FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

キル・ザ・クェスチョナー♪キル・ザ・コメンテーター♪(字余り)


Edit Category 名古屋パンクシーン Tagged  ぼやき 
何だか想うコトが出て来ちゃったので綴ろ~~~っと。


昨日、STAP細胞の女性リーダーの記者会見観てて思ったんやけど、スンごいね・・・

今回の色んな不備に、研究所の上司やその筋の専門家が怒るっていうのは、まあ解る。俺らの解り得ない専門的な見地から見れば、御法度であり冒涜であり腹も立つコトなんやと思う。

でも、記者会見の質問者の、鬼の首取ったろか!!的な攻撃性は見てて怖いし気持ち悪いわ。

特に女性の。トゲあるねぇ~(苦笑)何かどっかの芸能レポーターの声もあったぞ(笑)一回陽の目を浴びた自分より若くて恐らく遙かにキレイ?で科学者然としてない?容姿がそうさせるんか?この機を逃すまい!って感じでヒョエ~~~・・・やで。

このリーダーが不正?捏造?したのか?でお前の生活乱されたんか?っちゅ~ハナシ。


輪を掛けて、どっかのバカコメンテーター群は、真相探求そっちのけで、見られてる意識が強いだの、演技派だの、挙げ句、入院先から来たにも関わらず、髪の毛キレイにセットしてメイクもしてネックレスして自分を魅せようと着飾ってきた感じに違和感があっただの。アホちゃうか。

持ち上げられてた時も、問題発覚なった時も、別段興味もなかったし、記者会見観るまで(あんだけやってりゃ観るわいな)は、別にこのリーダーの肩持つつもりも無かったけど、ありゃ流石に酷いわ。気分悪いもん。

まぁ、その分野で、そういうコトをやったっちゅ~のは許されるべきじゃないコトなんやろうけど、お前が責めるな!って。 Shits!!


あらあら、

ちょっと俺も、んな人のコト言いながらアグレッシブ48になってしまったので、この機にやっぱコレを出しちゃう!!!





この時、オキシのユーさんに、アップしちゃえば~?って言われてたんやけど、この類に疎いのに程があり正しくの他力本願(笑)

キョエ~~~~!!まさかこのバンドが、まさかまさかのチューブにアップされ、白日の下に晒されるとは・・・

30年前の自分に教えてやりたいもんどぇす・・・

35?34?33?年前(年代不明)の時代に、にゃ~ごやの地で掻き鳴らされてた、ここにもいたよ!恐るべき十代!の、この、ちんぴらハードパンク!!


なんつっても、この筋は深いのだ!そしてあの筋より気持ちいいのだ♪

Newer Entry24回目の春も平穏也

Older Entryオノボリサンガスカイツリーニムカウの巻

Comments

ちょっと真面目に言わせてもらいます 
「誰にも平等に発言権がある」今のこの時代、それを何に対しても、何を言ってもいい(顔も名前も出さずに)とはき違えてる人が多い気がします。
今回のようなのも、直接、自分に関係なくても本当に興味があれば言っていいと思うんです、俺は。
誹謗中傷が目的だったり、単に話題になってるからって冷やかしでじゃなければ。
だから今度のも思いましたよ。「あんたら、ホントに言うほど興味あるの?そのことに」って。
俺は自分が興味を持てないモノは何処にも書かないつもりです。

ところで!
ロッカローラ、あの時代にこんな音出してたとは!
バンド名のネーミングセンス含め、つくづく名古屋は独自すぎ。奥行き深すぎ(笑)
今みたいに世界中、どこでも何でも共有出来る時代では生まれえなかったんじゃないでしょうか。

それはそうと、あの筋ってどの筋?(笑)



 
 
んじゃ、俺もマジメに(笑)

専門家や同じ研究者が怒るのは解るんです。

それが明らかに、あれ記者会見じゃなく、興味のない者からの吊し上げの攻撃オンリーが大半だったですよね。それに違和感があっただけで。

中には、きちんとした質問もあったし、ニュース番組はそうでもなかったけど、朝や昼のワイドショーは特に酷かった。

キャラもあるんでしょうが、あの女性一人だけの責任じゃ決してない訳で。

まぁ、俺もさして興味ないんですけどね(笑)観てしまったモンの負けで、気持ちの行き場がここしか無くて(笑)


そう!ロッカローラスゴイでしょ~~~~!!!博多もそうですけど、東京に無い地方の独自文化があの時代から音にも反映してたのかなぁ?とかつくづく思ったりします。ザ・オリジナルって感じで。

あの筋?刹那に思い浮かんだはずのその筋!(笑)
 


 
02 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

01 03


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS