FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

狂い~咲~き~♪ 1stナイツ


Edit Category 名古屋パンクシーン
何とも何ともの濃密な2日間を過ごした。

ちょっと二部作にせんコトには収集付かずなのでまずは1stナイツから♪


オキシドールのG.ユーさんが四日市でセッションライブをやるとのコトでお誘いいただいて行って来た。

ユーさん曰く、ライブはともかくもその後をお楽しも~♪っというコトで、内容は聞いてたのでワクワクしながら飛んでった。


IMG_1410.jpg 
ユーさんベース!!


到着がギリギリになってしまい、ライブ自体はちょっとしか観れずも、ラフでカオスプンプンながら、イッツフリーダムスペース!な感じで音と絶妙やった!ああいう空気感、俺好き。ちょっとバンドやってた頃思い出した。


そして終演後、すぐさま二次会会場のカラオケボックスに移動。

後半に繋がるべく、このカラオケボックスっていうトコロが実はミソなのだ♪

二次会にはユーさんの他に、オキシドール再結成に尽力されたユーさんの友達のお方と、ユーさんの弟分的なバンドマン(25才!若い!)の彼と4人で。


おっと!もとい!カラオケボックスが実は二次会ではなく、結果三次会というコトになったのは、ちょっと腹減ったねぇ!っというコトになり、カラオケボックス隣の居酒屋に移動したからなのであ~る。

この居酒屋二次会から、も~強烈で・・・

何がって、盛りがってたトコロに輪を掛け、B.のグンさんもかなり遠方の仕事先からわざわざ駆け付けてみえて,途中から参加ですもん・・・


いや~、楽しくて夢の様な時間やったなぁ♪

俺が狂ってた当時の名古屋パンクシーンの人間関係悲喜交々話(笑)に始まり…

当時のオキシの話から、名古屋一発目金山サルセカンド高円寺でのこぼれ話盛り沢山に、マッドノンの由縁、スーサイド1983の裏話、プライベートな小ネタ大ネタ、その他諸々。


ひとつでも綴れるモノなら綴りたいトコロですが、あたくしにはそんな勇気は微塵もないので(笑)自主規制という名のオフレコで恐縮です・・・


そして、カラオケボックスに移動し直し、当初の目的企画!

再結成後のライブ映像の大上映会が始まったのであ~る♪

IMG_1411.jpg



これを観ながら又、みんなでワイヤワイヤと盛り上がりの中、ダメ出し&誉め殺しの声も飛び交うわで(勿論、これはユーにいさんとグンにいさんからだけね 笑)

しかし、まさかカラオケボックスでオキシのライブDVDを観れる日がやってくるとは夢にも思わずやで・・・

おまけにとんでもないライブ?映像も拝見したんやけど、これも勿論自主規制・・・。


因みに、この為に、このカラオケボックスのその部屋のみにDVDプレーヤーを付けてくれたという(初めてらしい 笑)店員の彼に助演男優賞をあげる!


そして途中、鑑賞会一旦休~憩ってコトでカラオケ大会が始まり、空気変わって又ワイヤワイヤと♪

各々皆さんが何を唄ったかもこれ又自主規制にしとこ(笑)


長く楽しい夜が続くも、いつの間にやらみんなカラオケボックスで朝まで爆睡~と相成り~。


いや~、こっちも楽しかったなぁ♪

実はこの席、セカンド高円寺の訳ありアフターを経てのユーさんからの有り難き配慮から実現した訳で、重ね重ねユーさんありがとうございました!!



そして最後にもうひと~つ!!


これはお許しを得たので唯一の自主規制解除♪

以前から約束いただいてた、かれこれ30年来の念願だった音源を頂戴した。(セカンド高円寺にも持って来ていただいてたんやけど、その日には叶わずでほんと恐縮やったのです・・・)


それがこれだ!!
IMG_1454.jpg

伝説(過ぎる)の名古屋パンクバンド

『ロッカローラ』

NO  FUN  PIG がスタークラブの前に在籍してたバンドね。


そりゃ、も~長い間、どんな音なのか?色々想像はしてた。初期スタークラブみたいなパンクンロールみたいな感じなんかな?初期原爆のゴリゴリパンクみたいなんかな?とか色々。

そして早速、風呂で身体を清め、ビアー片手に大音量にて拝聴♪ 

思うに、再生ボタンを押す手が緊張するのなんて、そうそうあるもんやないで。

そしたら、全くの想像外のトコロからブッ込んで来たハードパンクに驚愕させられ、ちょっとマジ放心状態になった。

のっけの一発目から、あの古き良き(過ぎる)時代に輪を掛けて、こんなスピードの、こんなとてつもない音が既に掻き鳴らされていたという事実に愕然とし、顎外れるわ、全身の毛はよだつわ、悪寒走って風邪と勘違いするわ、119番ダイヤルしそ~になるわ、過激になっちゃうわ、満足感で心優しくなっちゃうわ(笑)


スタジオライブの11曲入りで音も良くて、1979~1981年のどの辺りか?NO  FUN が叩いてた頃かどうか?は不明も、ノイジーなギターとスピード直結ドラムのベードラとベースが前面にめっちゃ効いてて、ボーカルが是又、唄いっぷりや歌詞が、ほぼ同時期の頃のチフスと重なるかの様な、やさぐれチンピラ度全開で、俺の大好きな音類。
 


IMG_1457.jpg

狂児にいさんがフェイバレットに上げてるのも当たり前の当たり前で。

長い期間を経てようやく納得出来た。
 


そして、こういう期待の裏切られ方は何とも心地が良すぎる・・・

そりゃも~ね!圧巻過ぎるのだよ!


因みにこのバンド、到底こんなトコでは綴るコト憚り過ぎる、ひょえ~~~・・・(汗)な事情によって空中分解してしまったとのコト・・・(日影 晃著の自叙伝『デッド・ロック・ストリート』参照)

う~ん、勿体ない・・・



んな訳で、いやぁ~、改めてやっぱ名古屋はふっけ~な~…と再び心酔し直し、キル・ザ・ティーチャー♪ キル・ザ・ティーチャー♪ と、うわ言繰り返しながら、その場にひれ伏す俺がいたのでしたとさ!とさ!

Newer Entry狂い~咲~き~♪ 2ndナイツ

Older Entryマルでもバツでも好きに付けてくれ!

Comments

凄すぎて 
口をあんぐり開けたまま読みきりました!
いいなぁ~!
そして自主規制エピソードが物凄く気になる!(笑)
 
 
子供の時の様な、クリスマスと正月がいっぺんに来たかの様な二日間でした。

この席も、ユーさんにはホントお気遣いいただいて感謝でした!

自主規制無かったら、●●ばっかりの秘密公文書みたいな長~い文章になってるかと思います(笑)
 
 
そのカラオケBOX密談はスゴ過ぎる(笑)そして濃い!(笑)
そしてヤバい!(笑)
 
 
ありゃ、流石に自主オフレコにしとかなあかんやろ(笑)

まだまだ観続けてたいんで(笑)
 


 
08 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

07 09


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS