FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

今日は何の日?ふっふっ~


Edit Category あっちのパンク

今日はジョーイの命日やったんやね。ちょこっと調べてたら、もう11年も経つのかぁ。

俺、好きやって、星になった歌い手さん、楽器弾きやさん、誰の命日も覚えてない。

昨今は、ツイッターの誰かのつぶやきなんかで知って、あっ、そうなんやって。


好きなのは普段から聴いてるからね。そやから余り重要な事でもない。

でも、知ってしもたからには、やっぱ、いやあえて、聴きたくなるわね(笑)


そんな事で、今聴いてるのはこれ。

             

ラモーンズ マニア 

61h1q008vvl__ss500_



色んなん聴きたかったんで、手っ取り早くこれにした。


パンクの入口はピストルズやったので、その後聴いた。間も無かったと思う。

当時の第一印象はスカスカでピンと来んかった。ピストルズの音の後やったから仕方が無かったと今は思う。その頃は、只ひたすら過激な音を身体が欲してたんで。


こんなに悦な、究極のワンパターンに対してね。ほんま失礼なこってす。

その後の、核は残しつつ絶えず変化していく音も何の違和感もなく好き。

でも一番好きなアルバムは『END OF THE CENTURY』やな。アルバムとしてはね。


ディーディーは3本の指に入る大好きなベース弾き。


あっ、今日はジョーイか(笑) あぶない、あぶない。

P1000029

枕元に貼ってあるポスター。っていうても6年前に貼ったrockin' on の付録


ジョーイが逝った後、ず~っと変えてなかった携帯メールのアドレスを変えた。
ジョーイへの俺なりの最大級の賛辞を入れて。追悼の意味と何かを残したくてね。

そしたら、その後、ディーディーもジョニーも逝ってしまい、そんなしょっちゅう変えられるかい!って(笑)

その都度変えていかず良かったわ。えらい長いアドレスになるところやったで(笑)

・・・って事はアドレスも11年変わらずかぁ。それも何かおったまびっくり!


でも、クラッシュ然り、フロントマンが星になったら(このバンドはそれどころでないけど)もう再結成はあり得ない訳で。(デッケネを除く 笑)

見たい見たない関係なく、それはやっぱちょっと寂しい。可能性すら0.1%も無くなってしまうのは。


ちょびっとビアー飲みながら聴いてるけどやっぱええね。うん。

明るい内からビアーって!一昨日の誓いわぃ!


晩酌は控えてちゃんとメシ粒も食って、後でソロ聴こ。 R.I.P Joey!

Newer Entry感傷なきラストダンス

Older Entry就職先はスターリン

Comments

 
同じ付録ポスター(笑)は、我が家では玄関に
鎮座しておられマス。
個人的には、“SOMETHING TO BELIEVE IN“
がマイベストラモーンズソング!
映画のエンドロール時に流れるような、イントロの美しい旋律
がたまらん!
 
 
またまた思いっきり共感な記事!
第一印象とその理由、ディーディー、まったく一緒です!
『エンド・オブ~』は一番、ジョーイ色が強い気がします。
そして付録ポスター(笑)
俺も最近まで飾ってました(笑)
近々、ソロ第2弾が出るらしいですよ。
ちなみに昨年の今日、俺が書いた記事。
http://lamosca.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-e05b.html" rel="nofollow">http://lamosca.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-e05b.html
気が向いたら読んでください。
 
 
to genoさん
あらら、そちとら玄関でしたか(笑)
しかしながら、このディーディーもカッコよろしいわなぁ~
俺のベストラモーンズソングはベタながら『Do you remember~』。
何故かというとツレ内でやった“一曲まるごと歌詞見ず歌えたら1万円”の企画で、“リンダリンダ”で失敗してこれで成功したから(笑)
to LA MOSCAさん
ブログ拝見しました。
何ともキュートなエピソード(笑) 
ジョーイがストゥージズで悪魔払いした同様、俺達もこのちんぴらバンドに何回も救われてますからね。
そだ!ジョニサン兄さんも二足先に星になってたんでした(笑)
彼も一緒なら間違いなく取っ組み合いしてますね・・・(笑)
そうそう、ソロ第2弾出るらしいですよね。楽しみ!
しかしながら、お二方共変わらずこのポスターに共感していただいて・・・ちょっと嬉しい!いやだいぶ!
 


 
02 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

01 03


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS