FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

ココで一句


Edit Category 映画・テレビ Tagged  独り言 
テレビドラマなんぞいつも見ないニンゲンが今2本も観てる。


『いだてん』と『3年A組』。


『いだてん』、大河ドラマなんか今まで一回も見たコト無かったけど、クドカンだからっていう理由だけ。

内容がどうのこうのより、クドカンの遊びを感じたいだけなんかもしれへんね。


『3年A組』はたまたま1話目が流れてたの仕事の書類作成しながら何気に観てたら面白かったから続けて観てる。

ふたつともちゃんと観てる。ちょっと続き楽しみにしながら(笑)


オレ、爺になるにつれ、映画も登場人物がやたらと多かったり、ストーリーが明瞭である種の爽快感が無いと根気が続かないんで、年々観るの限られて来てる様な気がする。

そういう意味ではこのふたつにはある種の明瞭な爽快感を感じてるのかも♪


そんで、この『3年A組』を観終わった後、毎回エンディングソングが掛かる度、思ってたコトをやっとこさ。






1話目終わってこれ掛かって来た時、えっ?○○○○○の?○○○○○○○?うそ~ん!何で?何で?誰かカヴァーしてんの?って目が泳いでたらヒロトの声が聞こえて来ました。最近のクロマニヨンズには疎いにしても、ちょっと(いやだいぶ)わろても~たわ。

あのバンドのあの曲が?まさかね(笑)


イントロで まさかと思えば 同世代


うん!あると思います!

「ロック」はパスポート


Edit Category 映画・テレビ
今月、親父の27回忌を済ませた。

26年かぁ、早いなぁ。

親父の死んだ年齢をひとつ越した今、この先オレはどんな風に年を重ねていったらええのやろか?

とか漠然と思う時もありますな。家の中に見本手本がおらんねやからね。


そんな中、コレを見た時に是又漠然と思った。


IMG_4657.jpg


こんな風に年取って行ければええな。

トゲのあるコトバにも愛嬌があり、優しさもあり、愛もあって♡


そして、

"社会の接点として自分のロックが存在する"

"精神的に自分が自分の力に押し潰されそうに年中思ってても、引退なんてあり得ない、そんなご身分でも無いし"

って、そんな風に言い切れる潔さってカッコえ~よなぁ...

これだけの人がやで。


一日も早くリタイヤしたいと思ってるオレには(笑)土台無理そうなんで、チャボの爪の垢を残波の水割りに溶かして精進すると誓って寝ます。


おやすみなして。

ワントップ粉砕!のはずが返り討ち~


Edit Category 映画・テレビ Tagged  FAMILY 
今年は平穏な正月を過ごせて何より。


元旦も、娘は帰って来れて、嫁も休み取れたしで、お袋と妹一家と一緒に。息子は去年同様、大晦日から千葉までバイトに行ったんで、完全に勢揃いとまではいかんだけど、昼からたらふく呑んで、夜は嫁の実家行ってたらふく呑んで。

2日は娘の彼が挨拶に来て、いろいろくっちゃべって。 お二人さんも色々あるのね(笑)

昨日は嫁と娘と三人で焼き肉食いに行って、今日は嫁とゴルフ行って。

そりゃ~、毎日飲み過ぎピヨピヨも・・・


しか~し!

12dfa9e4d5e16a6998ebfe3bd7a19a9c.jpg 

それ以外は、部屋に籠もって、ずっ~とあまちゃん祭り見てた♪


以前綴った様に、俺いつも話題になるモン見そびれてて、今回も話題になったツートップを全然見てなかったんで、この機会に片方のワントップを潰してやるぜ!っと!! こっちは特に見たかったし♪

見た感想・・・正直に言うと・・・・・・めっちゃ面白かった(笑)やっぱ、流石クドカンやね。ツボ押さえてるわ。

ストーリーは元より、今昔の時代背景、挿入歌、小ネタ、そして何て言うてもキャスティングはシブいね。

キョンキョンに薬師丸ひろ子、そして、俺らの年代には感謝感謝の美保 純(笑)

主人公の女の子も、みんな言うてた様に可愛かった。変に芸能界に染まらずにいれたらええね。

まぁ、それより無意識に、カヲルとバイト君を目で追ってる俺がいましたけど(笑)
 

そうそう!

去年の11月にWOWOWで、RIJF2113のグループ魂やってて、その時のカヲルの衣装が、上から下まで例のあまさんの格好で(当然腹ぽっこりで)、その時は当然、別に何とも思ってなかったんやけど、今回のひとつのカットで、その格好の主人公の女の子と真面目な顔のカヲルが芝居してたトコロは超笑った(笑)まぁ、これは俺特有のツボで♡


ついでにちょっと脱線するけど、このフェスの魂も凄まじかった。トリか!?って思うぐらい、んな訳ないんやけど(笑)の客との一体感で。アジり方もやっぱウマいんよなぁ。

興味のひとつも無いであろう遙か遙か後ろの客まで拳上げさせちゃって♪ つくづく、ええスタンスにいるバンドやね♪



あまちゃんに戻~り。

この連ドラ、生で見てたら毎日色んな意味で楽しみやったやろな~って思いながらも、まとめて見るのも悪くなかった。俺の性分には合うてたみたい。只、ダイジェストやからだいぶハショってあったみたいやから、出来ればもう一回ノーカットで見てみたい。それぐらい面白かった。

まぁしかし、今まで朝ドラなんて、ひとっつも見たこと無かった俺が、これで又違う朝ドラ見るっていうのは絶対無いんやけど。

クドカンやったから、見てなかったの後悔したんやし、今回の10時間のも見れたんやと思う。


次はもう一つのワントップ!こないだ、寄り道でレンタル寄ったら、もうレンタルされてたけど、当たり前に一本も残ってなかったんで、ほとぼり醒めたら敢行予定!

それで、飲み屋で今になって、“じぇじぇじぇ”と“倍返しだ!”を連呼してやろうかと・・・!

ふっる~!!!!って言われるのを全て計算に入れて(笑)

おもろい猿とおもろい海賊


Edit Category 映画・テレビ Tagged  あっちのロック 

今日コレを観た。


東野&岡村の旅猿 プライベートでごめんなさい・・・

スイスの旅 プレミアム完全版

P1000603


東野幸治とナイナイ岡村出演のテレビ番組のDVD。

ちょくちょく番組は観たコトあったけど、最近ジミー大西が出てたの観て、めっちゃ面白かったんで借りてきた。

他のシリーズのも借りて観たけど、やっぱ、ジミーちゃんのキャラと東野岡村二人の先輩とも思てない絡みこそがおもろいんやね。

久しぶりに2時間笑い詰め。決して大笑い(もしたけど)っていうんやなく、“プッ!”“クックックッ!”って感じと“余韻笑い”の連続でリラックス出来てストレス解消出来た♪


ガキ使の大晦日の然り、やっぱジミーちゃんおもろいなぁ。今や画家としてもスゴイんやろけど、やっぱこの人は生粋の天然コメディアンやで。


この類のDVDなんて繰り返して観るコト無いのに、2回も観てしもたし。それも通して(笑)んで、2回とも同じトコロで笑ってしもたし、ジミーちゃんのギター弾く件なんて最高やで!


今、ジミーちゃん出てる放送やで毎週録画設定したし、これからもジミーちゃんゲストのDVDは絶対借りよっと!




話は変わり、SMAPの携帯のCMでこれが流れてた。


『GOODY   TWO SHOES』  ADAM ANT


んで、これを引っ張り出してきて聴いてる。


The  Essential   ADAM   ANT


G4160329w_2

多分、中学の時、早すぎたパイレーツオブカリビアンを目にしたんやったかな。当時は何かビジュアルインパクトのあるモノに俺も周りも興味津々で。音は二の次で(笑)

でも、衣装をヴィヴィアンが手掛けたってのはだいぶ後で知った。まぁマルコム繋がりやから後で思えば当たり前なんやけど。マルコムの悪い方の毒の餌食やしね。

やんちゃしまくってお縄にされてた出来事はもっともっと後で知った。後で聴いて、そやったん!?あのアダム?みたいな感じ。


きっかけは、高校の時、『プリンス・チャーミング』をバンド仲間が持ってて「スタンド・アンド・デリバー」を聴いたんやったかな?記憶薄やけど。

でも当時、ニューロマンティックって言われてるモノは全然興味なかった。オカマやんって(笑)


『GOODY~』同様、ダンサブルな曲多しでこの『FRIEND OR FOE』は特に好きやった。


A_aantfriends_2
カセットしか持ってないけど(苦笑)


それで、後に、大貫憲章プロデュース 『LONDON NITE 03』 SONY EDITION 2005 のオープニング一曲目に『GOODY~』が入ってて、懐かしさとカセットとの余りの音の違いに違う意味で衝撃を受け(笑)上記のベストを買いに行った。

“懐かしさとカセットとの余りの音の違いに違う意味で衝撃を受け”って俺こんなパターン多い。

『FRIEND~』をCDに買い直ししよかと迷った挙げ句、「スタンド~」も聴きかったんでこっちにしたんやね。


なんかトータルでは今一やったんやけど(苦笑)この曲をええ音で聴き直し出来たので良しとした記憶ですな。

「スタンド・アンド・デリバー」 アダム&ジ・アンツ


う~ん、懐かしい。

でも、カッコえ~やんか!男前度もジョニーデップに全然負けてへん!


そしたら、こんなん見つけた!

Adam Ant - Stand And Deliver - Bestival 2012

去年やん!全然知らんかった。やっぱ太っちゃってんのね・・・

そんで、ナリまんまデップやし(笑)客もおもろいし(笑)

 
08 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

07 09


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS