FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

激痺れのKILL THE SUN


Edit Category 名古屋パンクシーン

映画MIB3を観に行く予定がつぶれた・・・

事務仕事のやり直しで。

心底トホホちゃんの中、お心直しに何を聴こうかと吟味してて、今日は、これにした。

過激な気分なんで(笑)


THE STAR CLUB 『RAVE WITH FURY』

51np4twgjl__sl500_

結成20周年記念のメモリアルボックスに入ってたインディーズ時代の超レア・ライブ・コレクション・アルバム。

体感したくとも出来なかった頃の空気感を感じれるこの編集盤は俺の宝物のひとつ。



俺のリアルタイムは、G/LOU、B/狂児、に変わる寸前~変わり立ての頃からで、この頃のも勿論好きで随分通ったんやけど、大人になって振り返ってみると、音的にも空気感も一番好きな時代は、G/良次雄、B/EDDY ~ G/狂児、B/EDDYの1979~1981年の頃のかな。

残念ながら、この時代のは観れず、ほんと一足遅かった。

観れやんかったから余計思い入れがあるのかもしれへんけど。



今、思い返しても、良次雄の頃は流石に無理でも、狂児のギターの頃(このジャケの頃がそう)なら何とかして行けやんだもんかなぁ・・・って今でも深い後悔が続いてる・・・

多分、初めてE.L.Lに観に行ったのが高2になってほんとすぐの頃って記憶があって、E.L.Lのライブ年表見ると、多分ほんと数ヶ月遅かっただけかと。

万年金欠のヘタレ高校生やったにしても、色んな情報にもうちょっとアンテナ張っときゃ、行けてたんやないかなぁ・・・って、これは俺の人生激後悔のひとつ。



その頃のライブ映像も、見たいなぁ。どっかにあるんやろな。これがあるんやでさ。

ビデオ『若き暗殺者』から、唯一の 1981年もの。

KILL  THE  SUN     激痺れ~!!

EDDY(グラサン無し)のギョンギョンベースに始まり、狂児の金切りテレキャスにヒカゲの暴発、ノーファンの止む事のない咆哮。

最前列で踊ってる数人の女性(意外)の一人が、狂児が落としたピック拾い上げて渡そうとして、ヤメる所とか、客全く関係無しでやりたい放題の圧倒的なパフォーマンス。


こういう空気感のライブ大好き。

行きたかったなぁ・・・

誰かタイムマシン造って下さい!!



そだそだ、スタークラブでもうひとネタ。

同じ高校のヤツらで組んでたバンドは所詮遊びで、そんな長続きもせんかったんやけど、ちょっとはマジメにやってた違う高校のヤツらと組んでたバンド名。

このスタークラブの『ALL YOU NEED DRUG』の一節から。

♪ドラッグシャワーで全身びしょ濡れっさ~、に感化され、

その名も『DRUG STORE』!!

只の薬屋や・・・その辺で見る・・・。

恥ずかしや恥ずかしや。

Newer Entryだから歌おう甘ったるいラブソングを

Older Entry3300年の時空を超えた日

Comments

 
事務仕事と言えば嫌な予感がΣ(゚д゚lll)
ミーハーな私でも、かつてはパンクのハチャメチャなカッコよさに憧れました、
スタークラブと聞くと、ちょっぴり時空を超え(笑)切なくなりました。
しかしずいぶんいわれがあるみたいですね、また聞かせて下さい。
 
 
そっちの事務仕事の方ちゃうのでご心配なく(^^;
蒼き青春時代の回顧。
そっ、まさしくかの○○パンクの頃やね(笑)
 
 
まさにその時代! ええよな〜。全盛期と言われるその後のマッドマックススタイルの時も好きやけど、それよりパンクンロールと銘打ってた時代のヒリヒリ感⁉の方がええなぁ。Kill the sunの映像も出た当時の衝撃たるや…、スターリンの石井三部作PVと並んで、脳の奥まで刻まれてる初期衝動やね。フルじゃなくても、世に出てほしいなぁ。ホンマ他にも絶対あるはずやで。
パンク塾、“パンクは勢い“の講義で、坊主頭のお兄さん方がコブラの曲をやってるライブ映像を見た。
これもワタシの初期衝動の一つ(笑)
 
 
まさしく!!
パンクンロールってワードは使えた!何かに付け(笑)
どっかに絶対あるやね。その類のお宝探す旅はまだまだ続きそ~ですな~。
ギャハハ!リアルヘッズね(笑)
勘違い初期衝動も決して間違いではない。・・・はず(笑)
 


 
12 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

11 01


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS