FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

う~ん...


Edit Category 独り言
今年も又、清志郎の名を冠したライブがあった様やけど。


オレ、正直言うてあんま好きじゃない。


追悼するなら自分のライブで一曲やって欲しい。


亡くなった後の音楽葬?ロックンロール葬?まではええと思う。でもオレはそこまで。


その後、何かに託つけての追悼と商業主義は永遠に交わらんといて欲しいのよ。


ミチロウは(も)こういう風に利用されてほしくない。オレはね。

いまこそわかれめいざさらば


Edit Category こっちのパンク
ミチロウが死んだ。


平成最後の昨日、思いを綴った翌日こんなシラセを耳にするとは夢にも思っていなかった。

悪夢にも程がある。

望まない二部作にも程がある。


オレが綴った日にはもうこっちの世界にはいなかった。

それは知り得るはずのないコトで仕方が無いコトと解っていても。

空しい。やるせない。


でもオレはやっぱり、マリの時片山広明の時ショーケンの時と思いは全く変わらない。

この思いを経て、悼んで悼んで悼み尽くしたら生を尊重する。

残した証を尊重する。

だから、喪失感はあっても失望感は無い。

昭和のパンクの象徴であったこの人のコトも。


もうひとつ加えて想うなら、ミチロウっていう人に感化された、影響されたオレよりもっともっと若い世代の子達が悼まざるを得ない時、頃、まではさすがのミチロウも生き切れない。

例え、オレら爺の世代が全員没して、ミチロウがまだ生きながらえていたとしてもこの日が来た時には永遠不変に次の子達、次の次の子達の心を抉るコトには変わりが無い。


だからオレはやっぱりミチロウの生の部分を尊重する。

ミチロウの残した証を尊重する。

東北訛りの物静かな青年(少年ではない)の片一方の一片の狂気があの昭和の時代と融合し、暴発し、そして緩やかな原点回帰をしつつ、最後の最後に本来の穏やかな自分に戻り切り、この世を去ったコトと併せて。


AS20190501002456_commL.jpg 

合掌


ありがとう。ミチロウ。


 
05 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

04 06


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS