FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

サイドメニュー オブ トラトラサンナイ


Edit Category インディーズ Tagged  こっちのパンク 
お約束通り、前回の綴りのサイドメニューをいっちょ。


この日の客層としては、やっぱり同世代、もしくは下でもやっぱ30代以上の男女が多かったと思う中、一人、逆立てては無かったんやけど、側頭部と眉毛剃り上げて、素肌にビシビシの鋲ジャン羽織って、マーチン履いた、何とも親近感の沸く丸ごと昭和チックなハードコアパンクス君がいて、何よりこの彼のアティチュードが素晴らしい!この日の為に、わざわざ神奈川から来阪し、卑龍にいさんに逢いに来たのだ!

実はその彼は、な、な、何と!19才!!

俺の子供らより下・・・

そして、その彼は、卑龍にいさんと対面し感激の余り、涙を流してたそう(笑) う~ん、何処までもナイスアティチュード!!


でもこいつが又、何とも気さくなカワイイヤツで、どこでどうなって、マスベを??って物販席で色々ハナシしてたら、達也経由で知ったそうなんやけど、スゴイ、マスベや卑龍にいさんのコトを嬉しそうに熱弁されて、こっちまで何か嬉しくなっちゃったじゃね~か~!世代を親子以上にまたいでさ。

それで、物販で、彼曰く、血眼になって探してたやつッス!という下記のマスベTシャツをゲットし、俺らからの、荷物になるでもう着ちゃった方がええで!のアドバイスに、そ~っすよねっ!っとその場で満面の笑みと共に着込んでた。



写真

俺も当然ゲッツ!!

ちょっとマスベにはバックの柄が不釣り合い過ぎてでいただけない(笑)


そしたら、その彼、鋲ジャン脱いだ胸にミミズ腫れの傷跡があり、聞くと、どうやら自分のバンドのライブで切り切りしたそう。

何とも嬉し~じゃねーか再び!俺がリアルタイムでマスベを聴いてた年齢ぐらいの彼が、今こうして初期衝動と共にアクション起こしてるってコトが!も~思いの丈は30年の時空を超えたで!でも気を付けてね・・・って思うトコロが正しく親心(笑)


ライブも終わり、その彼も含めて、卑龍にいさん達と一杯やりながら閉店間際まで店で色んなハナシをしてた。


そこで、印象に残ったコトを二つほど。


今の若い子達は、スマホでYou Tube良く観るらしいよね。俺の息子も月末には通信制限掛かるぐらい観てるみたいやし。まぁ俺もたまに観るっちゃ観るけどさ、スマホよりパソコンの方やけど。

彼も良く観るらしく、卑龍にいさんに、そういうサイトとかに今回のライブとかの画像アップしないんですか?っていう質問してた。(彼にとっては、もっと色んな人に観て欲しいって気持ちもある感じで)

そしたら、卑龍にいさんは、ああいうのって画像だけで音は伝わらへんやん?って答やった。撮った他の誰かが勝手にアップするのはしゃ~ないけど、って付け加えながら。

う~む、深い・・・って思いながらも、俺がスゴく心に残ったのが、例え画だけであっても、そのライブに来てる人達の気持ちを大切にしたいんよと。例えば、今回遠路遙々、神奈川から難波のこの会場まで足を運んで来た彼の様な子がおるんやから、云々、てトコロ。

そんなコトバを聞きつつ、ライブに行かんでも、サクッと観れるああいうのはあんま好きになれやんな~。って感じの〆やった。

行っても無い過去のライブを、時には血眼に探してる俺には非常に耳の痛いハナシでございましたが(笑)しかしそこは卑龍にいさん、よそのバンドどうこうでなく、自分のバンドはそういうのでは観られたくないって感じで。

録音してた訳やないので、あくまでもニュアンス的な表現しか出来やんねやけど。


まぁでも、名前を少しでも知って欲しい、知らしめたいっていうアマチュアバンドや売り出し中のバンドは兎も角も、そういう動画サイトに限っての色んなコトバを、卑龍にいさんの口から直接聞き、今回のバンド然り、そういうスタンスでもうバンドはやってなくて、観に来たいモノが観に来て、そこで共有出来る空間を創るコトが自分にとっても快感。って、そんな感じを強く思ったな。そして、それをこうして観に来れてホント嬉しくも思った。


そういえば、昔の頃のインディーズのシーンのライブなんて行ったモン勝ちやったもんね。こんなド田舎の地方はやっぱ厳しかったもん。十代の頃は例え行けるヒマあってもそんな金無かったし。

そんな行きたくても行けなかったライブの写真やレポは、後のミニコミ初め雑誌媒体からの情報が殆どで、ビデオなんて多くは、余りそそられないメジャーシーンのか、ちょっとした安価なビデオマガジンみたいなモンばっかで、例えばリップとかガーゼとかギズムとかのは、当時の俺らにとってはバカ高くて、バイト代叩いてとか、ツレ内で金出し合って一本買うて、コピーガードでひたすらダビングダビングとか。

だからその悔しさから、俺は今、チューブで発掘してる訳なのだ!ってここでは自分を正当化してみた(笑)


そんな訳ですので、今回の暴発ライブの様子は、他の客からまでは関知出来ませんが、俺らルートからは決して世に出ません!!ってありません?解りません(笑)


そんなこんなで、熱き難波の夜はお開きとなり、若き19才のパンクス君は何処に泊まるかも決めておらず、まぁ、何とかなるっしょ!!っと、若さって素敵やねぇ・・・って再認識しながら、歩いて5分のビジネスホテルをしっかり予約していた48才のおいちゃんはフカフカベッドで安眠したのでした(笑)


そして次回、来年1月に、この『スモークランブラー』と従兄弟のバンド『デマンダ』との初対バンに加え、ex.コンチのシノヤンがドラム叩いてる『カチコチ虫』っていう何とも素敵なネーミングのバンドとも一緒に演るライブが京都であるとのコト。

京都って言や~卑龍にいさん&シノヤンの地元!こりゃ、何としても駆け付けねば!

この夜も必ずやそうなるであろうの音狂の宴も決して、You Tubeさんにはアップされやん代物なんやからね! !
 


ってな訳で!

最後に俺もワンショット!! シッぶ~!!
fc2blog_20131007225934b66.jpg

スモークランブラー 卑龍


悪い!geno!パクった(笑)

Newer Entry素面じゃなくてゴメンナサイネ

Older Entryトランストランスサンデーナイツ!

Comments

 
おうてる、おうてる(笑)

いやいや、動画の話は我々なんかアップしまくっとるもんで、ワタクシめも耳に激痛(笑)

ただ、我々みたいな無名のノーブランドにとっちゃ、観てもらうきっかけのいいツールなんよなぁ…
と、同じく正当化発言(笑)
1月待ってるで〜。
カチコチ虫も必見ながら、東京のシスターポールも必狂!
当然ながらデマンダは更に完全必狂の狂い咲きにございマス!(笑)
 
 
そやねんなぁ・・・

でも、もうそういう立ち位置で音は出してないっていうのも大いに頷ける。音歴があるでな。

そやからこそ、直接感じたいんよね。

よしっ!1月何としても!

狂い咲き古都の旅やで(笑)

 
 
卑龍の言葉、重くて深いですね。
カッコイイ、やっぱり。
 
 
あの時代を生きた卑龍だからこそのコトバですよね。

オキシのメンバー然り、ほんとカッコいい年の取り方してる大人達だなぁって思います。

とても一つ上とは思えないです(笑)

 


 
12 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

11 01


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS