FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

ナンセンスの気付き


Edit Category めんたいロック Tagged  思ひで回顧 

ARBの次はこれ。

THE ROOSTERS 1st 『THE ROOSTERS』

1283183551.jpg  


Fighting 80’sで見て、レコードが聴きたくて聴きたくて、ARB、MODSと共に先に画から入って来てたバンドで片っ端からのめり込んでいったバンド群のひとつ。



このジャケットも又、素ん晴らしいチンピラ風情がたまりません。


結局、このバンドはビッチリとは3rdの『INSANE』までしか聴かへんかったけど、濃密な3枚としてしっかりと俺の中に入ってる。その後の2枚は是でもあり非でもありかな。俺的には。



歌詞なんてまさしく、危うさと穏やかさ表裏一体の狂気と、ちゃっかり当時の俺自身の本心代弁者やったり(笑)言いにくい思いをスパッと爽快♪



そんな一曲お届けします。

Fool For You



高校の時、バトルロッカーズと併せてひたすらコピーしまくった時期もあったし、赤字でのライブハウスで遊んでる中、ビアガーデンで初ギャラもらったのもこの頃。ギャラなんて最初で最後やったけど。


大江の長い消息不明の間、酒席からのノリで、『戻って来い大江!キャンペーン』と題して2ヶ月程、『THE POOSTRS』結成した頃もあったなぁ。懐かしい。


そんなキャンペーンを展開したクセに、その何年後かの再結成解散ライブのフジロックは見たい様な見たくない様な、複雑な気持ちでいた。


大江以外は色んなところで見たり聴いてたりしてたので大江一人のね。俺には、ルースターズ=大江なんで。


でも、このバンドの場合は、巷の客寄せ再結成とは意味合いが全然違うし、長らく周囲から望まれて来たモノと一つのケジメなのである!っと。

そう素直に思えてしっかり見た。その時の真の大江を焼き付けた。

大江は確かに大江慎也であったし、周りを囲むメンバーの思いにも感情移入してしまいたまらんかった。


色んな思いが甦ってきて何故か涙腺が壊れてしもた。これは予想外やったけど。


見ようかどうしようか迷ってた自分をその時は思いっきり攻めました。


当時の尖った姿を勝手に期待するのはナンセンスで失礼極まりない事。

自分も変わり果てたおっさんになってるんやしね。

Newer Entry諸行無常と板挟み

Older Entryオブジェへの宣言

Comments



 
02 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

01 03


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS