FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

そのときそのときのために


Edit Category Family
今回も自分への覚書含めて。


先日、息子の卒寮式の為、嫁と二人で東京へ行って来た。

IMG_2979.jpg


息子は東京での大学4年間をある専門分野の習得に費やした。1~2年は基礎習得の寮に身を置き、3~4年は応用習得を学ぶ寮に移行しての計4年間。決して花の大学生活、キャンパスライフでは無かったはずも自分で志した道。最後までしっかりとやり遂げた。これは親びいきで無く誇りに思っていいと思う。若い内の苦労は必ず後に実を結ぶはず!


卒寮式後は同輩達との最後の夜というコトで、ウチらとは別行動だったのでここへ行って来た。

ここへ来るのは3回目、もう息子も東京離れりゃ、ゆっくり来るコトも無いやろから、もう一回来ておきたかった。

IMG_2984.jpg

国立科学博物館



IMG_2982.jpg    IMG_2981.jpg

何回来ても、ここのコーナーが一番好き。


示物のリアルさ含めて、(日本の)遙か昔から現代までの時代の変遷に三度思いを馳せたり。


因みに嫁は、せっかくのこの機会にと上野動物園にパンダを観に行って来る!と“スタコラサッサ”と別行動♪

そしたら、繁殖準備の為に観覧不可で(苦笑)悔しさ余ってパンダのスプーン買うて来た(笑)

おまけに、翌日のニュースで繁殖断念につき一般公開再開!とあって、そのタイミングの悪さに“イライラ”する程、原爆チックな(笑)単独行動でした。

その夜は、焼き鳥屋でたらふく呑んで一泊し、翌日息子と合流し、帰省の路へ。


そして、帰って来たら正座で深々と頭を下げ、4年間の礼を言われた。

4年間カリキュラムに沿っての生活だったので、バイトは出来ず仕送りに頼った礼も含めて。

オレと嫁も慌てて正座で相対して労いのコトバを掛けた。因みにオレは風呂行く前だったので半裸の状態で(笑)

仕送りはウチの嫁が自分の給料から出してくれてた。もう親として細々した世話を焼く年齢でも無くなったから、せめて出来るコトをしたいと嫁からの申し出で。

3月に学校自体の卒業式を控えてるので、もう一度上京し、その後は暫く家に戻り、今年の試験をクリア出来れば、最難関の、より厳しい研修に出向いていく予定。これも確固たる自分の志望で。当時の年齢のオレより人生設計の仕方が半端ね~や(苦笑)


娘は娘で、今も変わらず自分の本筋の夢を叶えるための道を邁進中。でももう、今の段階は夢じゃなく目標となって近づいている様子。今のまま頑張れば、今年中には満願成就?とか?

振り返れば5年前、地元の専門学校を経て大阪へ就職する時、住まいの物件を探す為、オレが単独で事前に何度か不動産屋に出向いて色々見て回った。車に自転車積んでって直接ルートを走ったりなんかして(笑)

男ならええのよ。別にどんなトコロでも。共同トイレだろうが何だろうが。でもやっぱ娘はね。立地条件、セキュリティ含め、安心安全を金で買うっていうのもオレには生きた金の使い方なんで、当時の娘の初任給では全然釣り合いの取れない今のマンションを契約した。当然、軌道に乗るまでは家賃の一部をウチらが負担してやって。娘は物件は気に入りつつも悪がってたけど、全くのオレの独断で。

そしてここ暫くは、自分で何とかやりくりもしてたけど、環境や立場の変化や、何かと幅の広くなる人間関係、そして、夢に向けての様々なスキルを身につけて行くにつれて、入り用も次々と嵩んでくるので、一度少しでも安い家賃のトコロに引っ越せないものかと色々当たってみてたらしい。通勤条件少し落としても、セキュリティに関してはオレが譲れへんのは娘も良く解ってるからその範囲で。

でも、大阪の勤務先自体が繁華街なんで、今のチャリ通勤を電車通勤に替えて、可能な限り勤務先から離れても、引っ越し費用や新たな敷金礼金考えたら結局負担はそんなに変わらずで、後は設備や防犯関係を落とすしか無く断念したらしい。って後から嫁に聞いたんやけど。

そしてその後、娘と電話でじっくり話をし、もう一度今のトコロに住む提案をし、その代わり暫くの間、又協力してやるからってコトになった。娘は再び悪がってたけど、結婚するまでは5年前に上阪した時のオレの思いと何ら変わるコトはひとつも無いんでね。そして何より、礼と共に、早く一人前になって恩返し出来る様に頑張る!ってコトバだけで十分。それに、まぁ近い将来結婚するでしょう?し?そ~なったら旦那にバトンタッチするだけで(笑)

人から見りゃ、甘いと言う人もいるやろけど。でもオレには全然。子供達が自分の選んだ道や夢に向かって行く姿を陰ながら見守ったり、何かあった時にいつでも支えられる様に、その為に、ホントその為に、日々の日常をあ~でもないこ~でもないとか言いながら気張ってるって言うても過言ちゃうからね。全然。

そして、正座をして礼を告げた息子、受話器越しに涙声で礼を告げた娘。親として当然で当たり前のコトだと思っているコトを、それは決して当たり前のコトでは無いと思ってくれてるコトが何よりも嬉しかったからそれでえ~のよ。うん。


ふっ、とこの曲思い出した...



おつかれさまの国 / 斉藤和義


そういえば、今回息子に掛けたコトバも娘と受話器越しに最初に交わしたコトバもコレやったな。


何か、久しぶりに聴いてジュワンと来たやんか(笑)

25年目のポジティブシンキング♪


Edit Category Family Tagged  SION 
前回、G.I.S.Mの新譜のコトを綴ったんやけど、すっかり予約し忘れてて、いけねいけね!って普通に買おと思ってプチってみたら何処も完売・・・えっ?プレス何枚やったの?

そしたら、すっかりオークションで高値で取引されてて、何だかねぇ~~

もうそんな流れに乗る歳でもないし。まっ、いつか聴ける時が来るでしょう。



随分と時間も経ってしもたけど、自分の覚書含めて。

先月の22日は、うちら夫婦の25回目の結婚記念日でして。正確に言うと、その日は挙式記念日やったというのを銀婚式を数えるこの年になって夫婦揃って初めて知るという(笑)

嫁が記念に戸籍謄本取って来て、確認してみたら嫁の誕生日に入籍してた。みたい(笑)まぁ、遅れるより前倒しの方がええじゃない?とここはポジティブに♪


記念すべき銀婚式の今年は、嫁のリクエストで山登りに行って来た。山登りって言うても、ある種信仰のお山なんやけど。オレはかれこれ28年ぶり、嫁は初めてで。標高約2000メートルで4時間かかった(汗)

雨上がりで朝靄がすごくて、なかなか神秘的な雰囲気の中、頂上まで全部で50丁あるので、2丁を1年とし、結婚25年に当てはめて進んで行くというなかなかナイスな嫁からの提案の元、スタ~ト!!

しかし、最初の内は、娘、息子が○歳になったで~♪とか、やってたものの、結婚10周年の20丁を境に、余りのしんどさからお互い徐々に無口になっていって、以降それどころやなくなってお互い無言で頂上を目指すという(笑)

IMG_2380.jpg



上の施設で一泊したんやけど、楽しみにしてた22日当日のご来光は残念ながら拝めず。でも雲海が見事なモンで、登りがずっと靄やったから朝になってやっと達成感を感じ、空気も澄んでて気持ちの方が晴れ晴れとした♡


そんで、帰ったら子供達からのプレゼントが届いてて♪息子がいつ行ったのやらシークレットで大阪にいる娘と合流し、手形とメッセージ入りのハンドメイドの陶器の皿とお椀を作ってくれてたみたいで。それと一緒に家族含めての25年間の足跡とも言うべき写真満載のメーセージブックと♡

IMG_2408.jpg


ど~やら、春休みに帰省してた息子がロフトでず~~~とゴソゴソしてたのも制作担当の娘へ送る為の大量の写真をアルバムからピックアップしていたらしい。まぁ、それがココへ繋がっていくとは二人揃って微塵も思ってなく・・・そして、一緒にくれたサプライズプレゼント作成のメイキングメモリーカードには、陶芸ショップや娘のマンションで二人一緒に制作に励む姿が映ってて、又おったまげて。いや~、全く気付かんだねぇ~。


でも、夫婦揃いに揃ってこのプレゼント群にはやられた。モノより、二人が元気にそれなりに頑張ってくれてればそれでオレはもう十分やけど、こういう気の利かせ方のプレゼントには年の分だけ涙腺が弱くなっていかんいかん・・・

何より、いい年した大人の二人が実際に合流し、色々考え合い協力しながらハンドメイドで作ってくれたモノを贈ってくれたコトが嬉しかった。自分達がいつか家庭を持ったら同じ様に感じてほしい思いやし。それと、あれ?案外仲ええんやん!?て(笑)


25年か・・・ちょっと信じられやんね。子供達の年齢感じて、ホントにそれだけ経ったんやなって実感出来るぐらい。

嫁に、“まぁ、あとどんだけ一緒におれるか解らんけどやな” 言うたら、離婚と思ったらしく(笑)いやいや、寿命や寿命(笑)

そんな勘違いの寿命(笑)のある間は、オレらも子供達に負けやん様な一年一年を刻んでいかなあかんね。“オレらはど~でもえ~から”じゃなく、“オレらも幸せに暮らすから、お前らも幸せになれ”って言われやんと、子供達も本当の幸せは得られない。ってホンマそう思ってるんで。


年を取れば取る程、少しづつでも、少欲知足になっていきたいと願いつつ。                         

IMG_2407.jpg

SION 30周年記念アルバム 

『俺の空は此処にある』
より


“けちってる陽だまり”
 
 

窓を開け狭い空 向かいのブロック塀に
久しぶりの三毛猫が ゆっくり現れて

けちってる陽だまりを気にすることもなく
けちってる陽だまりを
全身に浴びて気持ちよさげに目を細めてる

けちってる陽だまりを気にすることもなく
けちってる陽だまりを
全身に浴びてこれが普通とそれでどうしたと



ここんところ、思いもよらなかったシラセを受けたりで、色々な心配事も尽きやんけど、でも、その決断が必ずやいい方向に進むと信じたいし、信じてる。

けちってる陽だまりをプラスに思える気持ちがあればきっと大丈夫!

ディスイズ~ライフ~スタ~イル♪


Edit Category Family Tagged  こっちのパンク   インディーズ 
ユニバに行ってきた。今年も行けたぞよ!の夏の家族旅行で。


息子が、この大学3年の夏休みを自分から志望して出向いた厳しい一ヶ月超の研修期間に費やした。帰省後、 まだ夏休みが残っていたので、そのご苦労さんも兼ねてね。

娘も休み取れたので、当初オレは以前行った京都の鴨川の川床で一杯か、瀬戸内海のんびり渡って讃岐うどんでも食いに行っかなぁ~♪っとか思案してたトコロ、嫁がユニバに行きたいと言い出し、行き先変更と相成り。

振り返ると、確かにオレの計画が年寄りくさいのは否めない気がしないでもない(笑)


でも、みんながみんなえ~大人やし、それにユニバなんてトコロは24の娘も21の息子も親と一緒に行くより好きな人と行きたいでしょ~に!って思ってたんやけど、二人とも快諾で。

娘は大阪に行ってからは毎年、同じく関西にいる彼と一緒に年間パスを持ってたんやけど、今年はお互い忙しく持ってなかったらしく、本人曰く久しぶり&息子は東京在住のため、娘以上に久しぶりってコトもあり?

いや、でもやっぱりオレら夫婦のわがままにつきあってくれたっていうのが正しいとオレは思うな(笑)


ユニバへ来る前日、大阪で所用があり、後から嫁、その後に息子、そして仕事終わりの娘が最終に合流し、梅田の居酒屋でまずは前夜祭♪

IMG_1780.jpg

そこで息子(7日)とオレ(9日)の誕生日を二人からサプライズで♪


去年のサプライズも全く気付かず、今回も全く気付かず・・・何という学習能力の無さ・・・

しかし、うちの女性陣は微塵もそれを感じさせやんぐらいの演技派やぞ。多分。

こうやって改めて数字面見ると、オレももう40代最後の年になってしもたんやねぇ・・・って、つくづく思ったり。う~ん、息子の年に1ヶ月でええから戻りたい♡ 


そして、久しぶりのユニバ♪
IMG_1792.jpg 

勿論、今はハリーポッターのこれでもか押し。



子供がちっこい頃からユニバはもう何回も来てるし、時系列を辿っても沢山の楽しかった思い出がある場所。全部DVDに編集してあるし。 


そりゃ3連休のど真ん中、当然どのアトラクションも2~3時間待ちはあったり前。


しかしながら、これも当然の、“時は金なり”!! EXPRESS 7(俗に言うファストパスね)を毎度の事前購入で待ち時間無くスイスイと♪

ここへ来る度、ファストパス用の専用通路を通っていく最中、大行列に並んでる人たちを見て、まぁカップルはええとして(待ち時間のおしゃべりも青春やもんね)、待ち時間にげんなりしてる子供連れてるおいちゃん見ると、パス買うてさっさと乗ったり~な~って思う。たまに来たであろう(多分)ユニバ楽しむための貴重な時間と引き替えに出来るならそんなべらぼーに高い買いモンでもないやろ~ぉ?っていっつも思う。いや、逆に何でこれ買わずに並んでんの?ってすら思ったり。

価値観の違い?いやいや、その分、晩メシタコ焼きで済ましゃええやないの!

 IMG_1809.jpg

ウチみたいに(笑)



久しぶりのユニバ、スパイダーマンが新しくなって初めてやったし、久しぶりにハリウッド・ドリーム・ザ・ライド乗って爽快やったし(この類い苦手な嫁は案の定、昼食ったミックスグリルが、よりミックスグリルグリルされて最悪やったらしい 笑


IMG_1845.jpg

そして、今話題のハリーポッターゾーンへ。


ここへ来たものの、オレ正直ハリーポッター全然詳しくない。

一番最初のは息子が小学校の時、観に行ったんかな。でも2作目で息子の友達らも連れて向かってた途中、車パンクして、みんなをタクシーで向かわせた後、一人パンク修理して映画館着いたら残り20分くらいで(笑)それから以降観てないし。

嫁もそんなもんで、行く前に友達に“ユニバ行ってハリーポッター見てくる”って軽く言ったら、その友達が大ファンだったらしく“えっ!ハリーポッター行くの~?え~~~~~~~なぁ~~~~~~♡♡♡!!”っていう、予想以上のテンションに申し訳なくなって“え、え~やろぉ~・・・”っと小声で自慢したらしいぞ(笑)

子供たちはそこそこ知ってて盛り上がってたし、アトラクション自体は楽しめたけどね。
それに建物的にはすごかった!



IMG_1808.jpg    IMG_1847.jpg
 
夜はハロウィーン・ホラー・ナイト(CMでベッキーがクツ持って走ってるアレね)

 IMG_1848.jpg   


薄暗くなった頃、建物の上で爆発が起こり、ゾンビがゾロゾロと。緊急無線と共にヘリコプターが上空で飛んでるかのような音がスピーカーから大音量で流れ、CMまでは行かずとも、キャーキャー言いながら女の子たち逃げてたし、ゾンビも想像してたよりずっとリアルで、途中でゾンビのダンスがあったりと、演出もなかなか良かった。

でも、小さい子供たちはホントにビビってたし、泣いてる子もいたしで、トラウマにならんかちょっと心配になったぞ・・・一応親心で。例え、ウソもんってわかっててもね。

あんなに楽しかったお昼のユニバーサルが~ぁぁぁぁって(笑)


今回、全員大人になって、来たユニバ。

子供たちが小さい時は、自分そっちのけで子供たちを喜ばせるとか喜ぶ顔が見たいとか、そんな時を経て。

当然、今回のユニバはそんな気配り皆無(笑)各々が各々で気楽に楽しんでた感じ。
 
それも良かったな。考え事の多い日常から暫し離れてリフレッシュ出来たし、又気張らなね。

今度、いつ来られるかはわからんけど、もしや、次回は孫連れて原点回帰してたりして(笑)いや、原点の頃より“じぃじ”は頑張ってたりして(笑)



ユニバからシティウォーク内のホテル戻る途中、たこ焼きつまんでビールたらふく飲んで、ホテル戻って又飲んで、いつもと変わらずのピヨピヨも、齢49、少しであれど進化をしたいと願いつつあるオレは、寝る前にスワンキーズを聴いていました(やっぱりね) 



アイム(超マインド)パンク!

アイム(超マインド)パーーーンク!

アイム(超マインド)パンク!

ふえすぎた~~~~~~~(痛いトコロが)


24回目の春も平穏也


Edit Category Family Tagged  SION 
こないだの22日、ウチら夫婦の24回目の結婚記念日やったので、大阪にいる娘と合流しがてら、あべのハルカス行って来た♪

娘も丁度休み取れたんで、どうせならそこのホテルへ3人で泊まるか!ってコトになって。

何やら、あべのハルカスって日本一高いビルらしい。娘も大阪にいながらも来たコト無かったらしく、ここはやはり、創造神東京バージョンをやった後は、大阪の空制覇ちゅ~コトで。高いトコすっきゃな~(笑)


IMG_1589.jpg

創造神大阪バージョン  @ あべのハルカス


IMG_1591.jpg


外資系ですんごい立派なホテルも、我が家得意のエキストラベット(俺の指定席ね 笑)をブチ込んだら、宿泊料金も千葉でこいつらと呑んだ時泊まるビジネスホテルとそんなに変わらずで。39階で大阪の景色も堪能出来たし、え~買いモンやった。



 

IMG_1590.jpg  



でも、おしゃれの度が過ぎて、どうやって使うのだ?エスプレッソマシーンあるやら、扉開いたらワイングラスキラリ~ンってしてるわ、アメニティも何が何やら解らずに、俺なんてもうちょっとでマウスウォッシュで身体洗うトコやったで(笑)



祝いの晩メシは、ここにもそりゃ、すんごい展望レストランとか色々あったんやけど、娘が仕事終わりの23時合流やったのでラストオーダーに間に合わず、近くのこじゃれたダイニングバーへ♪


IMG_1586.jpg



嫁が自分で作ったクッキーを写真撮影の為だけに持参もし、いつもの調子でワイワイと。

そりゃ、目出度い日に託けてアルコールもいつも以上に煽りまっせ~♪

写真のパスタ、トリュフのパスタで、俺、フォアグラとキャビアは新婚旅行で食った記憶あるけど、トリュフはこの年になって初めて食った。なんか旨かったぞ(笑)三つの内では一番。


次の日は、嫁には何か記念になるモンを、娘も夏の服が欲しいってコトで、ハルカス内廻って道頓堀行って買い物のお付き合い。

って言うても、当然別行動で俺はタワレコ寄って、ショッピングモールブラブラして、後は茶店でず~~~っと音楽聴きながらタバコ吸うての女性陣の戦利品待ち。

そして、嫁の買いモンも娘のも嫁が一旦立て替えて、後で俺に精算っていうパターンは結婚記念日でも何ら変わらず(笑)

でも、二人とも収穫あった様で、何よりちゃいまっか。


そして今回、彼氏と5年目の娘に“24年も一緒におるなんて尊敬するわ~”言われた(苦笑)

なぁ、そう言われて改めて振り返ってみるとスゴイこっちゃね・・・

俺も尊敬するわ(笑)


IMG_1592.jpg


そうなりゃ、コレに入ってるこれを。チューブには無くって残念。


ずいぶんと長い間 ふたりでいるから

ずいぶんといろいろを 許し合ってきたんかな


ずいぶんと長い間 ふたりでいるけど

うれしいことはうれしい はしゃげるふたりでいたいな


お構いなしに時は流れ 信じがたい歳になっちまったが

そこは得意の物忘れで なんでしたっけ それでいこうか

同じ景色でよろこび笑えるふたりでいたいな



長い間/SION



そりゃ、色んなコトを許し合っての24年。子供中心になっての23年。子供達ももう叱る年齢じゃなくなったし、二人が巣立って残された二人になってケンカっていうケンカもせんようになったし、これからもつまらんコトでケンカはしたくない。愛犬も旅立ってしまった今となっては、話し相手ゼロになるんやからね(笑)

これからも普通で平穏で、楽しい嬉しいコトがしんどいコトよりちょっとだけでええから上回っていける日々になりゃええな。そしてそんな時、うれしいことはうれしいと共に思える二人ではいたいと思う。

来年は銀婚式かぁ。恐らく、今手掛けてるプロジェクトも後半にかかっていく頃で忙しくなってるやろけど、又こうやってどっか行けたらええな。


そして最後に、こっちの宅録シリーズの方にした理由は、最後に囁くように(なんちゃって~)って入ってるから(笑)

まぁ、それ言うと身も蓋も無くなるのでやめとく俺は、寝る前にコケシドールを大音量で聴いてました♡

ありゃ?同じ景色じゃなかったね(笑)

オノボリサンガスカイツリーニムカウの巻


Edit Category Family Tagged  こっちのパンク   インディーズ 
いやはや、綴りも一ヶ月以上ぶりか・・・

やるべき優先順位のまま行動してたらこうなるわな・・・

プロジェクトの準備のための準備も少しは落ち着いた?かも?なので、ちょっと気分転換も必要♪


最近、良く想うコトなんやけど、聴く音楽の幅が見事に狭くなってきてる。

中学~高校から20代前半までは結構偏った音楽嗜好も、年々雑食度合いが増えていったはずも、この年になって再び10代返り?これはもしや、老人になるにつれ幼児化していくのと同じ感じなんやろか・・・?


その証拠に、ここ3日以上頭の中でず~~~~っと鳴り続けてるのが、マスベの“兵士トナッテ~”のイントロやという(笑)



これね



卑龍にいさんとのご縁があったからっていうのも隠し切れずあるやろし、高校時代にスタジオ早入りした時には、黙々と一人で弾いてた大好きなリフではあるけども、それにしてもず~~~~っと鳴ってる。

何で?

って俺が聞きたいわ(笑)まぁ、そんな自分に気持ち良~く悦なんでモ~マンタイ!



この上旬に息子の寮の移行式で東京へ行って来た。

当初は俺一人が行く予定も、そんじゃ今回こそスカイツリー(過去2回フラれているのだ)上りに行っか!ってコトで嫁も休み取れたので二人で。


宿を浅草に取ってあったので、中学の修学旅行以来の浅草寺行って。 
 
IMG_1491.jpg

まぁ、エライ人・・・人もそりゃ、多国籍で。


そして三度目の正直のスカイツリー。

IMG_1493.jpg
ドン!
 


IMG_1497.jpg
ドドン !


IMG_1498.jpg
ドドドン!


念の為、ネットでチケット確保してたものの、前日が強風で展望中止で当日も午前中アウトで、今回のリベンジも又返り討ちか~??って心配したけど何とか上がれた。




IMG_1507.jpg 




う~ん、気分は創造神。
 
IMG_1505.jpg  

追い越し車線をトロトロ走って後ろに大迷惑を掛けている車を摘んでポイ!ってしたくなった。ちっちぇ~創造神~(笑)



IMG_1508

夕日のキレイさはちょっとこれでは伝えられやんね~



 IMG_1513

ネオンがポツポツとし出し・・・


IMG_1516

夜は夜でこりゃ又見事なもんでしたな~・・・ってナンボほど上におったんや!っちゅ~ハナシ(笑)


IMG_1517  

帰りに振り向いたらさくらバージョン?で薄紫にライトアップ。


IMG_1519

次の日の桜並木。ほんま満開やったね♪


昔は、桜見に行くなんて酒呑むだけの口実だけやったけど(この通り)ほんまキレイやなぁ~って思ったよ。年取った証拠?かね?


そうそう、この間の日曜日、地元もまだ満開やったんやけど、すんごい寒くて花見どころじゃなかったはずも、花見スポットの河川敷にテント張ってる強者(若者)がいた(笑)

キャンプやん(笑)

でも、そこまでして桜の下で呑みたかったその気持ち!痛いほど解るぞ!解る!


息子も寮が移行し、より責任感を感じながら生活していくであろう東京での2年間。

上京しての2年間しっかりやって来たし、これからも変わらずやって行くやろから、別段心配もしてない。何気に俺より強いんで。

それよか俺が心配されたい(笑)
 
02 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

01 03


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS