FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

ブラボーみんもこの夜はハッピーエンド♪


Edit Category インディーズ Tagged  こっちのパンク 

プロジェクト絡みの行事が間近に迫った今、他にやるコトてんこもりも・・・

これだけは今、綴っておかねば!


こないだ、大阪行って来た。これ
観に。

10354729_571192083013046_6420569522887497489_n.jpg


KENZI&THE 関西 TRIPS 


IMG_1895.jpg 

@大阪心斎橋 キングコブラ



ケンヂが弾き語りで各地巡って、対バンして意気投合したバンドと繰り広げていった、祝!ケンヂ30周年《KENZI&THEご当地TRIPS》の関西編。

そのケンヂのバックを固めるのが!ここにもしょっちゅ~登場してる、従兄弟夫妻geno&Yukiの奈良のデマンダ!!(右側リンク参照)って耳にしてりゃ、今のこの時期でも何とかして行かねばなるまい!ってハナシですわな。予定の調整に一喜一憂も・・・

デマンダのドラム以外の人事移動としては、本来ベースのアサノ君がギターでYukiとのツインギターで固め、そして何とボーカルのgenoが大役仰せつかり過ぎのベースで参加。

遥か昔の青い頃、オレの下手の横好きの影響もあり、ベース始めたものの、ボーカルに専念してからはご無沙汰のご無沙汰過ぎるぞ!のベース。それもフロントが八田ケンヂ(笑)


当日、ハコ満杯も演者切り替えの際にスルスルと最前のgenoの前を確保し、さぁいよいよ!って時、暗幕の隙からチラッと覗いてみたらgenoの顔、石やった(笑)

その時、昔の娘の初めてのピアノの発表会で手汗ほとばしった感覚が甦った(笑)

そして、右手親指付け根のプックリした部分が痙りませんように!って願った(笑)

でも、始まったら堂々としてたけどね♪


そしてケンヂ!!

この人も偉大なるいっこ上の兄さん世代の一人。

声量や声質は全く以て健在で、俺が30年前に聴いてた頃と何ら変わらないハイトーンねっちょりボイスで♪そりゃも~圧巻でしたな・・・

IMG_1900.jpg 


IMG_1921.jpg 


IMG_1902.jpg



まだツアー終わってないんで、セトリや詳しいレポは自粛も、初期ナンバー炸裂の炸裂! 昔から聞き馴染んでいるあの曲この曲が爆音で鼓膜にスッ飛んで参りました♪

って、実は陣取ってた場所が左手スピーカーの真ん前過ぎて、左耳の鼓膜が臨界点を超えそうだったのでスピーカーにちょくちょく顔を正対させながら(笑)身体揺らしてた。

そして、アンコールでは、あれれ?genoの腰元のベースが消え、Yukiにバトンタッチされてて、ケンヂとのツインボーカルと相成り、オレにも思い入れたっぷりの超初期の2曲を♪
そして、案の定、開放感からの水を得たgeno(笑)は、この時同様、ケンヂに負けずとも劣らない暴発っぷりでカマシてたのでした♪ 因みにオレも一緒にあっちの世界に行ってしまい、すっかり写真撮り忘れてた・・・

しかし何とも、自分がリアルタイムで聴いてた人の横で楽器を弾くっていうのはスンゴいコトよね。光栄でありながらもそれを遙かに上回るプレッシャーや使命感も併せて。genoなんか中学の頃、自家製ケントリ下敷き作ってたぐらいやからさ(笑)

うん、こ~やって、幾多の30周年を各地で観れるだけでもスゴいコトやのになぁ・・・
ってつくづく思う。

終わってからgenoと呑みながら話してたんやけど、ほんとそれこそタイムマシン乗って30年前の自分に教えてやりたいもんです。まぁ、捻くれた30年前のオレは信じやんやろけど(笑)


今回のケンヂもカッコ良かった。リアルタイムでこの時代の音を聴いてきたオレにとっては、オキシドールのメンバー然り、卑龍にいさん然り、今回のケンヂ然り、いっこ上のにいさん世代のバンドマンって、精神年齢は遙か上なんよね。曲がりなりにも同時代にバンドをしてた客観性から生じた衝撃っていうのは、いつの時代になっても変わりようが無いし、変わるはずも無い。ケンヂに関してはスマロ子やイギリスまで遡っていくしね。

そして、全員が全員、昔取ったなんちゃらっていうんじゃなく、本当に今でもカッコいい年の取り方をしてる。

IMG_1932.jpg


終わってからヤスに紹介を受けてケンヂにいさん(直接コトバを交わしたら礼節正しいオレにとっては、にいさんが付くのだ 笑)とも楽しく乾杯を交わした。

方々のいっこ上のにいさん世代の人達って、これ又、ステージとのギャップが又ええのよ(笑)もち、いい意味で。


そして今回、バックをつとめ上げたデマンダのメンバーも、ほんまグッジョブ!フロントマン八田ケンヂをガッチリと囲み、見事なモンやった。

元来ベースのアサノ君は、元々ギタリストだったらしく全然違和感なく弾きっぷりも堂に入ってたし、ドラムのzane君も、堅実&重厚なビートでケンヂ'sトリップワールドを見事再現してたし、ギターのユYuki(並々ならぬプレッシャーも知ってただけに)スゴく本番で解放されてた様に感じた。いい表情してたしね。それと何か、卑龍にいさんの脇で弾いたっていう経験値っていうのも感じたな。そしてgenoは、気分だけでもジュングレイでおらんと押し潰される~!!って言ってた通り、人間腹を据えて開き直れば万事が叶うと齢49にして教えられたぞ(笑)


そして、オレはこのデマンダの名古屋上陸を心から願う一人(他は知らん)。

ヤスにとってもオレ同様、名古屋は紛れもない聖地。出来ればオキシドーターズ(出張やら何やらで幾度か都合付かず、暫く見そびれてるから尚更!)と対バンしてほしいな~!
あっ!欲を千の承知で原爆も一緒の三つ巴で(笑)


さぁ、順番抜かしをしてちょっと横に置いてあったコトにシフトチェ~~~ンジ!!

これを乗り越えたら、これ又すんばらしい瞬間が待っているのだよ♪それを励みに頑張らねば、ネバ、ネバ~ネバ~ネバ~エバ~♪

Newer Entry“いいふ~ふ”の日に高円寺にて

Older EntryベタベタなBetter♪

Comments

 
ギャハハハハ!
石になってた事バラしちゃいや〜ん(笑)

忙しい最中遠路ありがと!
ホンマ、父親参観やったわ(笑)
でもあの緊張感をリアルタイムで共有出来て嬉しかったわ。
目指せ名古屋!
Viva!名古屋’82! ビィ〜バァ〜!
 
 
ガハハ!!でもやっぱ、あそこの瞬間は岩石岩蔵になる!うん、あれは!

オレもあの雰囲気と、違う意味の殺伐感(笑)を共有出来たし、ほんま行って良かったわ♪

そっ!やっぱ名古屋!逆輸入やで。パチモンちごて(笑)



 


 
10 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

09 11


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS