Tシャツ好きが高じて自分で色々作ってた。Tシャツ君で。

結構、種類作ったはずも、もう着倒して捨てても~たんかなぁ?全然探し出せやんだけど、かろうじて現存してたヤツ。


こっちがフロントで
P1000140

P1000141



こっちがバックP1000138

P1000139


まぁ、解る人には何てベタなキーワードで・・・

解らない人(大半)には中国のロック(ンロール)の事やろ?って言われる有様(笑)


あの輩この輩、数えられぬ程こいつで犠牲になったチンピラ達に捧げたつもりです。

何とものチープさやけど・・・

まっ、そこは、歴史上偉大過ぎるチープさのこれに免じて。

Johnny Thunders & The Heartbreakers - Chinese Rocks



他にカートをモチーフにしたヤツとか、SEARCH & DESTROYの歌詞、一から打ってプリントしたヤツとか、他にも色々あったんやけど何故かどっこにも無いんよねぇ。

これももうヨレヨレ。

インクは流石にもうカピカピやろけど、スクリーンまだ残ってる筈やで又作ろかな。


もう一枚、ラモちゃん達をモチーフにしたのが残ってたんやけど、四十肩?なのか?この間から左肩がジンジン痛てキーボード叩くのもキッついので、又次回に。

いてててて・・・

Newer Entry30年越しのコミュニケーション

Older Entry茂さんの頼みならしょ~がね~カヴァー群

Comments

 
またしても!
かぶりまくりますね~!(笑)
嬉しくなっちゃう!
http://lamosca.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-bffd.html" rel="nofollow">http://lamosca.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-bffd.html
ついでにもうひとつ。
http://lamosca.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_8fc0.html" rel="nofollow">http://lamosca.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_8fc0.html
そう!主義主張ですよね
誰も気づいてくれなくてもいいの、自己満で(笑)
俺は横着もんなので作りはしませんでしたが・・・。
肩お大事に。
俺はそろそろ五十肩かな?(苦笑)
 
 
ですよね。主義主張!
大なり小なりどこかで、メッセージ力発信してこそですよね。
そして、リアクションされると嬉しい反面、クールを装ったりしちゃうっていうのよ~く解ります(苦笑)
その黒のTは持ってないですが、以前ブログで拝見したコカコーラロゴパクリの赤のチャイニーズロックTは俺も持ってます(笑)
肩も今一ですが、それなら俺も五十肩ですね(苦笑)
 
 
Tシャツ(^O^)/
そうですね(笑)
いつもチェックしてますよ!
ちなみに私、今までいただいたの全てまだ持ってます(笑)
 
 
今年はヒマ見っけて又作ろかな~って思ってるんやけど、今のところ意気込み20%ぐらい(笑)
又作ったらプレゼントするねん♪
 


 
02 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

01 03


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS