FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

ざっ・りべんじっ!!


Edit Category こっちのパンク
GOD教授より先に綴るのも憚られるが(笑)残せる内に残しておこう。



先日、ここへTHE GODを観に行って来た。


IMG_5398.jpg

小岩 BUSH BASH


前回の大阪で、近年希に見る大不覚を取ったので!叶えてやったぞぇい!ざっ・りべんじっ!!

って、実は前日まで所用で千葉入りしてて、帰る予定だった日がライブ当日という最近これっぽっちも無かった奇跡的な巡り合わせだったワケでそりゃ延泊するに決まってますわさ♡

その後、地獄が待っていようとも(笑)

でも、あと一日ズレてたら到底無理だったもんね。

過去のゴッド然り、幾多のライブの情報を目にし、予定の調整叶わず白目品剥いたまま卒倒したコト数知れず。たまにはこういうラッキー中のラッキーがあってもええじゃない?


今回もハコ近くでの楽しい前呑みから始まり♪

今回は同世代同年代のメンツだけだったせいか、ハナシが結構マニアックだったり、昔に遡るネタ多しで是又楽しかったなぁ。因みに一曲目当てクイズは全員が撃沈!っていうか、我々世代は捻るのがど~やら大好きみたいやぞ(笑)



    IMG_5434.jpg     IMG_5447.jpg


今回はちょっとセトリから入ってみよう。

左側がステージのノンの足下にあったヤツで、右側が後で撮らせてもらったヤツ。

オレいつも、ライブ中はセトリの存在が当然視界にぼんやり入ってても、極力目で追わない様にしてる。

演目わかっちゃうと、ドキドキ感半減しちゃうからね。

でも、『常識』で盛り上がり終えた時、左側のノンのセトリがこっちにモロ向いてたから不覚にも凝視してしもたのよ(笑)確か。


この日の一発目は、体感叶った、大阪で初披露の『スローモーション 2018』(ソフトな脳で考えたらそりゃこれを一発目に持ってくるんじゃね?も 笑)だったんやけども、この表記見て、はて?と思った。

アンコールやったのかなぁ?ハテナ付いてるから気分次第(笑)やったのかなぁ?とかライブ終わった後、ど~でもいい妄想が頭ん中廻る廻る(笑)


まぁ、そんなコトはさておき。今回のゴッドのライブ、時間的には賞味30分くらいやったんやけども、各パートの所々の音のバランスや噛み合わせが絶妙に感じた気がした。前呑み仲間もみんな同じ様なコト言うてたから、オレの耳もあながち間違ってないとちょびっとだけ見直した(笑)

単体の音のグルーブ感だけじゃなく、Hagalやキンちゃんなんかたかだか4年前後一緒に演ってるだけとは思えない一体感だったし、良次雄が楽しそうに小踊りしてる姿なんか、少なくともオレが観たライブでは見たコト無かったし、そんな良次雄と目が合った時、終始笑顔だったキヨッさんもオレは初めて見た気がするし、ノンはそんな空気感を全身で感じてかスゴい自信満々にアジってたし、そんな一体感は確実に今回のが一番だと思った。

いい意味でバンドが遊んでる感じ。まとまりつつ各々が自由に楽しく。

そんなもんとっくの前に思ってたつもりも、新生THE GODなんかじゃなく、もうTHE GODなんよね。何か今回のライブではそれはすごい再確認、再認識したな。



そしてやっぱり...



今回も...



当日来場のゴッドフリークス全てが思った(はず)のコト第2弾を突っ込まなければなるまい。(
第1弾はこちら



この日のノン。 


IMG_5399.jpg

メイウェザーからの~



 
IMG_5408.jpg
 
脱いだらストライプチンピラスーツで



IMG_5442.jpg

手首にはピラミッドリスト!



 
IMG_5436.jpg

そして足下はラバーーーーソーーーール!!



裾で隠れて、最初バックルかレースかわからんだという(笑)


今回も何という恐るべしなファッションセンス♡


何周廻ったらそんなコーディネートが思い付くのかと!

今回も密かに楽しみにしてたし♪

そして、そんな期待を遙か彼方上回るという(笑)

もうね、尊敬を通り越して、驚嘆と羨望まで辿り着きましたよ。優に。



そして、一目見てオレすぐ思った。



この日のノンは正しく!



ちょっとたりないチンピラ(あれ、どこかで聞いたような)




最後に、自分的にこういうのをちゃんと一回収めたくて、今回やっと成功♪


IMG_5432.jpg 

今のTHE GODをワンフレームに♡


濃密過ぎた30分にカンパイ!!!
 
01 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

12 02


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS