FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

不連続の連続を補足で


Edit Category 名古屋パンクシーン Tagged  楽器 
前回綴った記事で書こうと思っててすっかり忘れてて、さっき思い出したのでピヨピヨに負けず綴るコトにした。

まぁ、俺以外の他の誰にとっても、とてつもなくど~でもえ~コトなんやけど、俺にとってはすんごいコトなんで。

今回の原爆聴いて、いつ以来か?何年ぶりかの超久しぶりにベースを弾いた!!

初期衝動に駆られてしまい、長い期間ビクともしなかった重い腰がフワッと上がったしまったのであ~る。

重い腰どころか、指の動きが超重たかったけど(笑)


P1000643.jpg
ご無沙汰しておりました


ベースを弾いた!ってなんて偉そうに言うてるけど、一曲丸々コピッたんは一曲だけ!!

それは何かと言いますと・・・世界に誇る純名古屋製激烈パンクソング!!やっぱりこれやで!『チェインチェイン』!!

いやぁ久々に燃えたでぇ、歌メロ入る前の唸りをこれでもかって(笑)でも、アンプがぶっ壊れていたので、生音で(笑)

錆び錆びの弦をピッキングだけは猛烈強烈に!少しでもエディ御代に近付けぇ~い!って。 

そしたら、エディ’S ギョンギョンベースどころか、生音ビョロンビョロンベースやったです(泣)

しかし、ご満悦ご満悦! ハートが大事なんよ!


因みに何故、この事を忘れてしまってたかと言うと、もう弾いてないから(笑)

初期衝動の実演は又暫し休憩♡


それからそれから、

GODの『化石』や『ゆめ』もこれより前の原爆で演ってたらしいんよなぁ。『俺だぜ』の骨となってる曲もあるらしい。

初期原爆なら良次雄が唄ってんのやろなぁ・・・聴きたいなぁ。

よしっ、いつの日か聴けるコトを夢見て、物欲ならずモア音欲で遙かなるトレジャーハントへ心新たにレッツビギン!


にしても、奥がふっけぇなぁ・・・

不連続の連続を連続で


Edit Category 名古屋パンクシーン Tagged  FAMILY 
春休みで帰省していた息子も東京に戻って行き、又いつも通りの日常にこっちも戻った。

息子も一年だけ先輩になる訳やけど、まだまだ試練と忍耐の日々、貫いて頑張っていって欲しいと願う。


以前にちょびっと綴ってから、しばらくの間ず~っとこればっか聴いてた。ホントにアホぐらいにしつこく♪


『不連続の連続』 THE 原爆オナニーズ

 
P1000638.jpg



AKB? NMB? いやいや、俺はOSU82、KYT82にラブやで! ってな訳の1982年のELLと京都SSでのライブ音源。

あっ、後、別口でIMK(今池)82もラブ(笑)。


ほんと車の中も寝る時もず~っと聴いてた♪


あんま俺、伝説的とかいうコトバ好きやないんやけど、これは俺的に特上の伝説的な一枚なのであ~る!!

何つっても、一番思い入れの強いシーンの重要バンドのひとつやもんねぇ。このシーンの音源ってクラシック聴くぐらい(聴いたコト無いけど)にいつ聴いても心地ええのよ。細胞にドンピっていう感じ。


一曲目の、良次雄在籍版 『発狂目醒し~』 掛かった瞬間、毛穴開いてブッ飛んで、タイロウの変わったイントネーションのカウントにスッ転がされ、良次雄、火遊び好っきゃな~!ってほくそ笑み、エディはやっぱり産まれ持ってのギョンギョンベース弾きだったのだと痛感させられ、良次雄のこのギターの音色は何と表現したらいい?よし!コーラスノイジーって命名しよう!っと思い付いた挙げ句、最後エンディングの2曲、『スタコラサッサ』~『チェイン・チェイン』の流れがもう圧巻過ぎて、も一回毛穴開いて無事昇天・・・

何とも、他のCDと同じ値段でこんだけ悦に入らせてもらってええのやろか?ってまで考える始末。

その時何故か、昔息子と同時期に観に行った『スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐』と『逆境ナイン』との鑑賞料金の比較で当時同じ事考えたん想い出した(笑)

でも、この盤のリスト自体、勿論涎モンやったのはしゃ~無しも、名古屋パンクロッカーズ大好き人間としては、MADE IN 名古屋の『LIVING DEAD(チェイン・チェイン)』や『TRICKSTAR(スタコラサッサ)』(このタイトルの違いこそが良次雄節? 笑)や、『火遊び』『イライラ』『スロー・モーション』『あきれちゃう』なんかを、ヒカゲ、タイロウ、NON、良次雄がそれぞれの個性でガナリ立てる様が堪らん訳なんよ。

しかし、俺この時期の原爆観に行ってる?はずなんよね・・・多分。当時名古屋で友達になったヤツのグッジョブのお陰で流れ流れて。色んなバンドが出てたライブやったと思うんやけど。

今以て、微塵も想い出せやんのやけど、多分この時はライブ行く予定でも何でもなく、昔、そいつん家に入り浸ってたその頃ちょくちょくあった、酔い酔いの勢いでちっちゃな情報を頼りにフラフラと観に行ったひとつなんやないか?と・・・しかし全く記憶が無いんよなぁ。

勿体ない事この上なし!の反面、当時はここに至るまでの思い入れが入る前やったと思うから致し方無いんかとか思い返したりして・・・


そやから今のこの時に、この映像に巡り逢いたい・・・って節に願う訳です。

生きてる間に何とか。

朧気な春の夢


Edit Category こっちのロック Tagged  FAMILY 
ピヨピヨバタンキューの連日、まだ今週いっぱいは忙しいんやけど、今日は短くとも何か綴っておきたい気持ちになったので。

ほんま言うと実は今日もピヨピヨでそれどころやないんやけど・・・zzz


今日はこちらでは小学校の卒業式。

公私共に仲いい後輩二人の娘も今年小学校卒業。

一人はうちに来ても“と~ちゃ~ん~”っていつもグズッてた泣き虫やったお嬢。

もう一人は今からかれこれ12年前、初仲人なるモノをした後輩の子で、その娘はその結婚式の時、新婦のお腹にいた時のお嬢。

二人共しょっちゅう会うてるにも関わらず、改めて、あ~、もういよいよと中学生なんやなぁ・・・大きくなったなぁ・・・って感慨深く思ってた。

そしてもうひとつ、今日は公立高校の合格発表の日でもあって、又別の仲良くしてる知り合いの息子も無事合格のシラセ。

いやぁ、昨日今日と目出度いコト続きでよろし~なぁ♪って思いながら嫁の車乗って仕事に出たら、ほんまドンピなタイミングで、せっちゃんのこの曲がかかりやがって(笑)

そんで記念に綴りたくなった訳でした。


春の夢   斉藤和義




うぐいすが鳴いて 花が咲いて

ユラユラ 春の夢

新しいドアの前で震えるのは誰も同じこと 澄ましているけど




三人共、楽しみの反面、色んな不安も抱えながら新しい学校生活に飛び込んでいくんやろな。

頑張って欲しいっていうより、しんどいコトもあるやろけど、それを掻き消すぐらいの楽しいコトが沸き起こる学校生活になって欲しい。

そんな三人に幸あれ!!


そして最後に、俺のささやかな願い!バンドをやってほしいなぁ♪

まぁ、絶対やる様なタイプちゃうけど(笑)



THIS IS カンフル剤


Edit Category 名古屋パンクシーン Tagged  独り言 
急用ばかりの激仕事が落ち着いたと思ったら、仕事以外で色々なコト有りのここ暫く。

より一層今後考えていかなあかんコト、ビックリしたコト、ショックだったコト、ほんと色々と。ほんとカラフルに(苦笑)

まぁでも、一人で何とか出来るコトなんてたかだかしれてる訳で、色んな力結集して前を向いて進んでいくしかないんやけどさ。モアタフに。


そんな中、これが届いてた!

P1000638.jpg 


P1000639.jpg 


もうめっきり、何かに付け食指が動きにくくなってる俺が待ちに待ってたブツ。勿論CDの方ね。



P1000640.jpg


まさか、1982年のこの4人のクレジットが今日のこの日にこんなカタチで見れるとは・・・感慨深いのぉ・・・


只、今はフムフムと且つ感情殺しながら(笑)タイロウのインナー読んで、目~キラキラさせて掲載の写真見てるだけ。

もうちょっとしたら風呂行って、晩酌しながらメシ食って、ちょびっとピヨピヨになってから超爆音で浸るって決めてるんで。


この代物は今の俺の気分をキレイさっぱり払拭させ、何よりもの強烈なカンフル剤間違いなし! 
 
にしても、音楽って、本来こういう高揚感から細胞が欲するモンやでっ!って、まだ聴いてもないのに(笑)

じっくりじっくり浸ってから、いつか感想綴ろ~っと!

う~ん、楽しみ!!




21回目の日に想うコト


Edit Category Family Tagged  KISS 
こないだ、娘の公休有効活用の為、大阪まで迎えに行って帰りの車中色んな話をした。

こないだ、嫁が友達との食事会だった為、帰省中の息子と居酒屋行って色んな話をした。

もっぱら俺は聞き役で、二人から沢山の話を聞いてやれた様に思う。一応親として(笑)
 

今日は親父の21回目の命日。

忙しい一日なんやけど少しでも綴っておこうかなと。


ブログ始めかけの最初の頃にも綴ったけど、俺の音楽好きに猛烈に拍車を掛けてくれたのは正しく親父。音楽観じゃなく経済面で(笑)

そして、そのきっかけがあってこそ、紛れもなく今がある訳で。


日本武道館が東京の何処にあるかも知らなかった幼気な田舎のクソガキが小学6年生だった時代から、随分の時を経た26年後の今から9年前に武道館にKISSを観に行った。


昔々のメモリーカード探してたらあったあった!  

PIC_0012.jpg 

PIC_0011.jpg



武道館も初めてやったし、初KISSの揺るぎない伝統芸能、あっ、失敬!、揺るぎないライブショー自体も楽しめたんやけど、念願の!って感じやなく、この場所に来たかったあのガキの頃から長い時間を経てほんとにここにいるんやな~・・・ってのが正直な感想やったな。

俺は親父が26才の時の子で、俺の初子の娘が産まれたのも同じく俺26才の時なんよね。

それで偶然か必然か、その9年前の初KISSの時、俺は当時レコードを沢山買ってくれてた親父の歳きっかりになってて、娘が、俺がKISSに出逢った小6の時やったんよね。

そやからその武道館で色んな思いが駆け巡ってたな。

あ~、俺もあの時の親父の年になって二人の子の親になったんやなぁ~・・・とか、あの頃ってな~んも考えず楽しかったなぁ~・・・とか、あの頃まだ親父バリバリに元気やったんやなぁ~・・・とか、色んな感傷に浸ってた。 音楽の出逢いのKISS初観賞の感動そっちのけで(笑)

その挙げ句、『Makin’ Love』のBメロのトコロが何故か当時を想い出すドンピなツボに嵌ってしまい、目ウルウルになってステージが見事にぼやけたの憶えてる。鮮明に。


あのきっかけからもう35年か・・・でも、あれを機に、長いコト色んな音楽耳にして来たつもりも、ほんのちょっとしたこだわりやったり、相変わらずの保守(笑)やったりは変わらずで、好きな音楽への思いはあんま変わってないな。

この先、いつまで今のままの音楽を聴いてくんやろな?

まぁいつか、聴かん様になった時が来たとしても親父との縁が残るレコードは俺の宝物に変わりは無いんやけど。


よし!今夜は、35年前、親父に初めて買ってもらった、KISS 『ALIVEⅡ』 聴きながら献杯とすっかね!
 
03 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

02 04


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS