FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

後ろに歩くように俺もできていない


Edit Category Family Tagged  SION 
プロジェクトもいよいよ実質的な準備段階で頭がショート寸前の中、憩いの一時。


嫁と帰省中の息子と三人で京都へ行って来た。

所用絡みやったんで当初は日帰りの予定も、どうせなら一泊すっかってコトで。


一泊するならと、宿何処にするやら?晩メシ何食うやら?色々計画しつつ。

“じゃらんnet”と、急遽買うた“まっぷる京都”で。

計画は勿論俺一人で。こんなん大好きなんで♪


所用を済ませ、旅館の風呂でたらふく暖まり、タクシーで晩メシ食いにここへ行って来た。

ゆっくりと部屋食にしても別に良かったんやけど、京懐石やら何やらの和食中心ばっかでインパクト薄しやったんで素泊まりプランにした。まっぷる京都に載ってたここへ行くのだ!って決めてたんで。


 IMG_1529.jpg

天下一品 先斗町 味がさね


何と、こってり天一がやってる和と中華中心の割烹料理屋♪  こんなんあるんやね。

タクシーの運チャンも知らんかった。味がさねって天一がやってはるんでっか!?っていうてはりました(笑)

決め手は?そう!ここでも天一のラーメンが食えるって書いてあったから!!



IMG_1539.jpg  

鴨川沿いにあるんよね。

川床で食って呑んだら気持ちえ~んやろな。

その季節にもう一回来たいもんです。 




IMG_1534.jpg 

てっちりなんぞも食いながら。


ってでも、初っぱなからエクストラコールド(ありゃあかんね)を連続グビグビで、料理の写真、後で見たらこれしか撮ってね~でやんの・・・


でも、これはしっかりと♪ 

IMG_1537.jpg  

ちょっと、店的にこってり控えめ?も旨かった。
 
うん!決め手正解!〆には1000点!


本当は天一発祥の地に来てんねやから、純粋に俺は天一でも良かったんやけどさ~~~

嫁が食えやんので、即却下やったワケです。ホント即(笑)

珍しく3人が揃って酒呑んで(飲めやん嫁は案の定、梅酒三分の一でアウトで俺にスルーも)是又3人揃って顔真っ赤にして京都の夜を満喫満喫♪



この3月ってのは、只でさえ忙しい通常業務に輪を掛け、今年は4月から着工のプロジェクト準備の忙しさに拍車が掛かりそう・・・


暫くブログ綴るのもちょっと厳しいかな・・・


全く時間無いって訳も無いんやけど、準備段階でパソコンに向かって、色んな資料とにらめっこしてると、もう、字~自体見たくないので御座います・・・

寝る前にもう本も読んでないし。

ええ感じに綴りたくなる出来事でもあって、気分転換出来りゃええんやけどな。

いや、ヤケクソ発散綴りかも(笑)


音楽は結構聴いてて、暫く、この通りのロッカローラ脳やったんやけど、
今は、最近ゲットしたこの盤をずっと聴いてる。

陽と陰(モチええ意味で)の俺の陰の部分なんですが。

その時の気分よ気分。

IMG_1554.jpg

不揃いのステップ / SION



宅録シリーズ収録の曲をバンド仕立てで+未発表曲も。

いつもの顔ぶれ、藤井一彦、井上富雄、池畑潤二、等が後ろでどっしりと。

今回は藤井&井上、両氏がアレンジもしてる。

シオン自らのカシャカシャギターと囁き呟く感じで唄う宅録シリーズもええけど、バンド仕様もエエね。シオンの声が全然違う。
 
ライブDVDも付属♪、こっちはまだじっくり観れてないけど、こういう2枚組はホント有り難いよなぁ。昔では考えられやんもんね。



京都旅行中も頭で廻ってたこれ。アコーディオンの音と共に。




後ろに歩くように俺はできていない

今日を行くだけだ  たとえカメより遅くとも

後ろに歩くように俺はできていない

今を行くだけだ  たとえ誰より遅くとも

それでも後ろに歩くようには

俺は出来てないのさ


もうひとつ。

これも大好きな収録曲『路肩の花』の一節。


悲しいのはイヤだな  楽しいのが

いいに決まってるが  なかなかそうは  な

人が笑う数と  人が耐え忍ぶ数は

もしかしたら誰もが  同じなのかもしれないな

誰かさんよりましとか  誰かさんはいいなあじゃなく

これだけはやるぜ  そんな俺でいたいぜ




一応、決意表明ぐらい残しとこかと(笑)挫けそうになる前に(笑)


よっし!後ろに歩かんように前だけ向いて頑張るとすっかね!

 
03 2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

02 04


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS