FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

トランストランスサンデーナイツ!


Edit Category こっちのパンク Tagged  インディーズ 
う~ん・・・暑い・・・

そろそろ空気が変わって来て、大好きな冬を待つだけ!って勇んでいただけに、この陽気には流石にヤラれる・・・

気持ちが悪いわ。


こんなの見っけた。
 

1374173_218482021660582_20335179_n.jpg 


お~!シブい!シブ過ぎる!!

ツアータイトルの“はみ出し者”感が際だって。

同じくはみ出しモンの俺には、はみ出し過ぎて、いらんモンまではみ出す始末。

師走の高円寺は、魂の武道館ライブのクドカンのMCの如く、はみ出しモン達がこっそり集まって、ファンタジックな夜を満喫するのだ!



ちょっと訳あって遅れてしもたんやけど、去る6日に難波ロケッツ行って来たレポでござります。
 

P1000889.jpg
難波ROCKETS


今回は電車で行ったので、景気付けにビアーを煽りながら、悪徳自称マネ?の通称“ジャパニーズ・マルコム”の従兄弟(以下geno)と時間の調整をしつつ、19時頃に店前到着。丁度タイミング良く、genoと卑龍にいさんが外でタバコ吸ってて、七夕以来の卑龍にいさんと握手で再会。

どうやら卑龍にいさん、前日飲み過ぎて、今一つ酔っ払えないとのコトで(笑)あれやこれやハナシをしながら。


今回は対バンが4つで、その頃2バンド程終わってたんやったかな?

その後、genoは物販担当でってコトで一緒に店内に。今回はgenoの計らいで俺ゲスト扱い♡大変気分がよろしゅ~ございました♪genoサンキュ!

それから物販前で、ず~っと飲みながら残り2バンドの時間を過ごし、いよいよ出番の準備の為、geno退散。

代わりに俺が物販担当と相成り!!でもこの物販席のポジションがステージ見るのにもなかなか良くてね(笑)



そんで、いよいよ、スモークランブラーの出番となり!

ここからのライブレポは、毎度の如く敬称略で~、基本ね。


ステージ見渡しながら、ステージ外での卑龍にいさんでなく、昔の孫ビデオや昨今のDVDでじゃなく、初めてこの目で観るステージに立つ卑龍。ライブへの期待感っていう以前に感慨深かった。オキシ同様、こんだけの時間を経てね。


今回は、2曲がオリジナルで、2曲トランスファーマー、3曲マスベって感じ。後1曲あったんやけど、それは後ほど。

マスベの曲を、黒さ太さが微塵も変わってない身体の奥底から絞り出す声の卑龍、そりゃも~圧巻でしたな。

一つの伝説のシーンの真っ只中にいたその人物っていうだけやなく、勿論今は身体に傷一つ付けるコト無くとも、存在感は全く今以て変わらず。

オキシのメンバーもそうやけど、たった一つ上のにいさん世代とはとても思えやんだ。スゴイ年上に見えた。勿論イイ意味で。

一緒に一杯呑んでる時は、スゴイ気さくでエエ人なんやけど、ステージ上で感じる卑龍オーラって筆舌に尽くし難い。文才も無いし。 


ベースとドラムのリズム隊は、我が従兄弟のバンドメンバーやったんやけど、ほんとグッジョブ!最後まで強者達のバックで何ら恐れるコト無く堂々と。そして、前回書いた通りベースの方は従兄弟嫁(以下Yuki)。

自分のバンドではギターなんやけど、え~音で唸ってたな~♪ 堂々としてたし。卑龍の脇で弾くんやで~、だいぶ練習したんやろな~、 も~ね、俺より100倍上手かったもん(笑)


途中ゲスト紹介で、ヒロシ(G. ex.トランスフォーマー、ex.現.奇形児)登場!

そこで、セッティング後、一発、“シャリ~~~~ン”て音出しした瞬間、一瞬でトランスフォーマーワールドへ!!

空気見事に変わったねぇ~


IMG_0362.jpg



ウチの嫁に、これ行く前に、己の興奮を伝えるべく、トランスフォーマーってバンドの誰がど~のこ~のって、説明したら“あっ!トランスフォーマーって、あのロボットの?”って返って来たんやけど(やっぱりね)、あながち間違ってないって思た。変身っていう意味では(笑) 


因みに、ヒロシにいさんは一回もリハに現れず、ずっとリハはヒロシにいさんおる体でやってたらしい(苦笑)おまけに、自分で選曲したにも関わらず、際になって“何の曲やるんだったっけ?”とYukiの全身の産毛を逆立てる発言も(特にトランスの曲は難しい中、必死に練習したんで流石に焦った言うてた)、本線のギタープレーでは何事も無かった様な見事なまでのトランスギターで、さっすがプロやなぁ・・・っとアマチュアな俺は感心の限りでありました。


そして後半、又ゲスト二人紹介します。ってコトになったものの、ちょっと聞き取れず、誰やろ?って思ってステージ凝視してたら、?????・・・ギョエーーーーーー!!ってブッ飛んだ。

一人は卑龍にいさんの前のバンド(スパーキングランブラー)のVo.団長やったんやけど、もう一人が・・・開演まで一緒に物販に座ってたgeno本人であったのだ(笑)

開演前、セトリは聞かん方がええやろ?うんうん!って会話してたけど、まさか本人まで出演とはね・・・!そりゃ、たまげるで!顎ガク~ンもん・・・ 


 それで、高校の時に耳にこびり付いたまま、今以て離れないリフが耳に届いて来て・・・

来たよ~っ!『兵士~』なんやもん・・・!も~、これは狂犬シークばりのモロ反則やで!!

そんで、卑龍の声が乗った瞬間、流石にもうサブイボグァ~~~って立って。立ち過ぎて飛べるんちゃうか?思うぐらい。

生兵士はやっぱヤバかったね。気分はティーンネイジャーに瞬間トリップするっちゅ~の。

しかし、瞬間トリップする傍ら、世紀を越えた今、そこは昔のまんまの『兵士~』じゃなく、正しく2013年版、今の『兵士~』だったのであ~る♪

それは、前述の団長のブルースハープ(かなりパワフルで大音量)が重なり合うっていう♪



IMG_0360.jpg  IMG_0359.jpg 


あの古き良き時代を思い起こす壮年期の貴兄皆様には、兵士にハープ~?うん?って想像出来やんと思うけど、これがすっごいカッコえ~のよ!攻撃的なハープで逆に曲自体が煽らされる感じで。縦揺れ横揺れ斜めもアリよ!で!

俺、身体揺らしまくってたもん。物販席で(笑)


その相乗効果でより一層強みを増した卑龍の絞り声に合わせて、genoのコーラス(卑龍に負けず劣らずガナリ立ててた)。そして、その横で嫁がベースを唸らし、ちょっと感慨深い思いにさせられたなぁ。身内として(笑)


そして、ラストが何と!!『I Wanna Be Your Dog』!!

IMG_0358.jpg IMG_0357.jpg


これがまたしても、最上級に圧巻でさ~!文章力乏しいの再びで、単刀直入に言うと、リチャードヘルの『TIME』バージョン!!

余談ながら、このライブ盤は大好きでございます。


すぐこれを思い出したぐらい、ほんとこんな感じやったな。音も雰囲気も狂気的で。

まさしく、“リチャード・へルュー”(笑)

いや、団長のハープは再び唸るわ、メンバー全員暴発してたから(特にgeno 笑)、

“リチャード・へルューと同じく暴発した愉快な仲間たち” (長い)


そんな訳で、2013年の大阪ではフラストレーション暴発って訳や無くも、ヘナヘナ声の(これはこれで大好きなんやけどさ)ヘルが1977年のロンドンで、フラストレーションてんこ盛りで暴発した感じの比喩でどないでしょうか?って思いまして・・・わかりにっく~・・・


まだちょっと、この日の綴りたいコトあるんやけど、見て下さってる人も、長すぎて目シバシバして来たと思われ、何より俺が目シバシバしてきたので(笑)ライブレポとしてのコレはこの辺で・・・。


後日、旬が抜け切らない内に綴り直しまっす~~!
 
10 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

09 11


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS