FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

東海旅しぐれ ~フィナーレ~


Edit Category 名古屋パンクシーン Tagged  こっちのパンク 
東海旅しぐれのオープニングを終えた翌日、これを観に行って来た。



D3qvFR4UIAAlBph.jpg 


リョウちゃんやノンちゃんの名古屋少年時代に来た林間学校以来(笑)の再訪らしい、岐阜県 中津川まで。

今度はカッコいいオトナ達に触れに行きたかったからね♪


岐阜と言っても長野との県境。

賑やかな場所から離れた国道沿いにポツンと佇む地元老舗のライブハウスって感じも、到着がゴッドの出番(Hagalさん、ありがとう!)ギリギリになりそうで急いでスッ飛んでったのでハコの写真撮るの不覚にも失念...。

でも外に音が容赦なくガンガンに漏れ響いて、そこだけ何か異空間なカンジ♪


Kちゃんと久しぶりのY君とも再会出来て、さぁさ、さぁさとボルテージも上がり。


セッティング中にまずパシャリ!

IMG_5644.jpg 


まずは何を置いても、毎回、個人的にオレが大注目してるノンちゃんの風体から。

今回のノンは、いつの間にか南米一人ぶらり旅でもして来たかの様なスペクタルなファンキーさで今回も今回とてすんばらしい感動を授かりました♡

そして本編前から写真の如くアジリにアジリ倒して...そう!最初に言うておこう!この日のノンは“neo MAD NON”だったのであ~る!(neoだから前のMAD NONじゃなくね 笑)

それは今振り返って思うに、このハコ特有の客との距離感との誘惑ってのも絶対にあったと思てるんやけど。詳しくは後述。


まずは一発目の、又々予想の外した(笑)『泳いでいこうか』から声量、声圧がオレが今まで観た中では段違い。ガナリも入って声も裏返ったりで。初っぱなからよ。


IMG_5647.jpg 


早々に帽子を剥ぎ取り、髪を掻きむしりながら唄ってる様を見て、オレ何故か、“長い髪はおいらの自慢だから~♪ 切りたくないのさわかるか~い♪”って旋律が脳内で鳴った。

そして次の『Band Aids』で早くもノンが客側に降りて来て混じりに混じってみんな大暴発!みんながみんなマイクに齧り付いて大合唱♡今までで一番双方のテンションがMAXの“フ~ベビベビ、ベビ~フゥッ♪”やったな。

早くも二曲目から大汗かくゴッドのライブは初めてでござんした(笑)



IMG_5653.jpg 


キンちゃんの、ギタ~、リョ~ジオ~!っていう掛け声に毛穴が開いた『シンプルマン』、毎度オープニングソングにと予想を外すも(笑)毎回演ってくれて実は嬉しい『台湾経由』とブルージーポップな轟音が続き、『常識』ではKちゃんやY君や他の客も一緒に肩くんでゆらりゆられて大合唱♪もう一汗かいたわね。


IMG_5655.jpg 


良次雄とHagalがピョンピョンとずっと楽しそうにポゴってた『ハンガーガール』、『I space smile』は、イントロから絡むキンちゃんとキヨッさんの疾走感が大好きなんでいつもこのふたりを観てる。この日も然り。会場全体が思いっ切り横揺れに揺れてた『Bulu Buru』、客も(メンバーも!)みんなが一緒に合唱して始まり、バックコーラスを客が唄った『Rock'n Roll I.D』。

アンコールは『螺旋階段のブルース』、実はこの最後の最後にこの日のステージを振り返りつつ俯瞰で観れた気がする(笑)


ノンが縦横無尽に限りあるステージを占拠してたので(笑)終始上に上にリズムをキープしつつ、ノンの幾度のアイコンタクトや呟きに笑顔で頷き続けてた良次雄。

いつものソリッドでエッジの効いた爆音と共に、ノンのはっちゃけ気味の声圧に負けじとコーラスでガナってたキンちゃん。

今回はキヨっさんよりフロントの二人(勿論ノンと良次雄ね)の動向を(笑)見守り続けてた肝っ玉母さん的な包容感を感じたHagal。

前日、LAPIZ TRIOのライブだった為、連チャンで、終演後、“オレ疲れてなかった?”って言ってたキヨっさんも、そんなコト微塵も感じさせなかったいつものタイトで重厚で且つ、前がどんだけはっちゃけてもキチンと最後キレイに終わらせれる技(笑)を幾度も披露してくれてた。


今回のハコ、客とだけじゃなく、見ての通りメンバー同士の距離感も近くて、実際、キヨッさんまでの広さは8畳間くらいやったんちゃうかな?

オレが高校の時に、借金しながら(笑)利用してたスタジオぐらいに感じたもん。

だから、ちょっと動けばワンマイクツインボーカル出来るから今回特に多かった気がしたし、ノンと良次雄が何かしょっちゅう耳元で話してて笑顔でお互い頷いてたり。

それでいて音が全然籠もらずに、真っ直ぐ前に届いてくる感じで重厚ないい音してたしね♪

それに、返しのPAも前方には置いてなくて、段差も20センチぐらいで客側に踏み込んでいく距離感もメッチャ近い。

何か、スタジオライブ的な一体感。客と演者も演者同士も。だから、ノンと客が一体化した多くの時間も必然だったのと思う。

今まで行ったゴッドのライブで着てたTシャツが汗でここまでズクズクになるコト無かったもん。帰り寒かったし(笑)



そして最後に!

この日のステージ場での個人的MVPは間違いなく、全編踊りまくりのアクションスター!ノン!

終始、形容不能の動きでダンスしまくりのアジリまくり、変速ステップでクネクネしたり、両手広げて片足踏み鳴らしたり、あっ、そうそう!マリオネットみたいに操り人形のポーズまでしてた(笑)。

何か、常に動いてる様はビアフラを通り越してたのよ(笑)


そして、この日、間違いなくオレのMVPに輝いた曲は、本編最後の曲!

確かにノンは『山あり谷あり』って紹介した。

良次雄も確かにイントロ弾き出した。

でもその刹那、イントロが『ストジャン』の甲高いリフに変わっていった。

正しくトランスフォーマーよろしく見事に変体していったのよね。テンポアップするトコロでの『ストジャンちょびっと入りますよバージョン』は
ココで聴いたコトあった。

でも、アタマからケツまでの『ストジャン』は初めて聴けた♪
サブイボ、ブワーーーーッて出たなぁ...そしてそれは、オレのまだ嵌まってなかったピースがピシッと音を立てて嵌まった瞬間だったのよ♡



IMG_5657.jpg

この日のセトリ



最後の最後に。

いつも、オレが綴るライブレポには、ちゃんとした曲レポは無い(笑)オフィシャル公認のGOD教授に全部おんぶに抱っこしてるから(笑)

でも、今回は参加叶わなかった教授の思いを受けて、全く以て慣れない全曲レポを敢行してみた次第も。

記憶とスマホ頼りに脳内から捻り出し尽くしてみたけど(思い付いたトコロは、即メモして 笑)多分あっちゃこっちゃ勘違いしてるトコロあると思う。いや、絶対ある!はず!

でも、“neo MAD”ノンちゃんだったのを目に、『ストジャン完全版』を耳に、したのは少なくとも紛れのない事実です(笑)


今度は高円寺で9月かぁ...それも連休...

ツーマンやからタップリ楽しめそうやし、何とかして行けやんもんかなぁ。

只、ロックオンするにも照準が遠すぎて(笑)今は何ともも、今回も出すよ!季節外れの短冊、じゃない!今回は前倒しの短冊を!

願えば!叶う!はず!

ちゃんちゃん♪


教授~!こんなトコロでご勘弁を~!!(笑)



追記:前日、THE MODSのギタリストである苣木のライブに行って気持ち良~くなった翌日、このライブでもひとつ気持ち良~くなって、遙か昔を思い出せば、当時何かと目の敵にされてた筆頭のメジャーバンドと、それとは一線を画したシーンでの最重要バンドのライブを二日連チャンで目にすることが出来た。

オレは両方のシーンが正直に好きだったので、隠すコト無く開けっぴろげに聞いてたけど、両方の好みが交わってるのは邪道的な空気が当時あったのも確か。

でもこれだけの長い時間を経ても、両者(自分自身もそこそこに)が健在で、当時と変わらず両方のシーンに浸っていれるコトが何よりも嬉しい。

カッコいいオトナを観に行ったオープニングから、カッコいいオトナに触れに行ったフィナーレまで、奇跡の二日間完結!!

キミに首ったけ♡


Edit Category めんたいロック Tagged  こっちのパンク 
いよいよ、2年超に及ぶプロジェクトのラストスパート!最終地点も朧気ながら見えた感じ?か?

今から10月までは、通常業務に併せて、プロジェクトファイナルに向けての怒濤の書類作成と記念式典を初めとする諸々の最終準備と、その又準備等、考えれば考える程気が滅入る...

早くも頭破裂しそうになってる今、フッっと思ったのが、小学生の頃、祭りの屋台でゲットした厚いゴムで出来た大きな風船(ボール)に空気を入れても入れても一向に膨らまず、よくよく見たら小さい穴が空いていて、ガッカリした記憶に準え、頭破裂せぬ様、己のこめかみに小さい穴を空けたい気分(笑)



チューブいじってたら、こんなの見っけた。





崩れ落ちる前に / The Mods



熱いキッス / The Mods


噂には聞いていたボーカルのみだった頃の森ヤン、この頃多分ハタチそこそこか、言うても20代前半のはずよね。当時、ロッドスチュワートばりの金髪で...って話は昔何かの本で読んだ記憶がある。つまりは、山善に髪切れ言われる前やね(笑)

しかし、この数年後の、オレが中学の頃、リアルタイムで“Fighting80’s”で森ヤン初めて目にした時より確実にイカツイもんなぁ...

猫も杓子もの今の時代の金髪と当時の金髪は比較対象外やからね。当時、日本で髪染めてたのなんてホント一握り。ちょっと思い出してみても、キク(サンハウス)とマリ(アナーキー)と鶴川(ロッカーズ)とハジメちゃん(プラスチックス)ぐらいしか思い付きまへん。髪を染めるにはまだ早すぎる~♪時代だったのよ。


そして、髪を逆立ててないキーコ、森ヤンにストラップもっと下げろ言われた後と思われるもののまだ高い(笑)。でも、ちょっと斜めに胸を反らす感じの佇まいや、“崩れ落ちる~”のベースフレーズもこの時期に既に完成してたのにはちょっと感動した。

『熱いキッス』もデモでは聴いたコトあったけど、映像では初めて観た。さすが、L-Motionグランプリ受賞曲!80年代のアイドルチックな気恥ずかしい程の歌詞にこのポップチューン♡しかし、この“なり”で唄われるコトに痺れるワケで♪外へ向かう前のモッズって『Shonben』の面と、ここいらの面がええ具合に融合してるよなぁ。



空気感も古き良き時代の“あの”頃の博多の匂いがプンプンしてて、二人とも、若さ故のやさぐれ感満載で、ホンマかっこいい。



しかしスゴいね...こんなのが目の当たりに出来るなんて...


TWO PUNKSがこの後に出来たんやなぁ...とか色々考えたり想像しながら、瞬き忘れて何回も見入ったので目が乾いて仕方が無い。


そして、こんな映像、ブートで目にすりゃ金に糸目付けずに買うトコロ(笑)アップしてくれた方には本当に、おでこに畳の跡がビッチリ付くぐらいのお礼を言いたい気分です♡


と、共にこんな貴重な映像をプチッとやりゃ見れる時代。オレだけじゃ無く、その筋その筋の人達が、昔々の時代から有り金叩いて?手に入れた貴重な映像(ブートバリバリの 笑)はもう貴重でも何でも無くなって行くんかもね?


有り難くも悔しくも?(笑)

どろろんパンクくん


Edit Category Family Tagged  こっちのパンク 

プロジェクトの後期の節目が近付き、立ち会い含め何かと決め事に、より一層の拍車が掛かってる昨今。

『3steps to hell』どころか3歩進んで2.5歩下がる状態の中(笑)ここでもボヤいた通り、この節目のお陰で、19日のマスベを観に行けないのである。し、仕方ないのである...


サッカーの日本代表的にいうと、“絶対に負けられない予定調整に負けた”のである...


平静を装ってるかの様な文体も、実は気~狂いそうなんですよ(笑)気が。



それならば!とここで発散すべくネタにコレを持ってくるってのも、卑龍にいさん繋がりで言うなら、走者一掃のスリーベースぐらい価値があるってなモン。

そしてやっぱり、ここで満を持して!


IMG_2994.jpg    IMG_2996.jpg


デマンダ  /   斑の渦



ここではもうお馴染みの、従兄弟のVo.genoとその嫁G.YUKIが率いる奈良のパンクバンド。(右記リンク参照)

因みに、このご両人は当ブログに多大なる貢献はおろか、長年出不精だったオレを再び怪しい世界に引き摺り戻した恩人夫婦でもあるのです。

っというのも、

オレが、超久しぶりに外界に飛び出すきっかけでもあり、そして、このブログにNONにいさんからコメントをもらった
オキシドールの再結成一発目に始まり(その動画をチューブにアップしてくれたのがYUKI!)、卑龍にいさんとの最初のご縁スモークランブラーケンヂにいさん、然り。

そりゃ当然、この綴りのカテゴリー分けは『Family』よ♡(笑)


今回のリリース、いぬん堂からでこれは本人は元よりオレも嬉しかった♪やっぱりね。

そして、ちゃんと売り上げに貢献すべく正規で買うと約束してたにも関わらず、事前にgeno本人より音師への謹呈ってコトで送ってくれたのも嬉しかった♡


ここでも挙げた通り、genoは『みん’sパンク塾』の一期生で(で、閉校。ってここは何度でも言うておく 笑)オレが青の時代にトチ狂った音源や映像を、是又青の時代の頃のgenoに注入し、刷り込み、伝染させ、洗脳し、核のクローン化に成功した男なのであ~る。そして、それをgenoから嫁のYUKIに家訓継承し、二人はハッチャけておるのであります。ありがたやありがたや♡

今もバックで掛けてんねやけど、これはヘビロテしたねぇ♪爆音が許される環境では特に。コレについての綴りもちゃんと聴き込んでからっていう思いもあったし。


今までも、幾多の音源は送ってもらってたし、それはそれで重くてスリリングでカッコええんやけど、でも、やっぱ完成度に至ってはマイセルフやその延長の作品には音的に限界もあるし、いくらライン別に録っても、パートパートのレベルの妙だったり圧ってそれこそ妙技やもんね。まぁオレらの青の時代の、ラジカセ置いての一発撮りに比べりゃ雲泥の差やけど(笑)


そして今回の、プロの手(このレーベルだからこその)に掛かったこの盤。要所要所どころかふんだんに垣間見える初期パンクのゴリゴリエッセンス満載は昔と何ら変わらずも、流石にエッジと圧がそりゃもうゴン太くてすんばらしい出来♡うん!身内びいき差っ引いてもカッコよろし!!

そして、このバンドのど真ん中にも鎮座する、
同士が表現してくれた言い得て妙の日本独特の“漆黒のパンク”感♪

洋モンのホラーじゃないのよね。和モンのおどろおどろ感。だから、今回のタイトルはすぐに決まった(笑)


この盤の初聴の時、要所要所に顔を出す、お互いの血肉となってる○○感(バンド名)をあえて感じながら聴いてた、それが又楽しくてねぇ。それで当初、その時に感じたバンド名ここでも連ねようとか思ってたんやけど、ヤメにした。何でかっていうと・・・・・・キリが無い(笑)



Money order





Breaking the wall


そして何より、やっぱりこれはあの古き良き時代のエッセンスを、そりゃもうしつこいぐらいに反芻しまくって、吐き出したこのおどろおどろ感こそがこのバンドのオリジナリティなんよ。紛れもナシの。


そして、再発見したのがこの強烈なおどろおどろ盤を聴いた後、初期のマイセルフの音源を聴くと是又さらにカッコいい!

何か、ピストルズのデモを後になって聴く感覚に近かった。


この盤のリズム隊である、Ds.のzane君と、訳あってバンド自体は脱退も今回のレコーディング参加のex.B.の浅野君、言うなら音の核はこの二人よねぇ。おっそろし~ぐらい重厚な音で威圧してる。A.R.Bのキースに初期衝動を受けたzane君、そして浅野君に至っては山善やからねぇ~~そんな二人がこの音を出してるコトが咀嚼の妙でもあるよなぁ。


そして、G.のYUKI。元々はベース弾きの彼女も、冷やし中華始めました的にこのバンドからギター始めました!って時を経て、今やこの盤でも熟練のリズム隊と真っ向勝負してる強烈なノイジーギター。そして、トチ狂ってるgenoの横で妖艶に轟音掻き鳴らしてる様はホンマ存在感抜群♪ただね、ポイズン・アイビーよりオレはキャラ的に存在感がヒデマルであってほしいんやけど(笑)


そして最後にgeno。母方の従兄弟でお互いクソガキの頃から休みの度にお袋の実家で共に時を過ごし、多感期にはパンク塾で英才教育を施し、オレの下手の横付きのベースに影響され様々なバンド、打ち込み、ミクスチャー、NYハードコア、メタリック(笑)等々を迂回し(笑)原点回帰のこのバンド。やっぱり、最後は母体に戻るんよねぇ~。そして、結成6年目にして念願のリリース、それもいぬん堂からやもんね。ホンマ家族のコトの様に嬉しいわ。

あの日見た夢を 心に刻んで

あの時感じた衝動を 忘れずにいる為に

俺はこの場所で 踊り狂うのさ

ブーツが駄目になったって

裸足で踊り続けてやる



ー 月ノ上デ -


特にこの曲は、genoが、季節休暇の度、パンク塾に泊まりがけで通ってた頃、それこそ、ど~っこにも遊びに行かず、タバコの煙で視界ゼロだったオレの部屋で連日連夜、イケナイ音源や映像を伝授しながら一日中引きこもってた頃の思い出が鮮明に蘇って来た。晩メシだけ近くのラーメン屋へいつもの塩バターラーメン食いに行って(笑)帰って来たら再び夜な夜なパンク塾夜の部開校の頃の。

この曲も、全編と変わらず音自体は黒くて太くてマッキー極太なんやけど、歌詞だけ異質で、個人的にちょっぴりおセンチになってしまったりなんかして(笑)


うん、あの時の衝動のまんま、いつまでも裸足で踊り狂い続けていてほしい♪


オレはもうバンドはしたくても出来ない(感情も環境も)ので、衝動の体現はある意味genoに託してまっさ~~

でも、オレもこれからも変わらず踊り狂い続けていくのだ!マインドパンクの鏡として♡誰にも気付かれない様心の奥底で(笑)


又、何とか予定付けて観に行こ~~っと!

イライライライラ...オレを狂わす!


Edit Category 独り言 Tagged  こっちのパンク 
何かイライラするんで、他にせなあかんコトちょいと横に置いてココに向かった次第。

何にイライラするかというと、再び行きたいライブに予定が合わない・・・

仕事だけでなく、自分のワーク上、週末と旗日、ましてや連休なんて、今の状況ではホンマ厳しい・・・まぁタイミング次第ってトコロもあるっちゃあるんやけど(魂の野音なんか正にドンピのタイミングと少しのラッキーの賜物!)、なかなかその日にブチ当たってくれへんのよね~・・・平日の昼下がりに観たいライブがあるワケ無いし(苦笑)


初見以来行けてない従兄弟夫妻のデマンダ、卑龍にいさんのスモークランブラー、一発目行って以来行けてないオキシドーターズ、そしてGOD・・・


GODなんて、一昨日、又もや国立の地球屋にてロックンロールな宴が繰り広げられ、『ストリート・ジャンキー・ブルース』が披露されたというのを同士のブログで目にし・・・アワワワ・・・そして公式ブログ(良次雄のコラムも最高!!)覗いてみたら『Flower』も演ってるではないか・・・アワワワ通り越して久しぶりに素で白目剥いたわ。

今回同様、ギリギリの際の際まで粘りつつも上京叶わずだった前回は『Stocking  You』演ったらしいし、バッドラックとはこういうコトを言うのですかい?


確かに、こんな地方から東京までっていうのは正直厳しい。旅費は働きゃ何とか出来るけど(いや、する!)時間的に・・・

そして、まだ、出番に間に合う?日帰り可能?な名古屋や関西でも出来るコトなら、やっぱ轟音に浸った後のアフターというか余韻に浸って時を過ごしたいモンねぇ♡

そうなりゃ、どこ行くにしろやっぱ一泊・・・全ての週末旗日がアカン訳でも無いので、後は幸運とタイミングとオレの最上級のゴリ押し(笑)のみ!!風よ吹け~~~ぃ!!


はい!あったり前の様に脳内ではこれがリフレインしている、

ちょっぴりセンチな秋の夜長で御座います・・・


SHM-CD 吐き気がするほどロマンチックだったのよ編♪


Edit Category こっちのパンク Tagged  こっちのパンク 
こないだ、ひっさしぶりにタワレコ行って来て、持ってるのをSHM-CDってだけで何枚か衝動買い。いや!イライラ買い(笑)


まずはこれ。


IMG_2458.jpg 

STOP JAP / THE  STALIN


ハイレゾにはこの通りのやっすい耳やったけど、昔から聞き慣れてる音群にはSHM-CDってだけでもわかる!様な気がする(した)。

圧やったり、粒やったり、思いっ切り鮮明な!気がする(した)。

なんちゃってベーシストのオレでもベースの圧は強烈!な気がする(した)。

愛用のヘッドフォン断線したんで、新調した(キバったぞ!2万2千円!)ので聴くと尚更!そんな気がする。

でも、何よりも2万2千円のヘッドフォンやから悪い音のはずが無いっていうメンタルは大事(笑)


しかし、まぁぶっちゃけ、鮮明な音で聴いて唸るべき音類でもないんやけどもね(笑)

んな、強がり言いながらも、『ロマンチスト』の“吐き気がするほど~♪”の後ろで“カッカッカッ・・・”って鳴ってるギターの音から最後の『ワルシャワの幻想』の拡声器~ドラム~ベースの流れの音はカセットテープ世代には強烈でござんした。

オレの中で、スターリンは当時のインディーズ~メジャーの括り関係ナシに聴ける(聴きたくなる)希少なパンクバンド。音は全然違うんやけどね。

自主盤の頃から後発の『~NAKED』含めて勿の論も、これはこれでカッコいい。

あえて比較するなら、スタクラやラフィンetcとは違って。ここら辺のは早い内からメジャーの音聴かん様になってったからね。今は全くやし。その分、初期に遡れば遡るだけ思い入れは深くなるんやけど。

それに比べてメジャーだろうが何だろうが、当時リアルタイムで聴いてて、今もその頃の思いと変わらず聴くかどうかの基準でいえば断然これは聴く。

まぁ、これも類に漏れず、演者側には不満てんこ盛りやったみたいやけど。でもオレは好き。


ありがとう。ひっさしぶりに鼓膜キ~ンってさせてくれて♡
 
08 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

07 09


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS