FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

Going Okubo Donikashite(インスタート)


Edit Category こっちのパンク
しっかり遊んだらしっかり仕事をしましょう!っというコトでひとまずのツケ回収。

先月は大きなイベント(遊びの)がふたつもあり、まずは何を置いてものひとつ目!


IMG_4783.jpg


99%あきらめてたけど、沢山の人の助けを借り、無事ここに行ってこれた♡


リトルコリアな町並みにプチカルチャーショックを受けた新大久保での猛者4バンドの狂演♪

当然、ここからの流れでオレ的にはゴッドがマストっていうのは勿論なんやけども、今回は良次雄が原爆と同じ空間に身を置いているその空間をオレが体感する。という私的価値観の中の欠けてたピースを嵌め込む意味も至極あったワケです。

なので、今回はこのイベントを総じて綴ろうかなと。


スタートは、"ゴッドにドたまカチ割られ続けてる愉快な仲間たち♡"の老若男女7人との前呑みから始まり♪

本チャン前からこういう時間はホント楽しい♪あのままダベり続けていたら間違いなくライブ観ずに終わりそうな雰囲気プンプンで(笑)

最後にゴッドの一曲目当て大会が催され、オレの子供より若いK君が"I space smile"にて的中。うん、この日のメンツを考えたら&新生ゴッドを初めて目の当たりにする客もいるであろうのこの中ではこの曲以外に無かったんじゃないか!そうだよ!その通りだよ!と今綴りながら思ってる(笑)若い素直な感性をとうに忘れてしまってるおいちゃんは見習わなければいけません!

因みに、オレ含む同世代組は別に裏かいて捻らんでもええのに(笑)"ストジャン"やら"スローモーション"やらでオレなんて捻る方向間違えて"台湾経由"で撃沈(笑)どうせ間違えるなら"チェインチェイン"にしといたら良かったぞ(笑)


入場後、バースペースで団欒してたら、

IMG_4800.jpg 

轟音にて『SLIP HEAD BUTT』が始まり、


いやぁ、一言で言うなれば熟練!VID SEXの頃から何も変わってない大岩の声の圧と、それをより攻撃的に押し上げるバンドの圧。オレこの時は左側スピーカーの真ん前で観てたんやけど、2曲目で左耳の鼓膜が壊れた(笑)

初めて目の当たりにするエロチックで妖艶な大岩、アジり方もステージングも流石の流石。例えば、キャリアの薄いバンドが思い付きでこういう詞を乗っけて跳ねてるだけじゃ只の色モン扱いやけど、何周も廻り続けてるこの人のキャリアから来る存在感は圧巻の圧巻


"今日はお世話になった人達と一緒に~"っていうひと言にホンワカさせられつつも、
エロ可愛いのは巷にぎょ~さんおる中、こちとらエロカッコ良かった!


IMG_4796.jpg 


それからもうひとつ、紅一点のベーシスト、YUMIRRINのベースがオレのベースと一緒でテンションが上がったんよね♡
記念に少し登場させてあげよう♪控えめに(笑) P1000643.jpg


今やすっかり部屋のオブジェに成り下がってるマイベース。ははぁ~~~ん、あれだけ上手に弾ければあんな音が鳴るのね(笑)


続いて、

IMG_4806.jpg

『THE TRASH』


トラッシュといえば、昔々『虎祭音頭』(裏ジャケにマサミ、ジャジャ、ヒロト、バキが載ってたやつね)持ってた。

当時のハードコア群雄割拠なあの時代に異質を放ってたと思い浮かぶ音も、こういう純粋でゴキゲンなロックンロールが基にあったからこそ今に通じてるんちゃうんかなぁって素直に思った。

正直、オレは今のトラッシュについては知識不足も、オレよりずっと下の世代のファンが拳振り上げて一緒にコーラスしてる様を見てたら何か嬉しくなったし。当時を知る世代としても、まだまだ生き続け演り続けてて欲しい!

そして、今回の告知で『THE TRASH』を目にして一番に思い出したのが、昔々に読んだ何かの音楽雑誌?ミニコミ?でB.のHIROSHIが"外道とINUはパンクだと思う"的な発言を目にした当時の記憶。それで後にINUは手に入れたけど外道は探しきれなかった記憶。HIROSHI違ったかなぁ?いや人違いならホントゴメンなんやけど(笑)


あかん!ハーフ廻って足パンパンになってきた。

ちょっと休憩♡ビアー呑んで昼メシ食って、残りのハーフに備えるコトとします。

続くはず。雨降らんだら(笑)

Newer EntryGoing Okubo Donikashite(アウトスタート)

Older Entry花びら大回転♡

Comments

 
うわぁ~!寸止めだぁ!!!
残りハーフを早く~!!

 
 
スタミナがぁ~~~!!

日毎ちみちみとオロナミンCを呑みながら執筆中!

もうちょいの猶予を~!
 


 
08 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

07 09


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS