FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

カウント4デデンセンシマシタ


Edit Category こっちのパンク Tagged  インディーズ 

昨日の流れからこれ。


チフス

Typhus


Tys2





結成は’80年10月。

って事は俺中3・・・たまげる。



高校の時、一番最初に聞いたのがポリティカルから発売したソノシート。

ブログのサブタイトルしかりで俺の中では色んな音楽聴いてきたこの人生で3本の指に入るバンド。

当タイトルしかり、カンタンニデンセンシマシタ。

最初の香港ガールのカウントで。いとも簡単に。



今を持って類を見ないと思う。日本で最初のハードコアパンクバンドってのに誰も異論は無いはず。



DOLLでのコメントで 「オーディエンスのうけをねらった最近のバンドの音にうんざりしてもっとストレートでインパクトの強いパンク初期の頃の“衝動”をかんじさせる“びんぼうゆすり”の様な音を出したい」 ってあるんやけど、まさしく言い得て妙。



今聞いても小刻みにびんぼうゆすりから始まる。



ソノシート発売時、V.イズミ/18才、G.タム/22才、B.シン/19才、D.タク/21才

俺も超遊びながらバンドをしてたので、その同時期に少し年の上の人達がこんな音を当時掻き鳴らしていた事実。

この興奮と驚嘆は自分にしかわからん事なんやけど・・・すんません。



そういう意味では、メジャーシーンへの興奮は一世代離れたお兄さん方?への畏怖と興奮やったのに対し、インディーズは年齢が同世代やちょい上の人達も沢山いて、時代の流れを共感出来る興奮と驚嘆やった。

然るに、その時その時に、Oh~!シブイ!って思ったバンド(曲)を次々コピーばっかしやってる自分のバンドの軽薄さを日々憂いてましたが(笑)ま~これはこれで楽しかったんやけど。


でも、その時感じた同時期衝動は今も色濃く引き摺ってるし、全然色褪せやんし、時が経てば経つほど“あの時代(自分達もやってた時代)にあの音やもんな~、う~ん、感服・・・”って、聴く度に毎回ひれ伏しちゃうのです。



入手可能な音源は全部持ってるし、今も聴きながらキーボード叩いてるけど、やっぱ、Voがイズミの頃の初期、ケンの中後期問わず、このバンドに感じた初期衝動の殺伐とした空気感が好きなんやな。って改めて気付かされるのです。

その後のイズミ、タム、シンの掻き進むシーンへと繋がる空気感と共に。



ライブLPはもうあきらめたけど、当時の映像ってどっかに残ってないんかなぁ~



見たいなぁ。

Newer Entry28年前のエアポケットで熾った狂気

Older Entryモア通販な日々日々

Comments



 
02 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

01 03


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS