FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

3300年の時空を超えた日


Edit Category Family Tagged  あっちのロック 

こないだ、ツタンカーメン展に行ってきた。

嫁の誕生日やったので。


P1000070

大阪天保山特設ギャラリーであったので、大阪にいる娘を迎えがてら、3人で行く予定も娘休み取れずで、結局嫁と二人で(苦笑)




p1000071.jpg


平日とはいえ、入場制限で30分の時間待ち。何かUSJのアトラクション待ちしてんのか錯覚したぞ・・・

 


俺、結構こういう古代文明に興味ある方なんやけど、嫁は疎いにも程があって。


何つっても、この日のこの日まで、“ツタンカーメン”を“スタンカーメン”って思ってた程の強者で(笑)

しかし、そんな嫁も、音声ガイド機をレンタルして興味深く見てた様子。

見学時間、最初から最後まで別行動やったけど。


時間掛けてゆっくり堪能したけど、やっぱスゴかった。

古代文明関係の番組は絶対録画するし、何度となく、この文明の発掘品もテレビ越しで見てたけど、やっぱり目の当たりにすると息を呑む。

時代背景や色んな思想、当時の死生観とかはテレビからでもある程度理解出来るけど、実際に展示品を見てみて改めて解るのが、当時の生活用品やレリーフに施された人や動物を模するデッサンや様々な像のデザインの緻密さ。そして、その緻密さで表現する当時の生活形態。

これはほんとスゴかった。顔近づけて隅の隅の細かいとこまでずっと見てたけど、釘付けになる。あれは。


そして、そんな緻密さで表現されてる展示品から放たれる金を初めとする目映いばかりの色彩色の豊かさと、その色彩感覚や色彩バランス。

この目映さもほんとスゴかった。このふたつは絶対テレビ越しには伝わらんわ。限界がある。

しかし、それが3300年前のモノって・・・。

そんな畏怖と驚嘆の一日でした。


大阪では7月16日まで延期になって、その後、8月4日から東京へ移るとの事。

息子もこんなん好きやで行くんやろな。うん、絶対見ておくべきや!


あっ、それと、もしこれから行こうとお考えの方には、絶~対に音声ガイド機のレンタルをお勧めしておきます。1台500円!このご時世にそのワンコインを惜しむと超人混みの中、流れに負けてモノの20分程度で、訳解らぬ内に世紀の秘宝観覧を終える事になるでしょう(笑)

その憂き目にあったであろう、多分、婦人会か町内旅行の勢いか何かで来たおばちゃん連中ぎょ~さん目にしたし。

多少解ってたつもりの俺でもスゴイ役に立ったし、嫁みたいな人には尚更!


その後、天保山ブラブラして、南港のアウトレットへ行った。嫁は何か収穫あったみたいやけど、俺は毎度の事特になし。CDショップも寄らんだし。


そんで、大阪から帰路の車中、聴いてたのがこれ。こっちも毎度の如く、嫁爆睡の中(笑)

   

ELVIS  COSTELLO  『THIS YEARS  MODEL』

515uiilrsl__sl500_aa300_

コステロ初めて聴いたのは随分後。

多分22~23才の頃やったと思う。その頃の日々の出来事思い合わせると。

存在はずっと知ってたけど、何故か手にしなかった。

聴いた時は、その事後悔したけど。

20代の頃やってたバンド内で、ちょっとゴリゴリパンクばっかりやるのに飽きて来てた時期があって、何か違うのコピーしよやん、って話になり、ツレの彼女にキーボードさせて、これやったん車ん中で思い出してた。

Punp It Up 


手前味噌ながら、結構な完成度やった?と思ってたんやけど人前で日の目を浴びる事は全く無かったのでした・・・


当時のそのバンドは良く言えば欲が無く、悪く言えばプロモーション怠慢の極みやったので(笑) 

Newer Entry激痺れのKILL THE SUN

Older Entry叶えられた駆け出しの一歩

Comments

 
ご無事で行かれたみたいで (^O^)
エジプトといえば、私は映画ハムナプトラが大好きで、古代の事柄が蘇ったりするお話や映画にはワクワクします。
素敵な一日、お疲れ様でした(^∇^)
 
 
コメントサンキュ(^^)v
前日もあんがとね!
素敵な一日やったかどうか(苦笑)
でもツタンカーメン展良かったよ!
チビ預けて行くべし(笑)
 


 
12 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

11 01


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS