FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

いっぱいメシ喰え!


Edit Category Family
新しい家族が増えた。


孫ではない。

 


こいつ。



IMG_6009 - コピー

 


豆柴の女の子。生後4ヶ月。


 

名前はじゅう


子供達がまだまだバブちゃんの頃だった時の完全な身内ネタから付けた。

 


17
年間一緒にいた前の子が旅立ってから6年の間が空いた。


ガキの頃から今まで犬を飼うコトは欠かさず、半年すら空いたコト無かったのに。

 


又、飼いたいなぁと思う反面、一周忌の1年、三回忌の2年を過ぎても、正直前の子が逝った時のコトを思い返すとしんどかったのよね。年を取った分、長年一緒に暮らした者と別れる辛さは尋常じゃなかった。若い時に比べて。気持ちも身体も。もうあんなの勘弁やなって思ってた。

 


でも、七回忌の6年を期に墓に入れてやり気持ちを切り替えた。嫁と子供達はいつオレが立ち直れるか、どうやって立ち直らそうかと3人で色々企んでたみたいやけど()

 


そして何より、同い年(ってのは大事)の同士の相棒、ゆめ吉クンの動画を見る度、口角が上がって背中を押された思いも過分にある()

ゆめ吉クンはジョニサン似で、ウチのはやんちゃしてる時、テリーホールの目になってるけど(笑)

 

もう一人家族を増やすってコトはいつかはお別れせなあかん時も来る。でもそれまでの出来る限りの長い間、こいつが引き出してくれる笑顔で毎日を暮らしていきたいなって思いが上回った。天秤に掛けて。



でもホント、も一回子育ての気分。下痢が続いて病院通いしたり、毎日の体調管理に気を揉んで、快方に向かうとホッと胸を撫で下ろしたり。

 


でも今はすっかりこいつとの生活に浸ってる。

 


好きな音楽聴きながら晩酌の時間に毎日話しかけてる。


こいつ中心に我が家が廻ってる。

 


オレだけじゃなく家族みんなの欠かせない存在になってる。


みんな笑顔が増えてる。



こいつより長生きせななって思ってる()

 


ちっこい体から発するパワーってスゴいのな

 

photonews-150503-05[1]  



町田 康が、町田町蔵を唄ってる動画を見た。


ジョンライドンがジョニーロットンを唄ってるのより1000倍サブイボ出た。



DVD
リリース無いかな?無いわな()


Older Entry献杯

Comments

 
待ってたよ、この記事。

おもいきり頷けるおもいきり記述、多数。

いつかお別れが来ることへの覚悟も、もう一回子育ての気分も、毎日話しかけてることも、笑顔が増えたことも、そしてコイツより長生きして看取ってあげなくちゃって思うことも同じ。

ただヒー子ちゃんへの想い、コレだけは俺はわかってなかった。
実家住まいの頃には俺んちでも三代に亘って犬と暮らしてたけど、そんなに長く一緒だった子は居なかったから。
でもこの記事読んで、一番最初に暮らした子の最後を思い出して胸がチクチクきた。
それが17年も一緒だったら・・・。

俺んちには5年前に10年暮らしたウサギが居たんだけど、未だにほぼ毎日、彼女の話が出るんだよ。
で、ゆめのことも自分の跡継ぎのまめ吉のことも何処かで見守ってくれてるような気がしてる。
じゅうちゃんもきっとヒー子ちゃんに見守られてるよ。

それにしても可愛いなぁ、じゅうちゃん。
テリー・ホールとか言っちゃダメ(笑)
もっと全然可愛いから!

 
 
もっと早くに綴るつもりが、ゴッドとミチロウの横やりが入ったので(笑)

うん、10年、15年と先を見ると自分の人生もど~なってるか解らんけど、覚悟を決めて、こいつを送れるまで何とか生きて行こう!って改めて思い直した。

そして、そんな同じ思いを持ってひとつの命と暮らしてる同い年(ココやっぱ大事)の友達がいるのはオレには何とも心強くて背中を押された思いは大いにあって。(笑)ゆめ吉クンの動画を見るたんびに。欲しかったおんなじ豆柴だし。

ヒー子はね、ウチの子供達の妹分として、子供らの成長と共に接していたからホント堪えたのよね。

でも、我が家に笑顔が増えて、ヒー子も安心して守ってくれてるって信じてる。遺影の前でじゅうに、先輩はエラかったんやでぇ!っとか諭しながら(笑)

ゆめ吉クンも一歳を迎えて、陰ながら日々の成長に目を細めていたオレも(笑)ウチのじゅうもこんなに健やかに成長していってほしいなぁって願ってる毎日です。

いや、ホントにテリーホール!ギャングスターズ唄ってる時の(笑)

でも、じゅうもジョニサン似の瞬間ちょびっとだけあるよ!身内びいきでね(笑)
 


 
12 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

11 01


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS