FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

吐き気がするほどファンタスチック♪


Edit Category こっちのパンク Tagged  名古屋パンクシーン 
手掛けてるプロジェクトもいよいよ後半に差し掛かり、ハードからソフト面への移行に伴い、色々と決め事の多い日々。

そんな中、今年最後の、みん's弾丸ツアーでお江戸に行って来た。


IMG_2823.jpg

『SHIBUYA Milky Way』

ここへ。


IMG_2824.jpg

これ観に。



ドーターズのルビーちゃんの長年の夢であったミチロウとの共演♪

これは何を置いてでも目撃者にならなくてはいけない大き~な理由のひとつ!

IMG_2879.jpg

ワンモア! オキシドーターズ!!


そして、ドーターズはこの後ライブの予定は入っておらず、今後は未定というコトらしいので、それも今回上京したもう一つの理由なのであ~る。


思い起こせば、デビューライブ(又言ってしまう 笑)の宴に始まり、見そびれた宴振り幅の大きすぎた宴、そして今回の宴まで、ホント色々と楽しい思いをさせてもらった。

でも改めて、遙かな年月を経て、おないどしのアイドルのお嬢ちゃんがあの時の曲を唄う日が来るなんて、ましてや、当時のメンバーのユー&グンにいさんに両脇固められて、そして、活動後期には、かのパンクレジェンドの後ろで叩いていたex.グールのテツにいさんが後ろで鎮座してるなんて・・・ねぇ?

正直、今もある意味信じられない思いが残ってるっちゅ~のが正直なトコロ。未来ってホンマわかれへんねやね~・・・


そして!
IMG_2863.jpg 

遠藤ミチロウ


この人もオレにとって古き良き時代からのパンクレジェンドの一人。

オレ、アコギのミチロウ見るのは初。うん、ブッ刺さって来た。声が、ピッキングが、左足で激しくリズム取る様が、そして佇まいが、存在感が。


初めて生で聴く、『オデッセイ~』、『おかあさんいい加減~』(グループ魂の時のは別モン 笑)、『天国の扉』、そして鬼気迫った『NAMIE(浪江)』は色んな思いが胸に響き心打たれた。サブイボが出っ放しやったよ。


MCでは『おとといルビーちゃんのパパと呑んだ』とか『孫の年の様な子達(ルビーちゃん然り、対バンにそんな年の子もいて)とやれるなんてスゴい』とか。何かそんなコトバ聞くとつい口角上がっちゃったり♡


そして最後に、ドーターズをバックに、ミチロウ&ルビーちゃんのツインVOXにて『ロマンチスト』を♪

IMG_2880.jpg IMG_2881.jpg

ルビーちゃん嬉しそうやったな♪ 



早速チューブにあがってたぞ!グレートタイムリー♪



そして終演後、店内で呑み直した後、ギターケース片手にハンチングとメガネ姿のミチロウが帰るのを見届けた。

地味な服装に身を包んだ小柄で華奢でホントどこにでもいそうなふっつ~のおいちゃんの姿(本人曰くじいさん)。

でも紛れもなくこれが日本のパンク史に欠かすコトの出来ない男の姿。

そして、パパに留まらず、正しく孫年の世代を超えたそのドーターにも思いを馳せられてこの日のステージに並び立ったミチロウって男の姿。しっかりと目に焼き付けた。


あの時代、元来、根が穏やかでもの静かな東北出身のひとりの男の初期衝動がリミッター外れてハッチャけたからスキャンダラスでセンセーショナルやったんよね。元から気狂ったヤツが気狂っても何もおもんないワケで。

厳密に言うと、生粋の初期衝動はフォークで(ミチロウが今回の様な弾き語りフォークから始まってたいうのは後になってオレは知ったので)コケシドール~バラシ~自閉体~スターリンに至るのが次期衝動で今のミチロウは原点回帰の末期衝動(勿論他意はナシ)の体現なんかなと思ったりする。

体調も万全ではないコト色んなトコロで耳にするけど、声の続く限りまだまだ唄い続けて欲しい。そう心から願いつつ、見送った。


その後、近くの居酒屋での打ち上げに今回もご一緒させてもらい♪

そこでは、地元名古屋は元より、大阪、岡山、広島から駆け付けて来た強者達と一緒に楽しい酒を呷りながらハナシに花咲き♡


まぁ、今席も毎度の如く自主規制モンの会話ばかりやった気がするので(笑)綴っても支障ないであろうコトを少々。


●今回のライブでグンにいさんの身体にVID-SEXのG.だった故“TATSUO”氏の名が殴り書きしてあったので、VID-SEXの再結成を再び、いや三度聞いてみた。違うな、お願いしてみた(笑)

グンさんは、無いよ~~~!無い無い!って言うてたけど、あるあると期待しつつ無いとがっかりするので、無い無いと思いつつもしかしてあったりしたら衝撃は百万倍なのでそっちに賭けてみるコトとする(笑)


●広島から遙々駆け付けて来た彼は、Bar『GHOUL』に行ったコトがあるらしく写真も見せてもらった。一見普通の飲み屋さんもリクエストしたら何でも掛けてくれるらしい。でも記憶では店の看板が、刺々しくくて厳つい例のお馴染みのロゴ体だった気が(笑)そしてその流れでみんなで是非岡山行こまい!ってハナシで盛り上がり、オレの車沢山乗れますよと一応アピってもおいた(笑)でも、ホンマ一回行きたいなぁ♪


●大阪から上京のオレの娘より年下の彼女はオキシドールのこれをジャケ買いして、その流れからファンになったらしい。ジャケ買いて!それはオレらの自主盤ソノシートの時代のハナシやで(笑)!それも白目剥き剥きのノンのジャケやで(笑)!でもそういうカタチで入って来た新しいファンもいるんやね~。他にもいるんかな。オレが観に行くライブのお客さんは平均年齢が高いと勝手に思てるから若い子見ると対バン目当ての客と決めつけてしもてて失敬失敬(笑)


しかし、つくづく想うに、どんなバンドの再結成より遙かに衝撃的だった3年前のオキシドール再結成を機に、それまで全くの出不精だったオレがこんなにも色んなトコロに足を運ぶ様になった。いやなれた。それも殆どひとりで。

それをさせるチカラって何かすんげ~な・・・


うん、まだまだ色んな刺激を求めつつ、次は年末!錚々たるメンツの揃うにゃご~やにロックオン!

これこそが正真正銘の忘~~~年~~~会!!

年を取れば取る程、忘れたいコト山程あるんで(笑)全てキレイに忘れに行きまっせ♪

いらないものが多すぎる


Edit Category ぼやき Tagged  こっちのロック 
着実に進行してるプロジェクトも諸事情に重なる諸事情にて遅れてしまっている。

落ち着ける日がいつになるのやら...

それ以外でも色々と思うトコロがあり、心配事が尽きない日々。


ハナシは変わり、ウチには嫁が買ってくれた全録レコーダーがあって、テレビを観る概念がすっかり変わった。

新聞の番組表観て録画する手間はもう要らず、遡って色んな番組を目に出来る。リアルタイムのニュースですら。

オレ昔からずっと、ドキュメンタリーやノンフィクションもんが好きなんは変わらんねやけど、それ以外に昔から観てたテレビって、そんな日々の心配事や憂い事を和ましてくれる存在でもあったはず。少なくともオレにはね。

それがチョロチョロッと早送りで観てみてもそんな番組は殆ど無い。

バラエティも全くおもんない。鼻糞程もおもんない。

興味を持って早送りせずに観る番組は希少。ハードディスクに保存するのはもっと希少。


そんな中、パラパラと幾多の番組を早送りしながら、ずっと前から思ってたコトをひとつ。

今や殆どの番組(情報番組、バラエティ問わず)で使用されてるワイプってあるやん?アレいるかぁ?

オレはその番組を観てんのに、それを又観てるタレントやコメンテーターが映り込んでイヤでも視界に入って来るってどうなん?

映る方も気ぃつこてしゃ~ないやろ?映った瞬間テレビ用に顔作ってんのモロやし。ワイプの女王?新女王?驚き方や気の利いたコメントひとつひとつに気を配って表情作って?


アレは絶対にいらん。男も女も、んなモン関係なく同じ番組を観てる者の顔を見せられる筋合いは無い。

こないなったら、パナソニックさん、テレビのリモコンにワイプ有り無しのボタン付けてんか(笑)


そういえば、せっちゃんも怒ってるねぇ♪ 『さよならキャデラック』で。方や死活問題、方や只の愚痴の違いはあれど(笑)

IMG_2808.jpg 

このアルバム良かった。うん。何が良かったかは伝え様ナシ。感覚です(笑)でも、す~~っと入って来た♪



ふて腐れた顔した再ブレイクタレントや厚顔無恥の政治屋も、それを担ぎ出すプロデューサーも、ドッキリ仕掛けてタレントが笑ってるだけの番組も、自分のどこがいけないの?って聞いてくる番組も、ツッ走る政治屋もデモに参加してくる政治屋も、マイナンバーも、もんじゅも、JKビジネス作る大人も、おやおや、言い出したらキリ無いやんか。

ちょっとお言葉が過ぎました。


ちょっと酔っぱらってんのさ~♪ 文句ぐらい言わせ~ろぉ! ありがとうせっちゃん。先言うてくれて。


ホンマ、いらないものが多すぎる。


とか言うてんのに、あの曲出て来なくてごめんなさいね(笑)
 
11 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

10 12


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS