FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

2014 最後の綴りとして


Edit Category 独り言 Tagged  こっちのパンク 
ふ~~~・・・あっという間にこんな時期・・・

ラッシュで急な仕事が立て続けに入り、年末にせなあかんコトが後回しの後回し。

こういう事態も予測しながら前もって動いていれば・・・と又も後悔やね~

にしても、その度に毎回、"あっちゃぁ~~~・・・!!"言うてるこの学習能力の無さには我ながらほとほと呆れる・・・


しかし、悪いコトばかりでないのが人生!うま年最後の大勝負レース『第59回 有馬記念』!!

馬連や馬単取るには、まずは単勝勝負で1等の馬を見極める眼力がなんぼ!の初心に今一度立ち返り、④ジェンティルドンナ!単勝870円ゲット!!

思えば2014年の競馬人生、年頭の願い空しく、単勝勝負で1着を予想した馬がビリ(16頭もいて、よりによってビリやでビリ 笑)になって、その眼力の無さにボールペンで自分の目突いたろかぁ!とか思った頃もあったけど(笑)最後の最後に、このドデカいご褒美♪いやぁ~、気分は爽快♡ 終わり良ければすべて良しですな♪


 


さてさて、

今年の〆として一年(爆音サンダーロード編)を振り返ってみた。

こっちも色んなコトがあったなぁ。


オキシドールのユーにいさんやグンにいさん達とご一緒させてもらった四日市ナイトに始まり♪

念願であった『ロッカローラ』の音源を頂戴し♪


再び卑龍にいさんの『スモークランブラー』に併せて、シノヤンにいさんの『カチコチ虫』と我が従兄弟のバンド『デマンダ』を初見し♪


『オキシドーターズ』の一発目ライブを目の当たりに出来♪


JHAJHAの今の叫びを体感し♪


信じられないご縁でケンヂにいさんとも乾杯をし♪


そしてこれ又、信じられないくらいの石の顔になったgenoを拝め(笑)



そして、今年最後にまさしくの〆にふさわしいライブを実体験出来た♪

そして、これをすぐリリースしてくれたコトが何より感激♪ 

IMG_2092.jpg


も~ね、何回観たやろね。決まって毎回毎回、電気落として一杯飲みながら爆音で♪

ど~やらオレは、ハイレゾより生モンの音の方が100倍ええみたい(笑)

それに、ホカホカの余韻のまま、すぐ浸れ直せたのも大きいんよ。その分、時が経ってから観てもその感覚は引き摺るし。どんなDVD化もこれぐらいのスピード感でお願いしたいもんです♡


今年もも~終わりかぁ。来年、どんな年になるのやら・・・プロジェクトも来年は、より詳細な詰めに入っていく段階になり、より忙しくなるコトは覚悟の上も、しんどいコトより、ちょびっとだけでええから楽しいコトが上回る一年になったらええな。今年みたいに。

しか~~~し、そう思ったのも束の間、1月のオキシドーターズ(なぞなぞ商会も見たかった)は既に変更不可の仕事が、3月のゴッド再び!のその日は既にプロジェクト絡みの予定が早くも入ってしまってる(涙)

幸先悪いのぉ~・・・


でも、こと爆音サンダーロード編に関しては、ここ数年の間、ほんまに信じられやんコトが起こりまくって、それを実体験してる自分がいるのも事実。

そしてこうなったら、念願の思考は何でも具現化するんじゃないかと錯覚してる自分もいるのであります(笑)

よし!来年の念願思考は『G.O.D(原爆オキシドール)』でい~こ~っと♡


いや、バンドとして正式に復活とかそんなんじゃなくてええのよ。ノンと良次雄の後ろで叩くこの漢が只観たいのよ。ゲストで数曲でもええ。やっぱね。その3ショット!ここまで来たらさ。

チンピラカセットやGET DOWN VALISの頃の曲をねぇ♪『あきれちゃう』や『スローモーション』とまでは言わへんからさ(笑)

個人的には『hey girl !!』 『DON'T HOT DANCE』、そしてやっぱり、新栄の良次雄んちで「俺なんだよ」「俺様なのにか?」と、わめきながらギター弾いてる時に閃いたといわれ、尚且つオレの息子が小学校の頃、車でかかっていたこの曲聴いて、"ひどいやっちゃなぁ~!"っと自然と口から突いて出させたオレの隠れフェバレット♪『俺だぜ』あたりを一発♡

まずは、景気付けに初夢で見れる様祈るとすっかね♪



最後に、この一年、拙いこの綴りに目を通していただいた皆々様、有り難う御座いました。

来年は
齢50にして!!心機一転!!いや!何ら変わる事無く?マイペースでボツリボツリといかせてもらいます♪

よろしければ、又何かのついでにチラリと覗き見して下されれば是幸いです。

それでは皆様、良いお年をお迎え下さい!!謝謝!!

やっすい耳へのお得情報♪


Edit Category あっちのパンク Tagged  インディーズ 
先日、某大型家電店に行ったらハイレゾ試聴コーナーがあって、噂は兼々聞いてたので、この機会にと一回聴いてみたのであ~る♪

サンプル曲どれも知らぬ中、イーグルスの『ホテル・カリフォルニア』があったので、よし!これならオッケー!うってつけ!ってそれを。

そしたら何と!!!全然違いわからへんかった・・・

え~音やなぁ♪とは思ったけどね。カセットテープからCDって当時度肝抜かされたけど(因みにオレの初CD体験は、先輩の部屋で聴いた中森明菜)ハイレゾ、やっぱ違うんかなぁ?まぁ違うんやろねぇ?

何てやっすい耳なんだ・・・


そんなやっすい耳にも、高校2年の終わり頃から暫くの間、どっぷりとハードコア(洋邦問わず)に依存した時期を経たコトによって得したコト思い出した。

それは何かと申しますれば。

いつやったかに、人間ドックでMRI検査受けた時、高音のハンマー音が大音量で検査機の中でず~~っと鳴り響く中(一応耳栓はするんやけど丸聞こえ)“気分悪くなったらボタン押して下さいね~”って言われたのにも関わらず、何とも心地よく恍惚の表情でMRI検査機の中で悦に入ってにんまり顔で横たわれたコト!!はい、快適でした♪





Discharge
ー State Violence State Control ー

ディスチャージは高校の頃、ミュージックライフ誌?だったかにアルバム紹介されてて(レビューがミッキー森脇やったと思う)衝動的にバイト代使った記憶がある。なので、同時に割り勘スタジオ代借金した記憶も蘇る(笑)

このバンドに限らず、何か当時は次世代パンク?的なモノがチラリとでも紹介されてたら、脇目も振らず、引っ切りなしに追い続けていた頃。今は無き貪欲さ満開で。

ディスチャージがその引き金になったコトは間違いないな。『WHY』は随分後聴きやったけど、ここからUKハードコアを手当たり次第。USの方はその後やったな。





G.I.S.M
ー Shoot To  Kill ー

日本で言えばこのギズムもそう。こっちは孫々ダビングのV.A『OUTSIDER』を違う高校のバンド絡みのツレに最初もらって。後にこの盤も勢い止まらず無事ゲット。この時にこの盤と一緒に

ちょっとついでに!ずっと前、こんなの発見してちょっと衝撃で保存してたヤツ


こんな映像実在するんやもんねぇ・・・

他の色んなレア映像ってのもどっかに埋もれてるんやろねぇ・・・


このVA収録の初期ガーゼやラフィン、カムス、マスベとか含め、それまで聴いてたあっちのパンクやにゃご~やパンクは勿論、RC、めんたい全般も聴いてたし、恐らくこの頃がオレの耳、生涯で一番忙しかった頃ちゃうやろか。で、ここで今日まで引き摺る核、ほぼ完成♡

上の曲はちょっと後のやけど、ギスムで指折りに好きな曲。最初、♪しゅ~きょ~♪って聞こえてしゃ~なかったけどね(笑)


ここらあたりの音群ならハイレゾわかったかもよ(笑)


と~き~のな~がれ~に身~をま~かせ~♪そ~こね~♪


Edit Category 独り言
これだけは綴っておこう。オレの私的な記念に(笑)

因みに、タイトルの、そ~こね~♪のトコロは、ま~かせ~♪のリフレインコーラスの代わりに唄っていただければこれ幸いです。


今年も “流行語大賞” なるものがあって、まぁ、毎年別段興味も無いんやけど、今年は衝撃的過ぎた。

ちゅ~のも、発表の前は前やったんやけど、この時期になって、流行語大賞のワード、初めて聞いた・・・

それも、気の合うヤツら沢山と呑んでて、後輩に、えっ!ウソでしょ?マジで知らないんですか!?マジですか?ウソでしょ?マ~ジですか??って疑われる顛末。


コンビ名もその時初めて聞いたし、容姿もその時は全然知らず、それから後日、姿形は何かのテレビでの写真で偶然観た。でも、それも事前に聞いてたから解っただけで、未だに動いてるトコロ見たコト無いし、流行語大賞のフレーズも一回も生で聞いた事が無い。

いや、そのコトバ単体なら流石に何処かで誰かが言うてるのを耳にはしてる?のかもやけど、認識まで追い付いてなかったんやと思う(笑)


テレビは日頃から普通につけてる(ついてる)とは思うんやけど、今日びのお笑いってオレには全然おもんないから、確かにお笑い番組やバラエティってほとんど見やんけども。それにしてもやで。

まぁそれで、自分から動画探してまで見るコトも見たいコトも無いし、これからも、見る機会が無かったら別にそれでええんやけど。ご縁が無かったっちゅ~だけで。


しかし、流行ってオレの知らないトコロで思いっきり流れてたんやね・・・


オレその間、何処へ流れてたんやろ(笑)


 
12 2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

11 01


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS