FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

東海旅しぐれ ~オープニング~


Edit Category こっちのロック
先日ここに行って来た。

IMG_5641.jpg 

名古屋 『得三』



これを観に。

IMG_5643.jpg    IMG_5642.jpg


毎週忙しい週末、オレの両腕になってくれてる若い輩に又々無理を言ってでも、純粋にカッコいいオトナを見に行きたかったんでね。

テレビ観ててもカッコいいオトナなんて鼻クソほどもおれへんからさ。



このふたりは実年齢も精神年齢もそれ以上遙か上のオトナ。

熱狂し始めた頃からプロフェッショナルな位置に君臨してたから尚更の尚更。

かれこれ40年近く経ってもそれは変わりようが無い。


ダルンと、力が抜けつつの苣木のアコギとキーコのアコベ。それでいてレスポールやムスタングの時と何ら変わらない疾走感と流動感。

今の『ROCKIN' CABARET BLUES』だったり、それより遙か昔、バンド体としては一足早く『easy listening』でこの種のアプローチを体現済みも、楽器ひとつでこういう空気感やイチ世界を表現出来るカッコ良さってのは実際に目の当たりにするとサブイボ出るね。ギターやベースが強烈な武器に見えるもん。

ミチロウの時もそうやったけど。


勿論、今沢山のロッカー(ex、現、問わず)がアコギで表現してるのも知ってる。

聴くのもあれば聴かないのも正直ある。でも聴きたいって心底思えたモノには躊躇せずこれからも観に行きたいなって今回改めて思った。


正直オレは、梶浦が抜けた後のモッズにはそれ程詳しくないし、苣木のソロプロジェクトにも言うほど詳しくはない。

だから、あの場でオレみたいなモンは邪道モンかもしれへんね。

でも、人の良さが滲み出てる苣木のトークや貫禄キーコの茶目っ気にホッコリされつつ(キーコの時折吐く暴言?の度に苣木が“オレは思ってないよぉ~”って被せる幾度の件はサイコーやったね)オレの知ってるソロ楽曲は勿論、タンスの奥にしまってたのを見つけたって言って演った『ONE BOY』、『ハートに火をつけて』、満員の得三で大合唱になった『TEENAGE BLUE』、『不良少年の詩』。そんな心地良い“アコースティック・ロール”な一夜に色んなモヤモヤ含めて身も心もキレイさっぱり洗われた。


そして、苣木がアンコールの最後に、こういう活動をするきっかけが花田裕之の“流れ”っていうのも初めて知った。

スーツ姿のサラリーマン初め、仕事帰りの人達がそのまんまの身なりでフラッと寄って音に浸っていく世界観が眩しくて羨ましくて影響されたって話してた。

苣木と花田って言えば同い年。でも、謂わば元は地元の別の部隊の戦敵。時を経た今は共に音を重ねる同士って感じはあっても、その相手に対して、どんだけでも字面を編集出来る雑誌のインタビューとかじゃなく、自分のライブの客の前で、影響された、眩しくて羨ましかった!って言えるトコロがこの人の、純粋に音楽と向き合うマジメさ、潔さ、正直さって類の素の内面を感じれて、ゾクッとしたカッコ良さを感じたな。

森ヤンとキーコの脇で、若い時から何度も壁にぶち当たり、紆余曲折しながらTHE MODSのギタリストの地位を確立していったこれだけのキャリアがある人がね。カッコつけてないのにカッコいいのの典型よ!そして、“アイツ(花田)の死ぬほど眠い音楽を聴きながら...”ってディスった後の、“いい意味でよ! ”ってフォローも忘れてないトコロも(笑)


タイトな一日やったけども、ホント行って良かった!!

苣木のソロもコンプリートしよと思ったし。遅い?(笑)

いや、いくつになってもその時その時の衝動に駆られるってのに早い遅いも無いと思ってるオレにはモーマンタイ。

この年になってもまだ刺激を受けれるっていうのは幸せなコトやからね。


そして、この日のカッコいいオトナふたりを見て、こんなガラクタ爺でもそれなりにいい年の取り方をして行かなあかんの~ってコトも思った。

行かなあかん!ね。行く!じゃなく(笑)

今宵こっちのトリップで


Edit Category こっちのロック
ショーケンが死んだ。

仕方が無い。

うん、仕方が無いのよ。


想う人の心に、その像が焼き付かれ続けるコトが何よりも大切。

想う人の心に、良い姿の像を残すコトの方が何よりも大切。


オレはそう思う。

長生きだけが全てじゃ無い。



春の陽気に唆されてこんなモン買うてしもた。


IMG_5510.jpg



違う高校の友達が子供ばんどのコピーバンドをしてたんで、あんま最近無かった衝動買い。

バンド的にもなかなかの完成度で、ヴィジュアルもそいつ、うじきよろしくアフロカーリーにもしてて。

このバンド自体全然詳しくはないんやけど、この盤の曲を良く演ってたのでスゴい印象に残ってて、聴いたら見事にトリップ出来た♪


うん、かっちょえ~やんけ!ちょっと独りで盛り上がったぞ♡


当時、『ロックンロール・フーチークー』をこのバンドのオリジナルと思ってたくせに(笑)



それで、高2?高3?の時、大阪南港のフェスに行った。

ARBやモッズに、この子供ばんども出てて。

でも、全く覚えてない…自身初のロックフェスに解放過ぎる真夏の誘惑♡が相まって呑みすぎてしもーて。


もう方々の野外フェスにはよー行かんなぁ。

観たいバンドが無いコトも無いんやけども、幾分パワーが無い…


目瞑って、誰かがお姫様抱っこしてくれて、目開けたら演奏なんぞが始まってたりしてくれてたら(帰りも勿論送ってね)考えるけど(笑)

それより、倒れて記憶無しの方がシャレになりませんわさ。

もう少し、生かさせて下さいな♡

メロディ キルド ヒム


Edit Category こっちのロック
IMG_5220.jpg 


CDラックをちょびっと整理しよかなと眺めていたら、この欄のなかなかのバリエーションさに今となってニンマリとし、何とも曲者揃いの中、思わずその中の一枚を手に取りマイルームへUタ~ン。整理は又今度(笑)


その一枚がこれ!

IMG_5223.jpg

音楽殺人 / 高橋ユキヒロ


コレは多分、中学3年の時にバンド組んでたヤツが原盤を買ったんやったかな?録音したカセットでず~~~っと聴いてた記憶がある。

だからか、何度目かの久しぶりに聴いたのに今回も変わらず結構歌える。ウチらの田舎では当時英詞を歌えるってのはカッコいいとされていたので(笑)多分めっちゃ練習したんやと思う。通信簿英語2のくせに(笑)

これ出て即買いしたのも、ちょっと
裏見てみると95年リリースってなってる。23年も前になるんやねぇ...


YMOは生ドラムのユキヒロあってのモノ。YMOにロックが垣間見れたのもだからのモノ。

そういえば、昔一緒にスタジオ限定で音出して遊んでた3つ下の後輩も、小学生の時ユキヒロに影響されてドラム始めたとか言うてたな。その後すぐ、ハードロックに行ったんやけど(笑)

YMOにボーカル色を出したかったユキヒロ。当時、この盤の前にリリースした『増殖』の「Nice Age」を初めて耳にした時の衝撃は未だにビッチリと残ってる。数少なくなった脳の皺のひとつに(笑)

その衝撃があったから、当時しつこいぐらい聴いてたんやと思う。うん、今聴いても全く色褪せず全部カッコいい!38年も前の音と誰が思えますかいな。

この盤はオレにとって紛れもないロックアルバム。声の入ってない『Bijin-Kyoshi At The Swimming School』が一番ロックンロールなのがその証!






も一回練習しよ(笑)

年頭挨拶


Edit Category こっちのロック Tagged  独り言 
おせちもいいけどグラコロもね♡ってコトでグラコロを食った。


IMG_4589.jpg 


うん、美味いのよ!確かに!でもね、昔みたいな感動が無くなってる...

去年食った、ポテトチップス(うす塩味)とチキンラーメンと金ちゃんヌードルとサッポロ一番(しょうゆ味)と同じ感覚なのよね。これが。

年を取り過ぎてオレの舌がアホになってきたんか?

ジャンクなモノはもうノーサンキューな舌になり下がったのか?

それは余りにも寂しい...

昨日食った柿ピーは美味かったので(笑)大丈夫と信じつつ、残ってる日清焼きそばに賭けてみるとする♡



年末年始、ふとしたきっかけからピロウズをずっと聴いてる。

爆発的な商業セールスは叶わんだけども、さわおは日本でも指折りのメロディメーカーってオレは思ってる。

上田ケンジつながりとかそんなの抜きにしてもオレは好き。

もっともっと売れてええのにな。って正直思う。

何を貼ろかと思たけど、何となくの今の気分で♪


1989/ the pillows 

最後のオクターブ上げで締め終える。カッコいい♪



Ride on shooting star/the pillows

この辺のセンスも。カッコいい♪



現在はほぼ月刊になってしまってる(苦笑)
舌がアホになってるかものおいちゃんの綴るこの頁、今年も又何かのついでに覗きに来ていただければ幸いで御座います。

みなさん良いお年をお過ごし下さい!

タイムリー欠乏症 極みの果て


Edit Category こっちのロック
奇跡の3日連続更新叶わず...も。


タイムリー欠乏症の一応の最終章はこれでやっぱ〆るとしよう。

いや、してあげなくては♡ 誰も興味は無くとも!


そう!『港カヲル 人間生活46周年コンサート 』のレポを!

振り返れば5ヶ月前の出来事なのよね...(笑)



IMG_3641.jpg


場所は大阪『オリックス劇場』。キャパは何と2400!



IMG_3642.jpg 


2月の寒風吹き荒む中、開場前には沢山の行列で。

会場間違えてない?よな?くらい、ちょっと信じられず(笑)



IMG_3644.jpg 


寬平ちゃんからの祝い花も、贈り先の名前見て少し切なくもなり(笑)



でも会場は、超満員で信じられない思いを飛び越えて何か嬉しくなった。オレ、イベンターと同じくらい心配してたからね(笑)


レポに関しては、総評として(早い)、あれだけ辛口に評したカヴァー群の演出が逆に100点満点で♪

あれだけ辛口にしたはずも、このライブ後改めて聴くと、この日の笑いが蘇って来て、満更でもなくなってくるから不思議なモン(笑)


他に、アイドルグループとの学園コントや、アラウンド齢50のメンバーが、ヒ~コラ言いながら、ダブルダッチにチャレンジする筋肉番付的なコーナーetc、そして前編と後編に分かれてて、後編ではビッチリと『グループ魂』として演奏したりして、内容自体はホント盛り沢山でスゴい楽しめた♪


当人のカヲルも、ここから始まり、ここへ辿り着くまで色んな苦悩や不安と葛藤してたんちゃうかな。全然分野は違えど、オレも去年から今年に掛けて、ビックイベントふたつを責任者として何とか越えれたけど、決して今回のカヲルみたいにイベントの主役じゃなかったからね。主役が背負うモンはやっぱ一番大きいと思うもん。でも、魂のライブ以上にいっぱい喋って唄って踊って、見事に努めきってた。

年はオレより6コ下でも、謂わば同世代やモンねぇ。うん、感服です!


IMG_4267.jpg

今回は、パンフレットとTシャツを購入。



このパンフレットの巻頭で『皆川猿時ヒストリー』と題し、両親兄弟嫁子供、友人同級生etcの証言インタビューが沢山載ってて、写真も満載で全編最高なんやけど、その中でも、カヲルが子煩悩で、奥さんやふたりの子供にとって、カッコいいお父さんであり、大好きで尊敬されているっていうコト。何かホワっと来たな。嫁の悪口言うコトも、ケツ出す行為も全て家族には達観されてたんやね♡

でも、だからこそのパワーっていうモンも発揮出来るんかなって、ライブ思い出してそんなコト想ったりして。

それから、小学5年生の息子が、ソロアルバム出すって聞いて、"マジか?売れんのかなぁ?"って、オレと全く同じ心配をしていたのには大爆笑した(笑)


それから、終演後、今回の先行予約で『ライブ終演後グループ魂メンバーと乾杯!打ち上げ参加権(東京50名/大阪50名)』ってのに当選してたので、参加してきた。

打ち上げっていうても、大きめの会議室で、ひとりビールかジュース一本もらって、メンバーは一滴も飲んでない打ち上げね(笑)写真撮影も禁止の。まっ、そりゃそう。

とは言うても、メンバー全員、汗も全然乾いてない状態で合流し、一人づつライブの感想やお礼を言い、カヲルのバースデーを祝い、最後にみんなで記念撮影♪ 今回は息子は予定付かず、嫁と一緒に行ったんやけど、嫁は終始喜んでた。まぁ、オレは嬉しいとか喜ぶとかはねぇ(笑)おっさんがおっさん達を特別間近で見たい訳でもないし、向こうも見られたくないやろし(笑)全体の8割以上が女性やったけど、みんながみんな前のめりで目キラキラしてた気がする。うん、それでええのよ♡メンバーから見ても。

でも、後日、記念撮影の写真も郵送で届いて、オレ的にもいい記念にはなったよ♪出来ればその写真載せたかったんやけど集合写真なんで自主規制しとくけど。




今月5日にはDVDがリリースされるし(コレも売れるか心配)、何とか間に合って良かったぞ。そしてDVDを見て思い出しながらもう一回綴ってみっかな。5ヶ月後にでも(笑)
 
12 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

11 01


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS