FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

節操ナシのダブルをロックで


Edit Category ぼやき

ず~っと前に、他人様の曲をカヴァーするにあたっての一人ボヤきを綴った事があったんやけど、又それと毛色の似たボヤきたい事がついこないだモヤモヤっと出て来まして。

2~3日前、TUTAYAで本探してたら、店内にせっちゃんの『歌うたいのバラッド』の英詞バージョンが流れて来て、それが何やら女性ボーカルで、なんじゃこれ?って思ったので帰ってから調べてみたら、とある女性ミュージシャンがカヴァーしてるとの事。

その本人は俺名前も初聞きで、どんな人かも全く知らんのやけど、なんだかねぇ~・・・って聴きながら思わず思った。店内で。

それはせっちゃんの曲やったから思わず耳に付いたんかもしれやんけど、それを聴いた時、昔々によ~似た気持ちになった事を思い出したんよね。

それは、若いパンクバンド?(名前忘れた)が海援隊の『贈る言葉』をパンク調にカヴァーしてたのをスカパーで見た事を。


今回の然り、何か全く意図が解らず、まぁ、こんな類は昔から常やけど、ほんと、何処ぞやのお上にやらされてんのか、自分で熱望してんのか、そりゃ、売ってナンボなんやろし、カヴァー自体企画モンて言えばある意味そ~なんやけどさ。

にしても、如何せん安易過ぎて薄すぎて、なんだかね~・・・思いながらたった一言で括れた。ほんと節操ね~な~って。


流石にこの女性ミュージシャンが『せっちゃん』を、若手パンクバンドが『海援隊』をリスペクトしてないでしょ~に~。

真実は定かでない?そりゃそうやけど(笑)

どうやら気分は、せっちゃんの曲やったから?って事だけでも無さそう。勿論これはこれで全然ええ気はせんのやけど。又、ムクムクッと思うきっかけになっただけやね。

まっ、俺が知らんだけで、その女性ミュージシャンやその若手パンクバンドも若い世代から絶大なる支持を得てるのかもしれんし、俺の知らん世間では広く認知されてるのかもしれやんのやけども(苦笑)

ファンの人にはごめんなさいね(笑)


まぁ、素敵なカヴァーをこれでもか!と耳にしてるので、逆にそう思うのも致し方無し~って、ふと思っただけですわ。

ジョニー・ボーイばれてら?る?


Edit Category 名古屋パンクシーン Tagged  独り言 

今日は嫁が大阪の娘の美容室に行ったので一人で晩飯。

ここ2、3日我が家の愛犬ヒー子の調子が悪い。もう来年の1月で17才のおばあちゃん犬やから仕方が無いっちゃ無いんやけど、不整脈やら何やらで時々発作を起こすので心配。

今日は病院で薬ももうて来て、発作も無く落ち着いたご様子。離れて暮らす子供達も心配してる。まだまだガンバるんだ!


この先週末何かと忙しくパソコン立ち上げてなくて、今日久しぶりにスイッチオンしたらネットに繋がらず、色々ゴチョゴチョ調べても改善せず、最終手段でルーターのサポートに電話して症状言うたら、それもう壊れてる証拠です言われる始末で(苦笑)速効買いに行って来た。


もう暫く日も経ったけど、オキシドール@高円寺が終わった。

フォロワーの方々も沢山行かれたみたいで何より。そして、
同士のライブレポ然り、やっぱり思い入れの強い人達があれを目の当たりにすると強烈に残るやろな。いつまでも残像やったり残響やったりが。

俺もそやったもん。

そんな事思いながら、俺行っても無いクセに再び余韻に浸ってて(笑)オキシドール~G・O・D~THE GODと、又しつこさ1000%で聴き入ってた。連日。


そんな中、THE GODの中で一番好きなアルバム。


『speaker to animals』  THE GOD


112025


名古屋パンクシーン大好き人間としてはゴッドは勿論やよね。

でも、これは特に聴いたなぁ。鼓膜腐るぐらい。もう大好きです。

俺、もし『【みん版】一バンドで一曲しか入れたらいけません!フェバレットアルバム(パンク編)』を作るとしたら(予定無いけど)絶対にこのバンドからは『Stocking You』を入れるって決めてるので♪

因みに、NON作詞曲のトリッピング花売り娘の『Flower』と、NONと達也が良次雄ん家のベッドの上で一緒になってわめきながら閃いた『俺だぜ』が俺の中のやむなくの次点(笑)

あっ!G・O・D(名前的には、まぁ時期的にのモノだけやけど)の頃のは入れません。俺の中では違うバンドなんで(笑)ズルイ?いや、全然ずるくない!このバンドに限っては!


アルバムに戻って、この盤は思い起こせば昔の色んな事が甦ってくる。

この盤の、中村は中村でも清の方のドラム、ベードラ思いっきり全面全面に出てるやん。

そやから、当時の後輩でドラム始め立てのヤツが一生懸命聴いてた。因みにラフィンノーズのコピーバンドしてたヤツで参考の為に(笑)

でも、ベードラここまで出て来るのって、そうそう無いんちゃう?バフバフ響いて来るもんね。

それから何と言っても『Stocking You』!!この美沙緒のベースフレーズがすごい好きで、当時自分のバンドはしてなかった頃(色々あった頃でこれは良く覚えてる)でもあり、一人でコピーして悦に入ってた。この音はピックじゃアカン!指や!っていう事で馴れやん指弾きで一生懸命。何処で披露する訳でもないのに(笑)でも弾いてて心地良かった。うん、今聴いても間違いナシにカッコええ!!もうよ~弾かんけど。

それから何と言っても(二回目)NONのいつもの気怠くも少し甲高いボーカルは勿論も、それに合わせ技の良次雄のコーラス、じゃないバッキングボーカル。

最後、良次雄が叫んでキーボード入り~の、清のベードラバフバフ言~の、美沙緒の心地良いベースライン流れ~の、小馬鹿にした様な素敵なコーラスが絡み~の、良次雄のギターが最後唸り~の、で、次第にフェイドアウトしてく様はどうにも形容し難いね。凄すぎて。

そんなはよフェードアウトせんでもええのにって思ってしまう(笑)もう一分ぐらい聴いてたいのに~

この盤は『実写版 ストリート・ジャンキー・ブルース』って感じやな。30年越しに観れたNONも、10代の初期衝動からこの時代がバックボーンにあって今がある。

クッさい言い方やけど、年輪がしっかりしてるから腐らんちゅ~かさ。

そやから俺よか、たった一コ上の先輩があれだけカッコ良く思えたんやろな。


まだまだ聴き続けるよ。しつこいんでね♡

それは、なんくるなくないさ~


Edit Category こっちのパンク Tagged  名古屋パンクシーン 

飲みに行って来た。

結構旨いイタメシ屋見っけて、そこそこ満足しながら。


今回熱唱した中の『自己満魂』の一曲としては、昔一緒に沖縄行ったヤツらと飲んでたんで、もう一回沖縄行きたいさぁ~!って事で、『沖縄行きたい』をピックアップ♪


グループ魂 『沖縄行きたい』


いいはなしーサー いい話ーサー いまいまシーサー

黒田アーサー シークワサー

脇毛ワッサー 乳毛ワッサー

耳毛ワッサーでも なんくるないサー



何てシュールで秀逸な歌詞なんだ(笑)

お陰で(そんな事で)沖縄行きたいモード倍増になって沖縄っちゅうか、宮古島行きたなったな。海一番キレイやったし。


そういえば、いよいよオキシドール@高円寺、近づいて来たっ!

ホント何とかして行きたかったなぁ・・・って近づけば近づくほど思えてくる。

色んなライブに行って(って、最近は全然行ってないんやけど)感じる熱気と7月の名古屋での一発目の熱気って会場入った途端、全く種類が違ったんよね。高揚感とか期待感とかひっくるめて何か尖ってて。

何かああいう熱気、十代の頃に感じてた初期衝動の源流から来る熱気というか、そんなのもう一度体感してみたい欲求が強いんよね~。

でも、この11月、そしてよりによって、この週末週明けが一番忙しいんで流石に断念せざるを得ずで(涙)

いくら魂熱唱しても消化しきれやん何かが残っている今日この頃・・・

正しく、“それは、なんくるなくないさ~”♪



悔しさ余りあるのでこれを爆音で掛けながら綴ってます。当然ながら。

7月の名古屋での一発目。同伴者が録って来た音源ノーカット♪

最前列での収録なんで音質バッチリの超嗜好盤。正しく墓場まで持って行く一枚。

中身に関しても、甦る轟音に併せて、
ライブ翌日に綴ったレポと比較しても、朧気ながらもなかなかの記憶通りやったトコロ多数で言う事ナシ♪

P1000580
P1000581


今回、新曲も又新たにって噂やで、セトリの順も変わって来るんやろな~

く~~~っ!行きてぇ~~~~!!!

勝手にします!これからも(笑)!


Edit Category SEX PISTOLS Tagged  独り言 

やっぱり買うてもうた第2弾(第1弾はコチラ)

やっぱり買うても~たなぁ・・・

どうしよか迷いに迷ったんやけど、原爆BOX見送ったから(苦笑)

 

SEX PISTOLS 勝手にしやがれ!!
《35周年記念スーパー・デラックス・ボックス》

P1000567


中学の時に買うた原盤は高校ん時のバンド仲間(音信不通)に貸したままなんで
30周年記念盤を悔し紛れに買うたのに、5年経って又やっても~たよ・・・


折角やで、このポスターもアイロン掛けて額オーダーして飾ろかな思ったんやけど、額も高いしなぁ・・・

でも、よ~考えたら俺の部屋には掛けるスペースね~や・・・不在中の息子の部屋に飾ったろかな(笑)

デカ過ぎて畳むのに難儀したし・・・



P1000568


ブックレットどころか全カラー100ページのグラビアアイドル並み豪華写真集がこんなに分厚くてすっかりメイン♪

勝手にしやがれ!!発売35周年記念って事なんで、いわばダイアリー本的に1977年の1月からの一年間の事業活動報告(笑)が満載で。

新聞記事やらフライヤーやらオフショットやらライブ写真やらが沢山。

見た事無かった写真も結構あって存分楽しめた。何度も見たなりそうやけど・・・重いわ!


でも、当然ながら、その1年間のみっていうところが潔すぎてよろしい。


P1000570


こっちが音源映像群。じっくりとはまだ全然聴いてないんやけど、最初に、事前にチョット話題に上がってた「Belsen Was A Gas」のオリジナルデモは真っ先に大音量で聴いた。

Belsen Was A Gas (Official)
- Taken from Never Mind The Bollocks, 35th Anniversary Box Set


この曲は長い事スマホの通話着信音にしてた大好きな曲。原盤に入って無くてもね。

遠~いジョニーの声と終わり方がデモデモしてて、まっ、言わずもがなカッコよろし。


でも、俺ピストルズマニアでもコレクターでも何でもないのに、このバンドのこんなのは何で買っちゃうんやろ?

まぁ、世間的に言われている「歴史を変えた一枚」「歴史に残した一枚」って評価に全く異論も無いし、自分的にもそりゃ当然「最高級に相当な一枚」に変わりは無いんやけど、
ほんと何故かムズムズと食指が動いちゃうというかもう魔物やね。

ほんと、サラッと俺のドンピシャスポットを誘惑して来よる。この黄色とピンクのコントラストは(笑)


1977年
というその年に特化したこのボックス。


因みに、これ俺の車のナンバープレート(笑)
P1000571

ちっこ~いこだわりに自己満足している、おっちゃんマインドパンクスには何ともタイムリー♪で勝手にしやがれ!!言われる前に勝手にしてます(笑)

そして、これからも勝手にします♡

 
11 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

10 12


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS