FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

Going Okubo Donikashite(アウトスタート)


Edit Category こっちのパンク
残りのハーフ、オロナミンCで気合いを入れつつ、いざ!


2バンドを終え、いよいよゴッド~原爆の流れとなり。


おっと、その前に!

実はゴッドの始まる前に必然の奇跡が!


この場ではもうお馴染みの、母方の従兄弟であり、"みん’s パンク塾一期生"(んで閉校!っとここは毎回押しておく 笑)の
『デマンダ』のgenoと再会♪


IMG_4869.jpg


何とか行けそう!ってコトで思い切って嫁のYUKIと一緒に奈良から車で上京したらしい。思い切ったモン同士の親戚2人がこの場でひっさしぶりに再会するとは...何ともこのイベント!やっぱ恐れ入る!!


んで、いよいよと、

IMG_4884.jpg 

『THE GOD』


同士
が言うてた通り、ステージ狭しとグルーブ&スイング&今回はダンシングプラスで(笑)弾き踊ってたこの日のHagal。

ジョニ山サン吉を経て、ジョニ川ロト男(わかりにくい 笑)ばりのパラシュートシャツに身を纏い、弾き狂ってたこの日のキンちゃん。

今回、オレが観た中でも一番周りに気を配り過ぎず自由に叩いてて、座ってた菩薩がちょっとは安心して立ち上がったかの様に(笑)思えたこの日のキヨっさん。

この人の毎回違う世界観のファッションのセンスってのが、実はゴッドが持つ世界観の多様さ、自由さと相まっているかの様に思えたこの日のノン。

いつもの様に下唇を突き出しながら、常に何か呟きながら弾いてるんじゃないかと思わせる表情とは真逆の音で威嚇し続けていたこの日の良次雄。

そして、今回の良次雄はこんな感じに一番周りと絡んでた様に思う。

IMG_4885.jpg


ひとり、仙人の様に黙々と弾いてた一番最初の稲生座の姿を目の当たりしてるオレは、この跳ね方がもう異次元的に映って、改めて、時の経過を実感した。嬉しい気持ちと共に。


コレが当日のセトリ

IMG_4852.jpg 


まぁ、いつもより演目が少ないのはしゃ~ないとしても、そんな事はオレにはどうでもええの。ついでに言えばバンド体としての出来不出来も。この日に、このメンツの中、昔の曲だけじゃなくこのメンバーになっての新生ゴッドの曲が半分を占めてて、進行形のゴッドを初めて目の当たりにする客をもいるであろうこの空間で轟音鳴り響かせ、ハコ全体が楽しく揺れてただけで。オレにはそれで十分。

そしてこの日のラスト曲、『常識』で前回のハックでの『Band Aids』同様、客も演者も一緒になって楽しく唄いながら一旦終演した。

直ぐさま、アンコールの声が掛かり、『山あり谷あり』が鳴った。そこでもう一度みんなが声を合わせ、正真正銘の終演後、ノンと良次雄が抱擁を交わした!

最前列でそれを目にしてサブイボが出た。と同時に2人の思いを色々と想像してみた。ここまでとこれからの。ポジティブ思考でね(笑)

そう!これがこの日の生モンのゴッド! 何か文句ある~~~っ??って感じ♪



そして最後に

IMG_4856.jpg

『原爆オナニーズ』


ゴッド流れの原爆て!そりゃずっと此処におりたかったけども、タイロウが原爆セーター自慢してるところをパシャリとした後、ウィ~ア~ 原爆!オナニ~~~ズ!!の掛け声と同時にロックンロールピクニックが始まったのですぐさま退散(笑)


はて?原爆のライブは30年ぶりぐらいになるんやろか?

多分、最後は今池のオープンハウスかな?結婚する前と思うんで、22か23の頃やったかと思う。

まぁ、早々にパンク地元残留孤児になって以来、
6年前のオキシドールの再結成までずーーーーっとライブ出不精のプチ引きこもりやったからそりゃそうなるわな(苦笑)


名古屋パンク大好き人間としては原爆はそりゃね。歴史が違う。
あっ、30周年記念BOX
は見送ってしもたけど。私情優先で(笑)



IMG_4861.jpg 


お馴染みの曲は勿論のコト、アンコールのカヴァー3連発はおいちゃんの肝により一層染み渡って気持ち良かったねぇ♡

当時からの名古屋パンクシーンの中で唯一ノンストップで走り続けてるエディ御大の轟音とタイロウ先輩の扇動。うん!パンク イズ アティチュ-ド!

最後に、やっぱり思ったコトをひとつ。

エディ&タイロウ両人と良次雄が例え同じステージに立たずとも、同じ空間にいる瞬間を体感したかったっていうのは前述の通り。それに嘘偽りは微塵も無いんやけど、ファン心理のワガママ根性として、少しの、ほんの少しのそれ以上の望みを持ってたというのも事実は事実。過去にはあったからこそ尚更。その思いにも嘘偽りは無い。

ましてや、残るひとつのポジションである永久メンバーのドラマーが来場していたのを目にしてしまったので、少しの望みがエラい勢いで膨らんでしまい、(例え一曲だけでも)2人がスターリンに引き抜かれる前の頃に時計の針が戻っちゃった?り?なんかして!?っと、そりゃもう鼻の穴開いてエラいコトエラいコト(笑)

でも...な~~んも無かったんやけど(笑)


まぁ、誰もが"その気"じゃなかったから今回は当然そうなったワケで。それにも至極納得。"その気"じゃないのにやる様な人達じゃないってコトも重々解ってるつもり(笑)

でも、いつか(例えほんの一瞬だけでも)そんなピースが嵌まる瞬間が来るんかなぁ...もしも来るんであればやっぱりこの目で見たいなぁ...

こりゃまだまだ、生きてろってコトなんかもね(笑)これからも希望を捨てない人生になりそうです♡ カムサハムニダ!!


無事、ひとホール廻って来れたのでこのまま19番ホールに進みたかったのですが、膝まで痛くなってきたので、後日。いつか!

 
05 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

04 06


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS