FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

“いいふ~ふ”の日に高円寺にて


Edit Category こっちのパンク Tagged  インディーズ 

もっともっと、早く綴りたかったんやけど、実際の残務整理と心の残務整理(笑)が追い付かずで今になってしまった・・・(泣)


先日
、この日に至るまでの約3ヶ月、準備含め、何かと不安事や心配事絶えずの日々を経て、やっとこさプロジェクトの中間地点での大きなイベントを終えた。

何事も無く無事に。ふ~~~~。

そして、打ち上げで四日市まで出向き、格別の酒をたらふく呑んで一泊し、翌日新幹線に乗り込み、そして上京~♪

って、そう!この為に動きやすいからっ!というだけの理由で打ち上げを地元でせず、オレが四日市に独断で持ってきたんどえす!!ドS!!

そして、この上京がイベントの翌日にあったからこそ、この大きな山を乗り越えれたと言うても決して過言では無い程、どれだけ励みにしたコトか♡あとは急な仕事が入らないコトだけをひたすら願いつつ・・・そして我を天は見放さず!無事に!行って来れた!!


IMG_1946.jpg 


THE GOD @高円寺 稲生座
 

定員38名のプライベートギグ感満載の一夜♪



ホントに、10~20代の頃なんかヒマはあっても金無かったしで、東京まで来て当時のゴッドを観るなんてコト到底叶わずやったから、オレは初めての生ゴッド!なので私観中心に♪


IMG_1954.jpg

やっぱ、この2ショットやよね。



まさか本当に再び両雄相見えるとはなぁ。感慨深し過ぎるよ。2年5ヶ月前のまさかのオキシドール再結成から、自然な流れから来る自然な期待感と共に、どこかでいつか!のこの融合を切望してたからね。

前回二人だけで新宿で融合した時は、日程的に到底無理で泣く泣く断念したので、今回は何としても!の決意でいたワケです。

ましてや、今回はドラムに中村 清!!って聞かされたら尚更っしょ。24年ぶりに3人揃ってのゴッドが復活やもんなぁ。

開演ギリギリまでメンバーもハコ内でまったりしつつで、さ~、ぼちぼち始めまっか~っ的なラフ~感じで始まったものの、一発目が「Band Aids」で!!早くも全身の毛穴全開で基礎熱が2℃上がったぞ。


 IMG_1973.jpg



まずはノン!初っぱなから、びっくりしたのがこの日はMAD NONちゃんじゃなかった!(まぁ、復活オキシドールの後期との比較対象だけなんやけど 笑)

攻撃的に客煽ったり、時にはしっかりと唄い込んだり。声もスゴく良く出てたし、この日はフロントマンのノンをしっかりと感じれたな♪



IMG_1969.jpg



そして、良次雄!椅子に腰掛け、殆ど動かず目を瞑り仙人の様に黙々と奏でてた。正直、リフもソロも本調子には全然程遠いはずなんやけど、たまに、お決まり&お馴染みのフレーズを完璧な音でカマして来るのよ(笑)絶妙に。ボソボソっと呟くボケと併せて♪でも、それで十分!この人は。

オレ、良次雄は1回っきりしか観れへんかった地元に来たスターリンの頃、観たっきり。(金欠少年には東京までは無理なの!くどい? 笑)そして、再びこんだけの期間を経てね・・・改めて思ったよ。この人、あの頃のスタークラブ、あの頃の原爆、そして、あの頃あの頃のザ・ゴッドの良次雄で、今ここで再びギター弾いてるんやんなぁ・・・って。ありきたりな思いやけど、年輪がびっちりと滲み出てたのと同じくらい長い長い思い入れがあるからね。


IMG_1970.jpg


そして、ベースのHagal!も想像してた以上にバンドの音としてしっかりと絡み合ってた。ブログ読んで、今回のGOD復活を一番感慨深い思いで迎えたのは間違いなくこの人やったと思う。それに併せて、この3人と一緒にステージに立つっていうのは相当な覚悟とプレッシャーがあったとも思う。でも、自ら言う様に技術でなく、ハートで演奏した思い♪こちら側にもしっかりと伝わって来た音やった。


そして、ドラムの清っさん!はノンの一挙手一投足をずっと確認しながら絶妙にビートを刻んでて。

IMG_1949.jpg


こんな感じで。



達也といい、中村姓ドラマーはやっぱこうでなくっちゃ?(笑)でも一番どっしりと堅実にリズムキープしてて核になってた(くれてた)。当然、今回の大半を占めた「Speaker~」と「I'm not~」の曲は、やっぱこの人よ!スゴいカッコよかった!!


オレ今回、(勿論、音にも痺れたんやけど)今のゴッドの生モンのステージ観られるだけで演奏の出来が云々とかには別段興味も無かったんよね。誤解恐れずに言うと。それよりか、この場でしか感じられやん生モンを目と脳に焼き付ける思いでオレは上京したつもり。

それは例えば、ゴッドのアッパーな部分でのノンの攻撃性だったり、もうこのまま寝てしまうじゃないかと(笑)思う程のダウナーな世界観だったり、ノンが良次雄や清っさんと交わすアイコンタクトだったり、「Namakemono」でノンにボーカルチェンジさせた時の良次雄の表情、仕草だったり。他も沢山。

色々印象に残ってる瞬間があるけど、今回オレ的にもって行かれたのが、今回のはドリンクタイム挟み2部構成やったんやけど、

IMG_2011.jpg 


セトリはこんな感じ♪


2部目の最後の曲、「Banana」の後、ノンが最後に


(ノン)“みんな良かったかっ?”

(客)  “イェ~イ!!”

(ノン)
“だったら良かった!” “サンキュー!!”


って両手広げて満面の笑みで返して深々と頭下げたトコロ。


本当にゴッドが好きな38人が衆議院解散の暁に集結した(笑)バンドとしてのゴッド復活ライブ♪

待ち望んでた客ひとりひとりの心情をこの日のノンはノンなりに考えてくれてたんかなって思ったら、しみじみと嬉しさが込み上げてきた。

なんつっても、今回のクレジット名が“Love Peace NON”やからね(笑)愛と平和をオレは感じたよ♪でも、もし次回があったなら、その時の保証は無いんやけど(笑)

そして、そんな余韻に浸ってる最中、良次雄の“風邪ひくなよ” “宿題やったか?”のオチで無事終演。


IMG_1982.jpg



・・・のはずも、余韻に浸る間もなく、アンコールをハケる前からせがまれ、即興で良次雄が「Zen:Bu」を唄い、客大合唱にてお開きと相成った。


今回、残念ながらオレのナンバーワンフェバレットの「Stocking You」は演らずも、聴きたかった「Band Aids」、「常識」、「Bulu Buru」、即興やったけど「Zen:Bu」etc...そして、「山あり谷あり」が聴けて嬉しかった。山あり谷ありなんて、私的にこの数ヶ月の思いに照らし合わせてジ~ンと来てしもたよ。


ほんま、前回のオキシドール以来、今回もド田舎からわざわざ新幹線乗ってのお上りさんも、こういう瞬間の為に毎日あ~やこ~や言いながら(言われながら)気張ってるんよ!って思いをつくづく再認識。


IMG_2008.jpg   IMG_2009.jpg


お疲れのトコロすいませんでした!

でも、こういう思いこそが財産なんです!

両方自撮りですが(笑)



今回、歴史的な一夜を他の37人と共有出来て本当に良かった。って心から思えたし、帰りの新幹線で、ずっと「Speaker~」と「I'm not~」を繰り返し聞いてたら「CRYING TIME OVER」でジーンと来たよ・・・


うん!“いいふ~ふ”の日に(行きの新幹線車中で知った 笑)融合したこの日の盟友二人に乾杯!!そして、この“いいふ~ふ”の日に余所の芝を青く思ってたオレに献杯♡

お~しま~い!!


って、ここで終わらないのが今回の江戸トリップス!ライブが終わり、今回、無事再会出来た同士からのお誘いを受け、アフターでここへ行ってきた。


IMG_2013.jpg


THYMOL
 



マスターがRCマニア(過ぎる 笑)のBAR。


IMG_2015.jpg   IMG_2016.jpg


店内がこんな感じで♪せま~い店なんやけどすんばらしく居心地が良かった。


まぁ、キョロキョロしっぱなしやったけどね(笑)


そこで、終電近くまでこの日のライブのコトから色んな音楽のコト、同士の近しい人達とも一緒に話しして。

ほんと楽しかったなぁ・・・オレ地元でこんだけマニアックな音楽ネタで話出来るヤツなんて皆無やからさ(苦笑)

昔一緒にバンドやってたヤツら、みんなチリチリバラバラやし、年取って遊びでバンドしてたヤツらも一世代違うと、一応好きなモン被っても嗜好の核は全く違うからね。ゴッドのライブなんて行くはずも無いし(笑)

ライブは勿論のコトやけど、アフターも負けず劣らずの楽しい時間で、久しく感じてなかった種類の楽しいひと時満喫でした♪

同士初め、あの時間を共有してくれた皆々様、本当に有り難う!又、ステキなライブと共にこんな空間を共有出来る日が来ますように!!

って、季節外れの短冊(何回目?)に書いとこ♪


そして最後に!何かねぇ・・・ここ数日ポカ~ンなんよねぇ・・・(苦笑)

ひとつの忙しい山超えた安堵のポカ~ンと、あんなに楽しみにしてたモノがあっという間に終わってしまった切なさのポカ~ンで・・・これからの時期は何かとせわしなるし、まだひと山ふた山あるのになぁ・・・


でも、一日も早く社会復帰出来るよう気張らなあきまへん!人生山あり谷ありなんやからね♪

 
11 2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

10 12


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS