FC2ブログ

人生さそわれるうちが華

58ビョウ デ デンセンシタ オイチャン ノ アジト

 

知らぬがほっとけ?


Edit Category こっちのパンク
知らんかった。う~ん...知らんかった...


今日、仕事の帰りの道すがら、田舎の商店街にわんさかの人だかり。車も列をなして止まってる。

ロケでもあって芸能人でも来てんの?こんな田舎に?ってぐらいみんながみんなスマホを片手にあっちゃこっちゃ見てる。

老若男女、カップル、子供連れ、帽子を目深に被りリュック下げてキョロキョロしてるオレぐらいの早漏、もとい初老の男。


角を曲がっても次の角を曲がってもすんげ~人と車。

コレってどう見ても...んえ~~~~!?ポケモンGO?なん?


カルチャーショックを引き摺り、帰ってちょっと調べてみたら...

何やら、"イーブイが大量発生する「Pokémon GO コミュニティ・デイ」"が始まったんやとか?

こんな風に、色んなイベントが折々に開催されてるとか?

こんな風に、色々とバージョンアップしてる?とか?

オレはバージョンダウンしてんのに?(笑)


う~ん...すっかりと、とっくの昔にこのブーム終わってると思ってた。


でもさぁ、先輩の家へ不法侵入して来てとっ捕まえて警察沙汰になったってのも聞いたし、オレが知らんトコロでも色んな諍いって未だにいっぱいあるんちゃうの?

オレは未だ直接的な被害は受けてないけども、も~やめへんか?大人!


過去2回、(
その1その2、)全く影響力の無いこの世界の片隅から忠告してきたけど、今回はコレで今一度、ひとつだけちゅ~こくしおこ~♪


ねぇ、ニッポン人!しつこい様ですが。

じゅんちゃんと長作の追悼も兼ねて、こちらのGOにしときませんか?




ザ50回転ズ 『レッツゴー3匹!!』

ナ~イナ~イナ~~~イ


Edit Category 独り言
ちょっと気が向いたのでココに向かってみる。


慌ただしさがありつつも、最近、っていうかここんトコロずっとこれといった刺激が無い。それもここに見向きもしなかった一因ってのが多分にある。

行きたいライブに行けなかったり、聴いてる音源が偏らずを得たり、そういう吐いてもしゃ~ない愚痴を言うてるからやろか。


でも、今までもこういう感覚は腐る程あった気がする。

なので、今までで何周?何十周?何百周?と周り巡って来た、サイクルのひとつの時期なんでしょ?って、それ程気にしてないといえば気にしてない。


刺激求めて行動起こしても、ロクなコト無いのは身に沁みてるお年頃やし。その内、どちらからともなく刺激的なシラセと正対出来る日が来るコトでしょう。



刺激とまではいかずとも、


この人の後ろでこの人が叩く姿を見たり。


IMG_4957.jpg 




コレを観に行ったり。

(まぁ、これは最後のエンドロールに流れるアレを聴きに行っただけやけど 笑)

geo18050904000007-p2.jpg 


と、それなりにアンテナを張ってた。
つもりの中。


今宵、これを楽しみにしてるおいちゃんがいます。

8171aqiQ_uL__SX355_.jpg

"パンクは死んだ?パンクの前にオレが死んじゃうよ!!"

うん!ウマいコト言いなさる!!

Going Okubo Donikashite(19番ホール)


Edit Category こっちのパンク
狂演終了後、バースペースでペチャクチャ♪


あのスペースには、演者だけでなく、オレの知る知らない限らず○○(現.ex.バンド名)の○○って人達が沢山いたんやと思う。

そんな中、genoに紹介されたのが(
シノヤン繋がり聞くの忘れた)、何とタカミにいさん!(ex.SS、ex.コンチ)。コンチ時代のモヒカンを彷彿とさせられるその容姿でありながら、物腰柔らかい話し方。又一人、こんな風に年取りてぇ~なぁ...っと思わされた一人と相成った次第です♡


そしてもうひとつ思ったコト。このライブの前呑みの時、オレの子供より若い"若男"組ゴッドフリークス2人と話をしてる中、この日の演者達やスターリンやRCを初め、昔の日本のロック、パンクのシーンをリアルタイムに体験してきた"老男"組のコトをスゴく羨ましがってた。っていうか、くれてた。

それは、自分にとってもホントしゃ~わせと本心から思えるコトではあるんやけど(オレももっと昔を観たかったっていう思いと共に 笑)、そう言ってくれるのもオレにとっては嬉しいコトであったのね。

そんな伏線もあった中、確かスリップの後やったかな?"若男"組の一人であるY君がそのバースペースで、"今日の自分も今日のライブをリアルタイムに観てるんですよね。嬉しいです!"的なコトバを掛けてくれたのがオレには嬉しかったな。


そう!この日のライブもこの先の将来のふとした時に振り返るコトがあったら思い出して欲しいし、もっと言うなら、自分がオレら"老男"の年になり、今の自分達の様な同じ嗜好の"若男"のヤツらと呑む時がもしあって羨ましく思われたならば、思いっきり自慢してやって欲しい。再結成したゴッド観たぜぇ~~とか、あの頃のスリップや原爆はスゴかったんだぜぇ~~とか(笑)この日のライブだけじゃなく、今、体感してるこのシーンの全てをね。

その為にはずっとこのシーンに浸り続ける覚悟が必要なんやけどね(笑)浮気せずに(笑)頑張れ!Y君、K君!



そして、ぼちぼちと新大久保をgenoと後にし、ぷらぷらと新宿まで歩きながら、是非一回行きたいと思ってた此処へ行って来た♡

IMG_4865.jpg 

思い出横丁『つるかめ』


ここもそりゃね!田舎モンからしたら聖地でしょ!


この日も、ex.○○の○○や現役の○○なども一杯やってた。ここではそんな姿が日常。そして、オレの浸ってた(る)シーンのど真ん中にいた会長も甲斐甲斐しくオーダーを取ってた。まぁそんなコト抜きにしても丸椅子座って、リーズナブル(殆どがワンコイン以下!)で旨いアテと共に呑んでる時間もサイコーでしたのね。頼んだモノ速攻で出て来るし、ホント味も全部旨かったモンなぁ。こんな店地元に欲しい!

ここではgenoとほとんど身内話を肴にたらふくの酒を。○○のおばちゃんの具合どぉ?まぁボチボチみたいよ。っとか(笑)


IMG_4867.jpg


そして帰り際、ここでもgenoから、オレが浸ってきたシーンの中では欠かせない重要人物の一人!である会長のタツシにいさんを紹介してもらった。(genoは何つっても、かのマスベが高円寺で無期懲役のネームで演った時、卑龍にいさんのローディーを勤めてるからね 笑)

タツシにいさんの亡くなられたお母さんが生前静養してた姉妹先が、奇遇にもオレの地元の地元だったっていうのは以前耳にしてたので、そんな話をしつつ、お礼を言って店を後にした。又行きたいなぁ、つるかめ♪


そんなこんなで、アタマからケツまで楽しいあんこたっぷりなお江戸トリップスでしたとさ♡


よし!無事19番ホールまでしゅ~りょ~~~~!!はい、おやすみなして。

Going Okubo Donikashite(アウトスタート)


Edit Category こっちのパンク
残りのハーフ、オロナミンCで気合いを入れつつ、いざ!


2バンドを終え、いよいよゴッド~原爆の流れとなり。


おっと、その前に!

実はゴッドの始まる前に必然の奇跡が!


この場ではもうお馴染みの、母方の従兄弟であり、"みん’s パンク塾一期生"(んで閉校!っとここは毎回押しておく 笑)の
『デマンダ』のgenoと再会♪


IMG_4869.jpg


何とか行けそう!ってコトで思い切って嫁のYUKIと一緒に奈良から車で上京したらしい。思い切ったモン同士の親戚2人がこの場でひっさしぶりに再会するとは...何ともこのイベント!やっぱ恐れ入る!!


んで、いよいよと、

IMG_4884.jpg 

『THE GOD』


同士
が言うてた通り、ステージ狭しとグルーブ&スイング&今回はダンシングプラスで(笑)弾き踊ってたこの日のHagal。

ジョニ山サン吉を経て、ジョニ川ロト男(わかりにくい 笑)ばりのパラシュートシャツに身を纏い、弾き狂ってたこの日のキンちゃん。

今回、オレが観た中でも一番周りに気を配り過ぎず自由に叩いてて、座ってた菩薩がちょっとは安心して立ち上がったかの様に(笑)思えたこの日のキヨっさん。

この人の毎回違う世界観のファッションのセンスってのが、実はゴッドが持つ世界観の多様さ、自由さと相まっているかの様に思えたこの日のノン。

いつもの様に下唇を突き出しながら、常に何か呟きながら弾いてるんじゃないかと思わせる表情とは真逆の音で威嚇し続けていたこの日の良次雄。

そして、今回の良次雄はこんな感じに一番周りと絡んでた様に思う。

IMG_4885.jpg


ひとり、仙人の様に黙々と弾いてた一番最初の稲生座の姿を目の当たりしてるオレは、この跳ね方がもう異次元的に映って、改めて、時の経過を実感した。嬉しい気持ちと共に。


コレが当日のセトリ

IMG_4852.jpg 


まぁ、いつもより演目が少ないのはしゃ~ないとしても、そんな事はオレにはどうでもええの。ついでに言えばバンド体としての出来不出来も。この日に、このメンツの中、昔の曲だけじゃなくこのメンバーになっての新生ゴッドの曲が半分を占めてて、進行形のゴッドを初めて目の当たりにする客をもいるであろうこの空間で轟音鳴り響かせ、ハコ全体が楽しく揺れてただけで。オレにはそれで十分。

そしてこの日のラスト曲、『常識』で前回のハックでの『Band Aids』同様、客も演者も一緒になって楽しく唄いながら一旦終演した。

直ぐさま、アンコールの声が掛かり、『山あり谷あり』が鳴った。そこでもう一度みんなが声を合わせ、正真正銘の終演後、ノンと良次雄が抱擁を交わした!

最前列でそれを目にしてサブイボが出た。と同時に2人の思いを色々と想像してみた。ここまでとこれからの。ポジティブ思考でね(笑)

そう!これがこの日の生モンのゴッド! 何か文句ある~~~っ??って感じ♪



そして最後に

IMG_4856.jpg

『原爆オナニーズ』


ゴッド流れの原爆て!そりゃずっと此処におりたかったけども、タイロウが原爆セーター自慢してるところをパシャリとした後、ウィ~ア~ 原爆!オナニ~~~ズ!!の掛け声と同時にロックンロールピクニックが始まったのですぐさま退散(笑)


はて?原爆のライブは30年ぶりぐらいになるんやろか?

多分、最後は今池のオープンハウスかな?結婚する前と思うんで、22か23の頃やったかと思う。

まぁ、早々にパンク地元残留孤児になって以来、
6年前のオキシドールの再結成までずーーーーっとライブ出不精のプチ引きこもりやったからそりゃそうなるわな(苦笑)


名古屋パンク大好き人間としては原爆はそりゃね。歴史が違う。
あっ、30周年記念BOX
は見送ってしもたけど。私情優先で(笑)



IMG_4861.jpg 


お馴染みの曲は勿論のコト、アンコールのカヴァー3連発はおいちゃんの肝により一層染み渡って気持ち良かったねぇ♡

当時からの名古屋パンクシーンの中で唯一ノンストップで走り続けてるエディ御大の轟音とタイロウ先輩の扇動。うん!パンク イズ アティチュ-ド!

最後に、やっぱり思ったコトをひとつ。

エディ&タイロウ両人と良次雄が例え同じステージに立たずとも、同じ空間にいる瞬間を体感したかったっていうのは前述の通り。それに嘘偽りは微塵も無いんやけど、ファン心理のワガママ根性として、少しの、ほんの少しのそれ以上の望みを持ってたというのも事実は事実。過去にはあったからこそ尚更。その思いにも嘘偽りは無い。

ましてや、残るひとつのポジションである永久メンバーのドラマーが来場していたのを目にしてしまったので、少しの望みがエラい勢いで膨らんでしまい、(例え一曲だけでも)2人がスターリンに引き抜かれる前の頃に時計の針が戻っちゃった?り?なんかして!?っと、そりゃもう鼻の穴開いてエラいコトエラいコト(笑)

でも...な~~んも無かったんやけど(笑)


まぁ、誰もが"その気"じゃなかったから今回は当然そうなったワケで。それにも至極納得。"その気"じゃないのにやる様な人達じゃないってコトも重々解ってるつもり(笑)

でも、いつか(例えほんの一瞬だけでも)そんなピースが嵌まる瞬間が来るんかなぁ...もしも来るんであればやっぱりこの目で見たいなぁ...

こりゃまだまだ、生きてろってコトなんかもね(笑)これからも希望を捨てない人生になりそうです♡ カムサハムニダ!!


無事、ひとホール廻って来れたのでこのまま19番ホールに進みたかったのですが、膝まで痛くなってきたので、後日。いつか!

Going Okubo Donikashite(インスタート)


Edit Category こっちのパンク
しっかり遊んだらしっかり仕事をしましょう!っというコトでひとまずのツケ回収。

先月は大きなイベント(遊びの)がふたつもあり、まずは何を置いてものひとつ目!


IMG_4783.jpg


99%あきらめてたけど、沢山の人の助けを借り、無事ここに行ってこれた♡


リトルコリアな町並みにプチカルチャーショックを受けた新大久保での猛者4バンドの狂演♪

当然、ここからの流れでオレ的にはゴッドがマストっていうのは勿論なんやけども、今回は良次雄が原爆と同じ空間に身を置いているその空間をオレが体感する。という私的価値観の中の欠けてたピースを嵌め込む意味も至極あったワケです。

なので、今回はこのイベントを総じて綴ろうかなと。


スタートは、"ゴッドにドたまカチ割られ続けてる愉快な仲間たち♡"の老若男女7人との前呑みから始まり♪

本チャン前からこういう時間はホント楽しい♪あのままダベり続けていたら間違いなくライブ観ずに終わりそうな雰囲気プンプンで(笑)

最後にゴッドの一曲目当て大会が催され、オレの子供より若いK君が"I space smile"にて的中。うん、この日のメンツを考えたら&新生ゴッドを初めて目の当たりにする客もいるであろうのこの中ではこの曲以外に無かったんじゃないか!そうだよ!その通りだよ!と今綴りながら思ってる(笑)若い素直な感性をとうに忘れてしまってるおいちゃんは見習わなければいけません!

因みに、オレ含む同世代組は別に裏かいて捻らんでもええのに(笑)"ストジャン"やら"スローモーション"やらでオレなんて捻る方向間違えて"台湾経由"で撃沈(笑)どうせ間違えるなら"チェインチェイン"にしといたら良かったぞ(笑)


入場後、バースペースで団欒してたら、

IMG_4800.jpg 

轟音にて『SLIP HEAD BUTT』が始まり、


いやぁ、一言で言うなれば熟練!VID SEXの頃から何も変わってない大岩の声の圧と、それをより攻撃的に押し上げるバンドの圧。オレこの時は左側スピーカーの真ん前で観てたんやけど、2曲目で左耳の鼓膜が壊れた(笑)

初めて目の当たりにするエロチックで妖艶な大岩、アジり方もステージングも流石の流石。例えば、キャリアの薄いバンドが思い付きでこういう詞を乗っけて跳ねてるだけじゃ只の色モン扱いやけど、何周も廻り続けてるこの人のキャリアから来る存在感は圧巻の圧巻


"今日はお世話になった人達と一緒に~"っていうひと言にホンワカさせられつつも、
エロ可愛いのは巷にぎょ~さんおる中、こちとらエロカッコ良かった!


IMG_4796.jpg 


それからもうひとつ、紅一点のベーシスト、YUMIRRINのベースがオレのベースと一緒でテンションが上がったんよね♡
記念に少し登場させてあげよう♪控えめに(笑) P1000643.jpg


今やすっかり部屋のオブジェに成り下がってるマイベース。ははぁ~~~ん、あれだけ上手に弾ければあんな音が鳴るのね(笑)


続いて、

IMG_4806.jpg

『THE TRASH』


トラッシュといえば、昔々『虎祭音頭』(裏ジャケにマサミ、ジャジャ、ヒロト、バキが載ってたやつね)持ってた。

当時のハードコア群雄割拠なあの時代に異質を放ってたと思い浮かぶ音も、こういう純粋でゴキゲンなロックンロールが基にあったからこそ今に通じてるんちゃうんかなぁって素直に思った。

正直、オレは今のトラッシュについては知識不足も、オレよりずっと下の世代のファンが拳振り上げて一緒にコーラスしてる様を見てたら何か嬉しくなったし。当時を知る世代としても、まだまだ生き続け演り続けてて欲しい!

そして、今回の告知で『THE TRASH』を目にして一番に思い出したのが、昔々に読んだ何かの音楽雑誌?ミニコミ?でB.のHIROSHIが"外道とINUはパンクだと思う"的な発言を目にした当時の記憶。それで後にINUは手に入れたけど外道は探しきれなかった記憶。HIROSHI違ったかなぁ?いや人違いならホントゴメンなんやけど(笑)


あかん!ハーフ廻って足パンパンになってきた。

ちょっと休憩♡ビアー呑んで昼メシ食って、残りのハーフに備えるコトとします。

続くはず。雨降らんだら(笑)
 
08 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

07 09


 
 
プロフィール

みん

Author:みん
もう、残りの余生は細胞の欲する音のみを聴いていくのです。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
サブカテゴリ2

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS