FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

だから歌おう甘ったるいラブソングを


Edit Category Family Tagged  RC・忌野清志郎 

この間、娘のとんぼ返りの協力で大阪まで迎えに行ってきた。

そんで、帰りの車中の約2時間程、久しぶり娘と色んな話をしたんよね。

仕事の話やら、
こないだのファッションショーの話やら、スマホ変えたいけど、どんなのがえ~やら、我が家の犬の話やら、彼との近況やら。他沢山。

あっというまに家に着いたぐらいお互い喋りまくりで帰路に着いたんやけど、その中で大半を占めてたのが彼へのグチで(笑)、まぁグチっちゅ~ても微笑ましいもんばっかで、おのろけとグチの中間の可愛いモンやけど。

“ちょっと、ど~思う~?”的な(笑)んで、俺が男の気持ち代弁してフォローするっていう(笑)

でも、何やかんや言いながら変わらず仲良くやってんのには嬉しく思う。

そして、俺ら親もよく知ってて娘の事任せてる彼とはいえ、娘が自分からざっくばらんに話してくれるのも嬉しく思う。俺には。

もっと若い頃は、娘の恋愛に過敏になってた時期も少しはあったけど、こうやって、家離れて生活してる中、確実に娘のパワーの源になってるって感じるし、今の娘にはこういうラブパワーが何よりもの支えって事も心底感じる。

盆休みは泊まりでディズニーランドへ行くらしい。(娘は沖縄に行きたかったらしくも、どうやら却下された模様で、それも車中で話題に上がったり)

まぁ、何はともあれ、仲良くやってくれぃ!!


そんなラブパワーに影響され、何かラブソングを聴こうと思い浮かべたら、歌自体やなく“ラブソング”ってキーワードが頭から離れず、これを回転中。


ARE YOU JAP?!

41sef9mgazl__sl500_aa300_


exアナーキーの伸一が全楽曲(一曲除く)提供し、色んなミュージシャンが自ら詞を付け唄うオーガナイズアルバム。

ロリータのマサヨ、泉谷しげる、町田 康、柴山俊之、等々参加のバリエーション万歳の中、そんな“ラブソング”はやっぱこれ。

忌野清志郎  ジライヤ


だから歌おう甘ったるいラブソングを

世界の平和の夢と錯覚しながら

今夜歌おう甘ったるいラブソングを

地雷やミサイルの音をかき消すほどに


俺にとってはこれもラブソング。

こういう攻撃的で皮肉たっぷりな清志郎も大好き。ほんとカッコいい。


当時、この曲がやりたくて地元の後輩達に声掛けて、ちょこっとスタジオで遊んだの思い出す。

これは誰もボーカル取れないって話になり、やむなく言い出しっぺの俺がベース&ボーカルで・・・

結構、のめって練習した。どっかで発表する訳でもないのに(笑)


そんな事思い出してたら、バンドとしては、この曲を最後にベース触ってないんやないかと・・・多分。

何の!ベース弾き納めがキヨシ君の唄なら本望だぜ!!

Newer Entry尖ったエッジのお手本

Older Entry激痺れのKILL THE SUN

Comments

 
またカブりました!(笑)
http://lamosca.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/1_49c2.html" rel="nofollow">http://lamosca.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/1_49c2.html
俺も大好きです、この曲。
俺はとうとう楽器に手を染めませんでしたが熱くなってしまいそうな曲ですよね。
みんさんの「ジライヤ」聴いてみたかったな。
 
 
又カブってしまって後追いばかりですいません(苦笑)
でも、伸一いいギタリストになりましたよね(偉そうに)。ほんとそう思います。
LOSERでしごかれただけの事はあります(笑)
いえいえ、この曲は特筆ものなのに、俺のボーカルだったのでやはり日の目浴びる事無く自己満止まりでした(笑)
 
 
そうですね、恋愛の健全な悩み?を話せるのも、いうても平和な証なのかも。
ちなみにお嬢(実名出さす笑)の事は、密かに見守ってるつもりの私です(笑)
とってもとってもステキな恋愛だとほのぼのしてしまいます(^-^)
 
 
そやね、色んな事ブーたれても二人の中では平和なんでしょう。
若いっていいわね(笑)
んだね、密かに見守ってやってちょ~だい!昔からのよしみで(笑)
 


 
02 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

01 03


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS