FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

当たり前というだけの黄昏時


Edit Category SION Tagged  独り言   思ひで回顧 
何とも忙しい年明けの2ヶ月やった。

近年稀に見るっていうより、この2ヶ月に限っては史上最忙やったんちゃうやろか。

休みが潰れに潰れたけど、それでもちょいちょいと楽しい事もあり安穏に過ごせた様な。

帰省中の息子と大阪へワンピース展観に行ってきたり。

娘も一日だけ帰って来れて、4人でメシ食いに行ったり。

3年ぶりにスノボに行って、筋肉痛どころか丸々一週間身体が痛かったり・・・

只、年明けて一回も飲みに行ってない・・・約束も急仕事で何度も潰れたりで。

よって、家呑みでピヨピヨになり~の、9時頃潰れ~の、そんで夜中目覚める最悪のパターンに陥り~ので。


やっぱりお約束でも今月はこれ。当たり前の様に何回も鳴るモノは鳴る。


前にも取り上げてるアルバムやけど。


シオン 『蛍』 より

126735847542216408154_sion_hotaru.jpg 


『2月というだけの夜』


この曲には俺の実体験にも似た描写がある。


「この川で今日から もう泳いじゃいけません」
「水が汚れてきたから もう泳いじゃいけません」

言われたけどこっそり泳いだ
楽しくて夢中で遊んだ

大きな石につかまって 魚といっしょに流れをこらえたり
仰向けで頭だけ出して 流されたりして遊んだ

ふと気づくと あたりはすっかり暗くなっていて
そしたら急にこわくなって 川原に転げ上った

サンダルが何度も脱げたから 手で持って走った
畦道を息もしないで走った

やっと家についた時 えらく叱られたけど
ほっとして 全部ほっとして

あの時の空の黒さに似て
あの時の心細さに似て

あの時のカラッポに似て
あの時とかけ離れた俺が居る



俺のお袋の実家は田舎で山の麓の集落にあって、親父の入退院の度に、その実家に毎回謂わば里子に出されてたんやけど(笑)その家の裏にキレイな川が流れてたんね。

今は見る影も無いけど、当時は浅瀬のトコロでも軽く洗濯してた位で流れもあって、テレビゲームは勿論、一人で遊ぶには大した娯楽も無かったから、夏に決まって遊ぶのはその川が当たり前で。

それで、小学生の時やったかな、ゴーグルなんて無かったから、まぁるい水中メガネと当時俺らの周りで画期的やったシュノーケル持参で一人で上流へ行ってアホみたいにずっと顔浸けてた泳いでた。当時も市民プールではシュノーケル禁止やったし、ここならやりたい放題やって♪

この歌詞の様な細かい描写とまではいかんけど、ほんとず~っと顔を浸けながら、それこそ魚追い掛けたり、重い岩動かしてみたり、川底掘ったり、只ひたすら息継ぎせんでもええ快楽に浸ってて。

そんで、時間も気にせずふと顔上げて我に返った時、ちょっと雨降ってるのに気付いて、この歌詞の様に周りがうっすら暗なってて、おまけに風もちょっと強なってて、もう何かメッチャ怖なって思いっ切り山道を逃げる様に走って帰って来た。そして家に着いて、怒られはせんだんやけど、えらいホッとしたっていう、そんな想い出と被るんよね。その後、土砂降りにもなって。

この曲初めて聴いた時、当時の情景と記憶を穿り出される何とも言えやん感じで再び怖なったもんなぁ。

これも、シオン自身のガキの頃の実体験なんやろうけど、こういう描写、ましてや自分と僅かでも被る描写をこうして絶妙に唄われると思い入れの強い一曲になる正しくの一例。何しろこの人やから特にの特に。

あとちょっとで二月も終わりかぁ・・・何かあっという間やな。


そろそろ飲みに行っかね。いや、魂唄いに行っかね(笑)

 
02 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

01 03


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS