FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

就職先はスターリン


Edit Category 名古屋パンクシーン

今日は嫁夜勤。のんびりとビール飲んで一人ディナーも終わった。

でも今日は酒控えてちょこっとメシ粒も喰った。

子供らがおらん様になったからこそ、ちょっとは酒も控えやなな。外飲みに行ったら量増えるんやから、せめて家におる時はね。


明日以降もこの純粋な気持ちでいれます様に(笑)



前述した、大好きな
名古屋パンクシーンの中、、俺にとってぜ~ったいに欠かせないのが、この「漢」。


     

中村達也

0577bf9d9a796543dc2189558cea0229                                                        




学年は一つ上も同い年であるこの「漢」、俺の音楽遍歴の中でも絶対に欠かせない人物。


日本で好きなドラマー数あれど、この「漢」が俺の中では一番。只のミーハーかもやけど。

OXYDOLLに始まり、原爆、GOD、スターリン、マスターベーション、スタークラブ、ブランキー、ロザリオス、等々。それ以外の多方面な活躍(龍馬伝にも出ちゃって)も解る人には知っての通り。


俺にとってこの「漢」に感じる思いっていうのは、他の好きなドラマーとはちょっと違う。

それは、自分も片田舎でバンドをしていた同じ時期に、客として度々ライブに足を運んでいた名古屋という地で興っていた、あのシーンの真ん中でOXYDOLLをやってた事実、そして、そのバンドで、同じ高校生とは思えぬ卓越したタイコに驚愕した事実から始まってる。

当時、あんなタイコ打つヤツは我が田舎では微塵もおれへんかったもん。世界が違うのよ。全く。

そしてその事実は、既に、俺が名古屋のライヴハウスに出向き始める高2以前の時代から始まってるんよね。

これには、ほんと感服してる。よって、感情の入り方が違う。

30年近く経た今になっても。変わらず。


偉そうに同時期とか言うてるけど、比べるなんて滅相もないんですよ。

俺らがやってたバンドなんて、それに比べりゃ、ままごと以下の以下なんやから。当然。

そやからある意味、比較対象がはっきりしててええのよ(笑)

はっきりしてるからこそ、そのスゴさっていうのを強烈に感じる訳で。


当時、うちらの地元では、この「漢」と同じ一つ上の世代のバンドはハードロックオンリーやったんよね。先輩のパンクバンドなんて欠片も無かったし。そやから、そういう先輩達とどうしても比較してしまうんよね。

同級のパンクバンドは結構おったけど、格好良さって先輩から受けるモノもあるやん。

付き合いでライブ見に行っても、新曲です!この曲は違う角度からアプローチを!とか言うてハードロックにサックス被せて腰くねらせたりしてて・・・何か感情移入1%も出来やんだの覚えてるし(笑)


そやから、今でも全然変わらなく(いや、年を重ねれば重ねるほど)感情移入が出来るそのシーンの真ん中にいた事実には本当に恐れ入る。


この「漢」に対して、ぴったしな表現が、スタークラブの『UH(KATAMARI)』の中の“羨望~と嫉妬~”かな。

羨ましくも思い、その姿に嫉妬した、そう思える『漢』です。


でも、俺も、もし名古屋に生まれ住んでて、もっとあのシーンをこの「漢」同様、実体験出来て、直接刺激を受けてたなら、へなちょこやった自分のバンド活動も、もうちょっとマシな方向に行ってたんかなって思ったりもする。とんだ思い上がり覚悟でも(笑)

でも、やっぱあの時代の名古屋シーン強烈やもん。ほんまその中で直に感じたかった。

今思えば、住民票移してでも名古屋の高校行きゃ良かったな(笑)



〆に、このタイトルになってる発言も、もう最高やよね!

当時、どこそこ大学に進学。どこそこ会社に就職言うてた中、このフレーズは最高過ぎた♡

このタイトル、ツイッターでもちょびっと盛り上がったけど、みんなこのフレーズはちゃんとインプットされてるんやな。ちょっと嬉しい♪

うん、やっぱこのフレーズはいい!カッコ良過ぎてスタンディングオベーション!


相田みつをばりに書で残したい(笑)

Newer Entry今日は何の日?ふっふっ~

Older Entryスモーク・オン・ザ・大鉄

Comments

 
そりゃあ、あんな名フレーズ残されたら忘れられませんよ(笑)
ホントに達也や良次雄の日本人離れした(笑)言語感覚はカッコイイ。
こういう個人的思い入れって大事だと思う。
ていうか好き。
 
 
あの二人は宇宙語を操る宇宙人ですからね(笑)特に後者は(笑)
LA MOSCAさんがスターリン~ミチロウやGODに対して個人的思い入れを持ってるの然り、みんな各々あるんですよね。
お互い大切にしていきたいもんですね。
余り込み入って話すと引かれますけどね(笑)にわかには(笑)
 
 
凄いの一言。昔ビデオでスターリンのライブ映像(先天性労働者!)をみた時の衝撃たるや…。そしてその横では良次雄先生が!たまらん…。
自分はリアルタイムで見てたのはブランキーからやけど、狂った朝日のPVもチビったねぇ。
そういや、このタイトルの名言もさることながら、昔なんかのファンジンでも、“俺は有名になりたいんだ!“と豪語してたね。(笑)
こんな破天荒な人生で、有言実行するなんて、男が“漢“に惚れるとはこの事だ。
そしてDIYとはこの事だ。
 
 
まぁ、知っての通りほとんど無意識で追い続けてますわな。でも、それは無意識の中至極自然な事で。
二人がスターリン行ったら行ったで、どんな音を叩き出してくれるんやと期待値MAXやったしね。すぐクビになったけど(笑)
今でも、この名言残した後の ’83 後楽園ホール を聴くと当時の思いが甦ってくる。
今や色んな所でやってるなぁ。
それはテクニック云々を通り越したこの『漢』の懐の深さ故であり、当然の今なんでしょうな。
その当時からは考えられやんだけどね。
ほんと感服也!!
 


 
12 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

11 01


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS