FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

狂い~咲~き~♪ 2ndナイツ


Edit Category こっちのパンク Tagged  インディーズ 
ちょっと、今日はプロジェクト絡みのパソコン仕事が長く、早くも、も~目がシバシバしてるんやけど・・・


旬な思いのまま、2ndナイツを綴っておきたいので、『男たるモノ!時には無理をしなくてはならぬ!』っていう親父の遺言(ウソ)に沿って気~張ろっと。


因みに、タイトルの、“狂い~咲~き~♪ "ってトコロは、チャゲアスの、“ひぃ~とぉ~りぃ~ざぁ~きぃ~♪"のメロディで読んでいただけるとコレ幸いです。


四日市ナイツが嬉し楽し♪で終わり、朝速攻帰って来て、(帰りの電車車中で、田んぼの景色見ながら、ユーさん初め皆さんには名古屋からわざわざこんな三重くんだりまで下って来ていただいて(グンさんまで)ホント恐縮&有り難かったなぁ・・・って改めて思ったわ)そして、2ndナイツの為に、詰め込んであった仕事を一気にヤリ上げ、京都へコレを観に、しゅっぱ~つ!


75491274_191.jpg


従兄弟夫妻(ここでも度々登場の)のバンド『DEMANDA』と、卑龍にいさんの『スモークランブラー』、意外にもの初対バン♪(スモークランブラーのBが従兄弟嫁だけに意外でしたな)

このメンツに、ex.SS、コンチのシノヤンがドラムの『カチコチ虫』プラスで。


トップバッター(今日びこんな言い方せんか 笑)が、従兄弟genoと従兄弟嫁Yukiの『DEMANDA』!


 IMG_1436.jpg



カッコえかったでぇ~!音源や映像は幾つか送ってもらってるんやけど、生見は初めて♪

オープニング(こっちやね)やったから、仕事詰め込んで、間に合う様ブッ飛んで来た訳やからね。


感想としては、ゴン太い演奏は勿論も、何か嬉しかったっていうのが正直な思い。

俺が一番トチ狂ってた青い頃、もっともっと青かった時代のgenoに『みん’sパンク塾一期生(んで閉校 笑)』として、色々なパンクを注入して来た頃から長い年月を経て、その血となり肉となったであろうエッセンスを体現してたコトに感慨深かった。

そして、体現してる場の横でG弾いてるのが嫁っていうコトも。

音がどうこう云々て、嫌いな音なワケ無いもん。同細胞で出来上がってるトコロはそうそう突然変異するモンちゃう。キャップ斜めにかぶってスクラッチでもしてたモンなら説教やけど(笑)


そんで、ふたつ挟んだ後、シノヤン率いる『カチコチ虫』。(前にも言うたけど、何て素敵なネーミングなんだ!)

う~ん・・・堂に入り過ぎやわ・・・シノヤンのドラム・・・

巨体でピョンピョン飛び跳ねてたSSや、モヒカンで頭振ってるコンチ時代のシノヤンも勿論の勿論、カッコ良かったけど、ドッシリ構えてブット過ぎるタイコ叩く様は圧巻でしたがな。だって、ホンマにデッかくて、貫禄と威圧感ビンビンなんやもん・・・関西パンクシーンの重鎮ってのを差し引いてもやで!!


IMG_1447.jpg
ね・・・


この『カチコチ虫』と、当日トリを務めた東京から来京の『シスターポール』もカッコ良かった。

○○っぽい、って何処にも例え様の無いオリジナルな世界観プンプンで。


このふたつのバンド見終えた時、ホント心底思ったのが、前綴った卑龍にいさんの"ああいう(tubeとかの投稿映像)ので音は伝わらない"っていう類のコトバ。

今回、このライブ来るに当たり、事前に予習の意味も込めて、tubeで見たんやけど、正直両方今ひとつ俺にはピンと来~ひんかった。やっぱこの時も画だけが印象に残っただけで。音が好きとか嫌いとかだけの問題や無くてね。

でも、実際に生見して、バンドから発する音圧というか、その場で感じる空気感や世界観っていうかを体感しながら聴くとカッコええんだわ。

よ~言う、毛穴から入ってくる感じ?ほんま、身を持って再認識したな。一回も聴いたコトの無いバンドを観に行くっていうのもほんま久しぶりやったし。


そして、今回の『スモークランブラー』は、ヒロシにいさんいなかったので、トランスフォーマーの曲は無しのスリーピース!


IMG_1451.jpg



今回強く思ったのが、卑龍にいさんのテレキャスの音のけたたましさ。前の時より、より甲高く爆裂してた気がする。え~音してたなぁ・・・

だからかどうか?今回のは黒く太くって感じより、卑龍にいさんの声も攻撃的にブッ刺さって来て、こっちはこっちで、どえら~カッコ良かった。

でも、ちょっとした事情があり、当初の予定より演奏時間が短かかったんよね。そこんトコ残念でした・・・


でも、流石です。それまでだいぶ(ホンマだいぶ)飲んでて、"も~眠たなってきたわ~"言うてらしたのに(笑)

そして、終わってからはウォッカ飲んではりましたが(笑)


以上、こんなカタチで京都の夜も存分に満喫し♪、“狂い咲き2days”が怒濤の様に過ぎ去って行ったんやけど、翌月曜日に仕事関係の寄り合い&料理旅館での新年交礼会が入ってた結果、変形3泊4日のツケが回り、流石に身体ダルダルやったので、食うだけ食って飲むだけ飲んで、サッサと(こっそり)寝て放電したのでありました。

お~しまい!



PS.

明日、オキシが演ったセカンド高円寺のハコで、『無期懲役』っていうネームで、卑龍、達也、タツシ、のマスベのオリジナルメンバー3人が音を出す。

そりゃも~、ど~~~~しても行きたかったけど、流石に入ってた予定どうする事も出来ず、今回は断腸の思いにて断念・・・(涙)

卑龍にいさんは"も~多分やらへんかわからんで~"とか言うてたけど、そんな殺生なコト仰らず、次!切望!絶対!何卒!

ロマンスの・・・もとい!パンクの神様!見放さないでね~

狂い~咲~き~♪ 1stナイツ


Edit Category 名古屋パンクシーン
何とも何ともの濃密な2日間を過ごした。

ちょっと二部作にせんコトには収集付かずなのでまずは1stナイツから♪


オキシドールのG.ユーさんが四日市でセッションライブをやるとのコトでお誘いいただいて行って来た。

ユーさん曰く、ライブはともかくもその後をお楽しも~♪っというコトで、内容は聞いてたのでワクワクしながら飛んでった。


IMG_1410.jpg 
ユーさんベース!!


到着がギリギリになってしまい、ライブ自体はちょっとしか観れずも、ラフでカオスプンプンながら、イッツフリーダムスペース!な感じで音と絶妙やった!ああいう空気感、俺好き。ちょっとバンドやってた頃思い出した。


そして終演後、すぐさま二次会会場のカラオケボックスに移動。

後半に繋がるべく、このカラオケボックスっていうトコロが実はミソなのだ♪

二次会にはユーさんの他に、オキシドール再結成に尽力されたユーさんの友達のお方と、ユーさんの弟分的なバンドマン(25才!若い!)の彼と4人で。


おっと!もとい!カラオケボックスが実は二次会ではなく、結果三次会というコトになったのは、ちょっと腹減ったねぇ!っというコトになり、カラオケボックス隣の居酒屋に移動したからなのであ~る。

この居酒屋二次会から、も~強烈で・・・

何がって、盛りがってたトコロに輪を掛け、B.のグンさんもかなり遠方の仕事先からわざわざ駆け付けてみえて,途中から参加ですもん・・・


いや~、楽しくて夢の様な時間やったなぁ♪

俺が狂ってた当時の名古屋パンクシーンの人間関係悲喜交々話(笑)に始まり…

当時のオキシの話から、名古屋一発目金山サルセカンド高円寺でのこぼれ話盛り沢山に、マッドノンの由縁、スーサイド1983の裏話、プライベートな小ネタ大ネタ、その他諸々。


ひとつでも綴れるモノなら綴りたいトコロですが、あたくしにはそんな勇気は微塵もないので(笑)自主規制という名のオフレコで恐縮です・・・


そして、カラオケボックスに移動し直し、当初の目的企画!

再結成後のライブ映像の大上映会が始まったのであ~る♪

IMG_1411.jpg



これを観ながら又、みんなでワイヤワイヤと盛り上がりの中、ダメ出し&誉め殺しの声も飛び交うわで(勿論、これはユーにいさんとグンにいさんからだけね 笑)

しかし、まさかカラオケボックスでオキシのライブDVDを観れる日がやってくるとは夢にも思わずやで・・・

おまけにとんでもないライブ?映像も拝見したんやけど、これも勿論自主規制・・・。


因みに、この為に、このカラオケボックスのその部屋のみにDVDプレーヤーを付けてくれたという(初めてらしい 笑)店員の彼に助演男優賞をあげる!


そして途中、鑑賞会一旦休~憩ってコトでカラオケ大会が始まり、空気変わって又ワイヤワイヤと♪

各々皆さんが何を唄ったかもこれ又自主規制にしとこ(笑)


長く楽しい夜が続くも、いつの間にやらみんなカラオケボックスで朝まで爆睡~と相成り~。


いや~、こっちも楽しかったなぁ♪

実はこの席、セカンド高円寺の訳ありアフターを経てのユーさんからの有り難き配慮から実現した訳で、重ね重ねユーさんありがとうございました!!



そして最後にもうひと~つ!!


これはお許しを得たので唯一の自主規制解除♪

以前から約束いただいてた、かれこれ30年来の念願だった音源を頂戴した。(セカンド高円寺にも持って来ていただいてたんやけど、その日には叶わずでほんと恐縮やったのです・・・)


それがこれだ!!
IMG_1454.jpg

伝説(過ぎる)の名古屋パンクバンド

『ロッカローラ』

NO  FUN  PIG がスタークラブの前に在籍してたバンドね。


そりゃ、も~長い間、どんな音なのか?色々想像はしてた。初期スタークラブみたいなパンクンロールみたいな感じなんかな?初期原爆のゴリゴリパンクみたいなんかな?とか色々。

そして早速、風呂で身体を清め、ビアー片手に大音量にて拝聴♪ 

思うに、再生ボタンを押す手が緊張するのなんて、そうそうあるもんやないで。

そしたら、全くの想像外のトコロからブッ込んで来たハードパンクに驚愕させられ、ちょっとマジ放心状態になった。

のっけの一発目から、あの古き良き(過ぎる)時代に輪を掛けて、こんなスピードの、こんなとてつもない音が既に掻き鳴らされていたという事実に愕然とし、顎外れるわ、全身の毛はよだつわ、悪寒走って風邪と勘違いするわ、119番ダイヤルしそ~になるわ、過激になっちゃうわ、満足感で心優しくなっちゃうわ(笑)


スタジオライブの11曲入りで音も良くて、1979~1981年のどの辺りか?NO  FUN が叩いてた頃かどうか?は不明も、ノイジーなギターとスピード直結ドラムのベードラとベースが前面にめっちゃ効いてて、ボーカルが是又、唄いっぷりや歌詞が、ほぼ同時期の頃のチフスと重なるかの様な、やさぐれチンピラ度全開で、俺の大好きな音類。
 


IMG_1457.jpg

狂児にいさんがフェイバレットに上げてるのも当たり前の当たり前で。

長い期間を経てようやく納得出来た。
 


そして、こういう期待の裏切られ方は何とも心地が良すぎる・・・

そりゃも~ね!圧巻過ぎるのだよ!


因みにこのバンド、到底こんなトコでは綴るコト憚り過ぎる、ひょえ~~~・・・(汗)な事情によって空中分解してしまったとのコト・・・(日影 晃著の自叙伝『デッド・ロック・ストリート』参照)

う~ん、勿体ない・・・



んな訳で、いやぁ~、改めてやっぱ名古屋はふっけ~な~…と再び心酔し直し、キル・ザ・ティーチャー♪ キル・ザ・ティーチャー♪ と、うわ言繰り返しながら、その場にひれ伏す俺がいたのでしたとさ!とさ!

マルでもバツでも好きに付けてくれ!


Edit Category SION Tagged  ニュ~ウェ~ブ 
佐久間正英氏が亡くなったっていうシラセを聞いた。

覚悟はしてたつもりも、余りにも早過ぎる・・・

紛れも無く、俺の初期衝動に影響を与えた人物の一人。

どうか安らかに。

R.I.P   まーちゃん




いよいよと、プロジェクトの展望と共に、まだ少し先ではあるものの実働準備のシミュレーションで頭がいっぱい。


あっ!あれも!

いや!あれの方が先か?

いやいや!その前にこれやろ!

あっ!あれすっかり忘れてるやん・・・!

っとか、ちっこい我がの脳味噌の容量には限界がありますな・・・ショート寸前やわ。



そんな中、最近はシオン率高し。

あんまりうるさい音楽やと、頭で整理仕掛けた覚え事がこぼれていきそうで(笑)


うん、場面場面で鳴ってる。

こないだ、気心知れたいつものヤツらと新年会?でもないけど飲みに行って来たんやけど、帰りに歩きながら、コレが思わず口に吐いた。




午前3時の街角で 摂氏0度の息を吐く 白い

非常用の空元気を 全部呼び出して

あの車が行ったら この道渡りきろ

しおれてられない

しおれてられない

しおれてられない


これも大好きな曲のひとつ。

まぁ、時間は3時じゃなく、ピヨピヨ限界の1時半やったけど(笑)




呑んで、笑って、帰りには、これも大好きな曲。暫くリピートしながら帰って来た。tubeには無かったけど・・・


『ひと笑い』 

そんな場合じゃないけど ひとつふざけてひと笑い

ひとりくすっとひと笑い

そう言やその昔先生に「ふざけている場合じゃないだろ」言われた

先生それはちょっと違うな 笑って泣くのを堪えていたのさ

あれは夕暮れ帰り道 口笛で悔しさを追っ払った



コレも実体験なんかなぁ~?何かキュンってくる。



ひと笑いの後は 四の五の言わずに

やる事をやれるだけやるだけだ

後は マルでもバツでも好きに付けてくれ

そして夕暮れに肩を抱かれ 命の水を流し込むのさ

五臓六腑にしみわたれ 俺はまだきっと大丈夫

やる事をやれるだけやるだけだ

後は マルでもバツでも好きに付けてくれ

俺ならまだきっと大丈夫



そう、もう開き直ってやるしかない!

正しく、今やれる事を俺は目一杯やるから、後はマルでもバツでも好きに付けてくれ~!!って感じ。

感情移入できますな~♪

そして、その気持ちのまま、毎夜毎夜、五臓六腑に染み渡る命の水を流し込むのであ~る。今もね♡


そうやっていれる内は、しおれてないし!まだきっと大丈夫!!

ワントップ粉砕!のはずが返り討ち~


Edit Category 映画・テレビ Tagged  FAMILY 
今年は平穏な正月を過ごせて何より。


元旦も、娘は帰って来れて、嫁も休み取れたしで、お袋と妹一家と一緒に。息子は去年同様、大晦日から千葉までバイトに行ったんで、完全に勢揃いとまではいかんだけど、昼からたらふく呑んで、夜は嫁の実家行ってたらふく呑んで。

2日は娘の彼が挨拶に来て、いろいろくっちゃべって。 お二人さんも色々あるのね(笑)

昨日は嫁と娘と三人で焼き肉食いに行って、今日は嫁とゴルフ行って。

そりゃ~、毎日飲み過ぎピヨピヨも・・・


しか~し!

12dfa9e4d5e16a6998ebfe3bd7a19a9c.jpg 

それ以外は、部屋に籠もって、ずっ~とあまちゃん祭り見てた♪


以前綴った様に、俺いつも話題になるモン見そびれてて、今回も話題になったツートップを全然見てなかったんで、この機会に片方のワントップを潰してやるぜ!っと!! こっちは特に見たかったし♪

見た感想・・・正直に言うと・・・・・・めっちゃ面白かった(笑)やっぱ、流石クドカンやね。ツボ押さえてるわ。

ストーリーは元より、今昔の時代背景、挿入歌、小ネタ、そして何て言うてもキャスティングはシブいね。

キョンキョンに薬師丸ひろ子、そして、俺らの年代には感謝感謝の美保 純(笑)

主人公の女の子も、みんな言うてた様に可愛かった。変に芸能界に染まらずにいれたらええね。

まぁ、それより無意識に、カヲルとバイト君を目で追ってる俺がいましたけど(笑)
 

そうそう!

去年の11月にWOWOWで、RIJF2113のグループ魂やってて、その時のカヲルの衣装が、上から下まで例のあまさんの格好で(当然腹ぽっこりで)、その時は当然、別に何とも思ってなかったんやけど、今回のひとつのカットで、その格好の主人公の女の子と真面目な顔のカヲルが芝居してたトコロは超笑った(笑)まぁ、これは俺特有のツボで♡


ついでにちょっと脱線するけど、このフェスの魂も凄まじかった。トリか!?って思うぐらい、んな訳ないんやけど(笑)の客との一体感で。アジり方もやっぱウマいんよなぁ。

興味のひとつも無いであろう遙か遙か後ろの客まで拳上げさせちゃって♪ つくづく、ええスタンスにいるバンドやね♪



あまちゃんに戻~り。

この連ドラ、生で見てたら毎日色んな意味で楽しみやったやろな~って思いながらも、まとめて見るのも悪くなかった。俺の性分には合うてたみたい。只、ダイジェストやからだいぶハショってあったみたいやから、出来ればもう一回ノーカットで見てみたい。それぐらい面白かった。

まぁしかし、今まで朝ドラなんて、ひとっつも見たこと無かった俺が、これで又違う朝ドラ見るっていうのは絶対無いんやけど。

クドカンやったから、見てなかったの後悔したんやし、今回の10時間のも見れたんやと思う。


次はもう一つのワントップ!こないだ、寄り道でレンタル寄ったら、もうレンタルされてたけど、当たり前に一本も残ってなかったんで、ほとぼり醒めたら敢行予定!

それで、飲み屋で今になって、“じぇじぇじぇ”と“倍返しだ!”を連呼してやろうかと・・・!

ふっる~!!!!って言われるのを全て計算に入れて(笑)

2014年 生きてっからね


Edit Category SION
新年あけましておめでとうございます。


今年も、拙さ100%の当ブログをチラッとでも覗いてくれる皆々様、何卒宜しくお願いいたします♪



去年のこの時期は、急な仕事が立て続けに入り、てんやわんや師匠やったんやけど、今年は今のところ、平穏な正月。
 
まぁ、昨日から予想通りの予定通りで飲み過ぎピヨピヨやけど♪

何も無ければ、一年で一番まったり出来る時期、このまま、平穏であってほしいと願うばかり。



今年も年頭の願いとしては、常日頃思っているコトと何ら変わらず。


“特段エエ事なくてもいいから、特段悪いコトがありませんように!”


そして、今年こその願い。

うま年に因んで。“俺の競馬運が上がりますように!!” 何卒!! 

早速頼むぜ!金杯から!


そして、今年も。

俺がどう足掻き頑張っても、どうするコトも出来ない間接的なコトは頑張らないコトにする。

決して俺だけでなく、関わる者全ての未来の為に、こうあるべき!と思うコトに少しでも近づける様、いくら俺が気を揉んでも本来頑張らなけりゃいけない立場のヤツがまずは頑張らなけりゃ意味も変化も改善も無い。

頑張ろうとしている姿や努力が少しでも見られれば、最大限の理解と協力は惜しまへんけど、頑張っても無いヤツ、頑張ろうともしてないヤツに、俺が気を揉んでいくら気張ってみても無駄。

もう、そんな無駄なコトに無駄な気苦労や労力使うより、俺が気張るコトによって、直接状況が目に見えて変化するコトに頭も身体も全力を尽くす方が大切で意味のあるコト。

去年の中盤ぐらいにそう悟ったので、今年もそうする。

それも、今年の大切な誓い。

っていうか、期待した分の反動で、虚しい気持ちにもうなりたないだけかもしれやんけど。




昨日、パソコン内を整理してて、保存してあったこれを又読んで、改めて奮い立ったので、今年の一発目はこれにしよっと。


SION ロングインタビュー “人にいえるほど、俺は何かをしたんか?俺も恥を知らなきゃいけないね”


このインタビューすごい良かった。


高校3つ辞めてたとか(ひとつやと思ってたんで)、『12号室』に関わるコトバは勿論も。


デビューからずっと聴き続けてるシオンの今のコトバ。

明らかに震災以降のシオンの詞は変わったし、誰に?何処に?って解るダイレクトなコトバが増えてるのも事実。 それが又、より一層刺さるんやけど。

その象徴的なコトバのひとつ、「宅録第4弾~同じ空の下、違う屋根の下で~」収録の『恥を知れ』の一節 が、 2011年の野音(上記アルバムのリリース当日)の『マイナスを脱ぎ捨てる』の中で“突然”出て来たっていうのも驚きやったし(※後発の『Kind of Mind』の同梱DVDに収録)何より、偶然でも必然でもなく、この“突然”っていうのが好きやな。

シオン自身、この瞬間の収録を残せて良かったって言うてるけど、同じく観れて良かった。


“突然”今までとは違う角度に強烈なコトバを吐いたシオンと、インタビュータイトルのコトバのシオン、両極やけど、どっちも本当に本音の人やと思う。

“今までたくさんアルバムを出してきたけど、『あれはちょっとなかったことにしたい』っていうのはないもんね”って言えるからこそ、この人のコトバは心に響くんよね。


そして、印象に残ったのは、(SIONの歌が多くの人に伝わっていかず)小手先でやっている人達の方がいい暮らしをしていたりする、そういう社会って寂しくて悔しい。って伝えるインタビューアーに。

“寂しいし、悔しいけどさ。それ言ってどうする?ってなるから、黙々とやることをやるしかないんだよ。変な話、死んでからのほうが長いんだぜぐらいの思いで黙々とやる。そしたら死んだ後ぐらいに、正しいジャッジが下るんじゃないかな。正しいって思えることを続ける、続けてたらそれでいいんだよ。俺、信じてるんだよね、どこかで公平なジャッジがされると。……なんて言ってるけど、信じてないとやってられんこともあるのですよ(笑)”


うん、そやよね!俺も、今、人生の集大成といってもいい大事なプロジェクト抱えてて、色んな声を耳にしたり、色々と思うトコロもあるけど、いつかどこかで公正なジャッジがされると信じて、黙々と頑張るしかないな。



そして何より、今のシオン、このインタビューからも、昔より今の方が充実してるっていうのを、すごく感じる。

やからこそ、この先も楽しみ。ずっと、聴き続けていきまっせ。


最後に、羨ましくも目標にしたいこんなコトバも。


“20代でみんなで呑んでた酒より、30代、40代、50代ってどんどんうまい酒になっていくってのはうれしいなぁ”


こうありたく、こうなりたい!年頭の願いひとつ増えたわ(笑)!




まあいろいろあるさ いろいろあるさ 生きてっからね ♪
 
01 2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

12 02


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS