FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

献杯


Edit Category こっちのパンク
参列をしてきた。


IMG_6029.jpg 

ここへ。


この日はオレのミチロウ告別式。


IMG_6028.jpg 

IMG_6014.jpg          IMG_6013.jpg

節目の一日にしたかったので何としても行きたかった。そして、献花台の前でしっかり手を合わせて来た。


IMG_6015.jpg    IMG_6030.jpg  


IMG_6016.jpg
         IMG_6037.jpg



バラエティに富んだ素晴らしい音楽葬だったと思う。

只、年寄りには長過ぎた(笑)ある程度とは思ってたけど、17時開演の22時終演の5時間て!降りて来てたミチロウもしんどいで(笑)


勿論ソールドアウトだったので立錐の余地無く突っ立ったままの開演後最初の45分でオレはギブ(笑)多少動いてりゃまだ楽なんやけどね。

実は前日に、寝違えたのか捻ったのか腰が痛くて、猫背のまま足を引き摺りながら遙々お江戸まで向かった年寄りには5時間立ってるなんてとんでもないハナシ。喫煙所行ったり、物販横のモニターで見てたり、階段で休んでたりしてちょいちょい出入りしてた。何やかんや3分の2休んでたんちゃうか(笑)


演者的には、先月のイヌイジュン還暦&バイバイミチロウと銘打った高円寺でのライヴとは対局のメンツ。(こっちの裏追悼も行きたかったけど予定調整検討してた矢先ソールドアウトで叶わず)

でも正直、この日の謂わば表追悼式に誰が出演するのかっていう興味も、誰を見たいも何が聞きたいとかも一切無かった。だから演者の写真は今回一枚も撮ってない。


圧巻だった、達也、久土、坂本に切腹ピストルズが絡んだ「ロマンチスト」「解剖室」初め、沢山の演者が各々の色でミチロウに聴かせてた。その他もサブイボの出る瞬間が沢山あった。でもこの日の曲レポもしない。


只、各々の演目に関して個人的に思ったコトをひとつだけ。

後半のセットユニットの何処かで、何か一曲だけでええからボーカルを抜いたインストで演ってほしかった。ミチロウが唄ってたその時のアレンジのまんまのを。ミチロウが唄っていたパートをオレは感じたかった。声を想像したかった。ステージにミチロウのギターが置いてあったから尚更。そして何よりミチロウも一曲ぐらい唄いたかったと思う。


今回、ステージの右側の大型スクリーンで開演前はライヴの映像が、演者間のステージセッティングの間は最初期から時系列でスライドショーとして流れてた。

ミチロウの死を改めて実感し、受け入れ、オレの中に真の節目が付けれた気がしたのは勝手ながらこっちの方。


今回来れて本当に良かった。

何より公式の告別音楽葬に参加したかった。

それは多分、清志郎の告別ロック葬に参加したかったのにどうしても出来なかった悔しい思いも残ってるんやと思う。清志郎の時はなかなか節目が付けれやんだから。


好きだった人もいつか死ぬ。それは早かれ遅かれ必ず受け入れる。只受け入れ方がオレには大事。自分の中の節目の付け方っていうのがさ。


  IMG_6033.jpg        IMG_6034.jpg   


 IMG_6017.jpg        IMG_6035.jpg  


IMG_6036.jpg        IMG_6032.jpg 

こういうのはいつまでも胸に留め置いていたい。




IMG_6039.jpg    IMG_6041.jpg 
    
IMG_6042.jpg    IMG_6040.jpg

気に入ったのは別に撮って(笑)


IMG_6018.jpg
 
こっちも。



IMG_6021.jpg   IMG_6024.jpg


IMG_6025.jpg   IMG_6026.jpg
 


こんなんもらった。


IMG_6049.jpg   IMG_6063.jpg


際になって配布されるの知ったんやけど、ひとつづつミチロウ使用済とかのピックが付いててサインが入ってたら当たりらしい。勿論ハズレ。


そして、この日の記念にこれを買うて来た。


IMG_6048.jpg 


これ着た日は、献花台の前で合掌したこの日のコトを思い出そう。

そして、節目の付けれた心でこれからもミチロウの音を聴いて行こう。


今度はオレが死ぬ日まで。


令和元年10月14日に献杯。



 
10 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

09 11


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS